ページ

2014/05/31

青森市の新中央埠頭と北防波堤(青森ベイ・プロムナード)

自動車進入路前の看板。ちょっとピンぼけ。
新中央埠頭へ、犬の散歩を兼ねて夕涼みに。
このところ、ここへ来ることが多い
広々とした空間に気が晴れるからか。
陸奥湾上空にかかった雲がカッコいいからか。
週末の夕暮れの公園には大勢の市民が夕涼みに訪れていた。

2014/05/30

地面に落下したソメイヨシノの果実

地面の上のサクラの実。
ソメイヨシノに、実は成らないと思っている方が多い。
でも、実が成ることがある。
近くの公園のソメイヨシノに、去年に続いて、今年も小さな実が成った。
線香花火の赤い玉のような果実。

若草の陰で分解が進む、去年の秋の枯葉

去年の秋の、枯葉の残骸。
去年の秋の枯葉が、だんだん分解の進度を速めているようだ。
もう、春の枯葉の姿は無い。
雪融けの頃は、まだ紅葉の赤みが少し残っていたのだが。
今は、葉の色が、茶色から灰色へと変化している。
まるで、尻屋崎で見かけた寒立馬の糞が、平に伸されたようだ。

なぜ子どもは、ノンアルコールビールを飲んではいけないのか(「危険性」と「恐れ」の関係)

夜の飲食街
年齢確認パネルにタッチ
先日、山鍋会で飲むために、コンビニでノンアルコールビールを買った時のこと。
レジで店員に、年齢確認パネルにタッチするよう求められた。
「えっ、ノンアルコールだよ。」と言うと、「まあ、一応・・・・。」というレジのオネエさんの、しれっとしたお顔。
酒類コーナーに置いてあることだし、そういうものなのかな、とその場は納得したのだったが。

2014/05/29

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

女性のきれいな指。
マレットフィンガーとは、指の第一関節が木槌のように曲がったままになり、自分で伸ばそうとしても伸ばせない状態(症状)のこと。
Mallet Finger (マレットフィンガー)を直訳すると、「木槌指」。
マレットフィンガーの原因は、二通りあるという。

2014/05/27

公園に咲いていたタンポポが綿毛になっていた

鮮やかな色を放つタンポポの花。
右の写真は、5月15日に写したタンポポの花の写真。
朝方、犬の散歩に公園に入ると、芝生にタンポポの花が、鮮やかに浮き上がっていて、驚いた。
この日になって一斉に咲いたような有り様。
前日の夕方、タンポポの花が閉じた頃、この公園に来ていたので、15日の朝に、花が突然咲き揃ったような印象を持ったのだろう。
こういう驚きは、とても新鮮。

2014/05/25

海辺の草地に生えていた、ツメクサに似た葉の、小さな黄色い花

小さな黄色い花。
先週の日曜日に散歩した青森港の新中央埠頭を、また、犬を連れて散歩。
最近発見した面白い場所で、しかも、近場。
何となく気になるスポットだ。
埠頭先端の緑地に行くと、写真のような花を見つけた。
葉がツメクサに似ていて、小さな黄色い花を咲かせている。

例年になく残雪が多い八甲田山の春スキー終盤

山で昼食会
今日は、北八甲田連峰石倉岳の山麓から硫黄岳山頂(標高1360メートル)へ。
弘前のテレクラ(テレマークスキークライミングパーテー)の面々と山での昼食会。
春スキー最終日の、定例雪上豪華ランチ。
総勢12人の山鍋パーテー。
残念ながら、今日の写真は無い。
カメラは持ったが、充電中のバッテリーを忘れた。

2014/05/23

尻屋崎の寒立馬放牧場に咲いていた黄色い花(キジムシロか?)

葉がイチゴの葉に似ている。
野いちごの葉に似ている
ゴールデンウイークの5月3日に下北半島尻屋崎に寒立馬見物に寄ったのだが、その放牧地の草むらで右の写真の黄色い花を見つけた。
咲いていた場所は、日当りの良い丘陵地。
葉が、野イチゴの葉によく似ているなぁと思いながら、写真に撮った。
家に帰ってから調べてみようと思ったが、今日までそのままに。

雪道で転んで頭を打った後、「慢性硬膜下血腫」を発症

青森の雪道はテカテカ。
久しぶりに会った知人が、ついこの間まで入院していたという。
そういえば、いつもより、こころなしか、やつれた感じである。
なんの病気で?と訊いたら、「慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)」という耳慣れない病名だった。
「言葉の響き」からして、重篤な病気というイメージ。

2014/05/21

トヨタハイラックス・ピックアップのタイヤ交換

タイヤ交換の小道具。
今日やっと、ピックアップのスタッドレスタイヤを夏タイヤ(ノーマルタイヤ)と交換した。
八甲田の笠松峠あたりは、5月の連休頃でも雪が積もることがあるので、ゴールデンウイーク過ぎにタイヤ交換を予定していたのだが。
なんやかんやで、手が着けられずに、今日に至っての作業となった。
タイヤ交換の際、いつも悩むのは、ハイラックス・ピックアップのジャッキアップのポイント。

2014/05/19

雪融け水が流れる小沢で、エゾノリュウキンカが咲いていた

小沢に咲いていたエゾノリュウキンカ。
この時期に、こんなところで花が咲いているなんて。
そこだけ季節が、ちょっと早く進んでいるような。
回りは一面雪だが、小さな沢筋に沿って地面が顔を出している。
残雪の山中に嵌め込まれた里の小川のような風景。
逆川岳(さかさがわだけ)の山腹の小沢で、エゾノリュウキンカの花を見つけた。
雪融け水が流れ込む沢の岸で鮮やかに咲いている。

2014/05/18

南八甲田、逆川岳(さかさがわだけ)湿原経由で横岳へ

九重の滝。
稜線はガス
天気予報は、曇りのち晴れ。
これは、午後から晴れ上がるかと思ったが、山はお昼の1時過ぎまで曇り。
午前中はガスにおおわれて、見晴らしのきかない山行だった。
今日のお楽しみは、南八甲田横岳(標高1340メートル)。
九重の滝から、100メートルほど城ヶ倉大橋側へ自動車道路を下ったところに、広く開けた緩い傾斜の沢筋がある。

青森港、青い海公園から新中央埠頭あたりを散策

青い海公園の看板。
湾岸に沿った遊歩道
日曜の午後、愛犬を連れて、「青い海公園」を散歩。
「青い海公園」は青森市の臨海公園。
青森県観光物産館アスパムの裏手に広がる遊歩道スペース。
ぶらぶら歩いたり、ベンチに腰掛けたり。
八甲田丸を眺めたり、ねぶたの家・ワラッセを覗いたり。

2014/05/17

腰痛が改善する散歩の歩き方

歩いて爽快な気分

疲労性慢性腰痛
毎日の犬の散歩は欠かせない日課。
私は、その犬の散歩を利用して腰痛対策を行っている。
ともすれば義務感に陥りがちな犬の散歩を、腰痛防止トレーニングで楽しもうという作戦。
私の腰痛は、体の疲れに伴って起きる「疲労性の慢性腰痛」。
中腰で仕事をする時間が長かったり、椅子に座ってパソコンを使う時間が長かったり。
そんな、悪い姿勢になりがちな習慣が腰痛の原因だと思っている。

2014/05/15

緑が美しいニホンハッカの若葉

ニホンハッカの若葉。
ニホンハッカの香り
 去年の夏に、ニホンハッカの花を見つけた空き地で、ニホンハッカの若葉が出ていた。
茎を折って、臭いを嗅ぐと、ちょっとクセのある強い香り。
まだ青臭い、濃厚な草の香りを感じた。
茎の断面も、特有の四角形。
私が、ニホンハッカの香りを爽やかに感じるのは、その種子を手で揉んだとき。
秋の終わり頃の香りが良いと感じている。

2014/05/13

山菜の「ミズ(ウワバミソウ)」についての記事のまとめ

ミズが好きな女性
野菜のような食感の山菜
だんだん陽気が良くなって、山へ「ミズ採り」に出かける山菜愛好家が増えているらしい。
ミズは山菜ではあるが、クセが無くて美味しく、野菜のような食感を楽しめる。
この地方では、山の沢筋に群生していることが多く、大量に収穫できる山菜である。

2014/05/12

公園の鉄棒は、なぜ錆びないのだろう

公園の鉄棒
犬の散歩で公園を通ったとき、ふと気がついた。
鉄棒(水平棒のこと)って、どうして錆びないんだろう。
鉄で出来ているのに。
これは、どうみても、ステンレスではない。
どちらかと言うと、ステンレスよりは鉄の方が柔軟なので、公園の鉄棒は鉄製品で出来ているはず。

2014/05/11

北八甲田前岳へ(ゆるやかなブナの森の散歩コース)

萱野高原から北八甲田を眺める。左側の三角形の山が前岳。
今日は、膝があまり丈夫でないご婦人との山行。
そこで、ゆるい傾斜の、森のお散歩となった。
目的地は北八甲田の前岳山麓。
スタート地点は、銅像茶屋から自動車道路を東に100メートルほど進んだところ。
広くて明るい沢筋を見つけたので、そこからの出発。

2014/05/10

「何もしない」という方法

自然な生き方
休日の過ごし方が話題になったとき、「別に何もしないよ」という知人がいた。
「でも、何かしているだろう、しているはずだよ。」
という意見に対して、「起きてから、飯食ってウンチする以外は、ただぼーっとしてるだけだなぁ。」
とつぶやいた。

愛らしいハート形の葉(カツラの新緑)

カツラの葉
風にそよぐカツラの若葉。
カツラの新緑
今年も、公園のカツラの葉の新緑がきれいだ。
丸い、ハート形の葉が可愛い。
若々しい緑色の色合いは、光の当たる角度で微妙に違ってくる。
その微妙さが、愛らしい雰囲気を醸し出しているのかも知れない。
雨の少ない新緑の季節だが、カツラの若葉は瑞々しさを保っている。

2014/05/07

「鶯の声遠き日も暮れにけり」与謝蕪村

ウグイス

霧の深い残雪の山を歩いていて、ふと思った。
そういえば、まだウグイスの鳴き声を聞いていない。
スキーに夢中になって、ウグイスの鳴き声を聞き漏らしたのか。
それとも、今年はウグイスの鳴くのが遅いのだろうか。

2014/05/06

酸ヶ湯温泉近辺地獄巡り(酸ヶ湯温泉ー地獄湯の沢ー硫黄コースー仙人岱ー硫黄コースー地獄沼)

スタート地点のダケカンバの森。
地獄という地名と火山との関係
北八甲田山系の酸ヶ湯温泉近辺には、「地獄」という言葉のついた場所がふたつある。
地獄沼と地獄湯の沢。
日本全国にある「地獄」という語のついた場所(地名)の多くは火山と関係している。

2014/05/05

北八甲田大岳・硫黄岳(睡蓮沼ー仙人岱ー大岳ー仙人岱ー硫黄岳ー睡蓮沼)

スタート地点の睡蓮沼から高田大岳を見る。
睡蓮沼から仙人岱へ
黒くて重そうな雲が西側に広がっていたが、北八甲田近辺は晴れ。
気温は、この時期にしてはちょっと高め。
よって、雪質はベチャついて柔らかく、ちょっと重めだった。

とりあえず、睡蓮沼から仙人岱をめざす。

2014/05/04

尾根道で見かけたミヤマカタバミの群落

ミヤマカタバミ。
竜飛崎から小泊に向かう竜泊(たつどまり)ラインをドライブ。
展望所を過ぎて、クルマでちょっと下ると、海側の道路脇に、乗用車2台分ぐらいの駐車スペースがあった。
そこから海の方角に向かって、山道が伸びていたので、犬を連れてちょっと散策。
草むらに、釣り餌のビニール袋が捨てられてある。
きっとこの山道は、釣り人達が海岸に下りる道なのだろう。

津軽半島にある世界最古(?)の土器遺跡「大平山元遺跡(おおだいやまもといせき)」

大山ふるさと資料館看板。
昨日の下北半島巡りに続いて、今日は、津軽半島巡りの日帰り旅行。
お天気は終日晴れ。
津軽半島の陸奥湾沿いの町、外ヶ浜町蟹田から、今別町に向かう途中にある「大山ふるさと資料館」に立ち寄った。
この資料館は、統合のために廃校になった大山小学校の建物を利用して開設されている。

2014/05/03

「春の日帰り下北半島ドライブ」のまとめ

2014年5月3日の、日帰り下北半島ドライブの各記事をまとめたものです。
道順は、青森市発→野辺地町→六ヶ所村(風力発電)→六ヶ所村(郷土館)→東通村(猿ヶ森ヒバ埋没林)→尻屋崎(寒立馬)→尻屋崎(灯台)→大畑町(桜並木)→大間崎→佐井村(海峡ライン)→川内町(ふれあい温泉川内)→むつ市→野辺地町→青森市着。
下北半島ドライブに興味のある方は、下記のリンクよりお進み下さい。
ご旅行の参考になれば幸いです。

下北半島川内町の熱い温泉、ふれあい温泉川内 - 日常の小事下北半島川内町の熱い温泉、ふれあい温泉川内 - 日常の小事

下北半島、桜並木の大畑町から小雨降る大間崎へ - 日常の小事下北半島、桜並木の大畑町から小雨降る大間崎へ - 日常の小事

下北半島、尻屋崎の寒立馬と尻屋崎灯台 - 日常の小事下北半島、尻屋崎の寒立馬と尻屋崎灯台 - 日常の小事

東通村、猿ヶ森ヒバ埋没林 - 日常の小事東通村、猿ヶ森ヒバ埋没林 - 日常の小事

下北半島六ヶ所村の縄文遺跡 - 日常の小事下北半島六ヶ所村の縄文遺跡 - 日常の小事

下北半島、六ヶ所村(ろっかしょむら)の風力発電 - 日常の小事下北半島、六ヶ所村(ろっかしょむら)の風力発電 - 日常の小事

下北半島川内町の熱い温泉、ふれあい温泉川内

雨に曇る仏ヶ浦。
大間崎から雨の海峡ライン(国道338号線)に向かった。
海峡ラインは、佐井村福浦を過ぎると、急カーブ、急坂道の連続になる。
しかも、雨と濃霧で見通しがきかない状況だったので、慎重運転。
途中の景観は得られず。

下北半島、桜並木の大畑町から小雨降る大間崎へ

大畑町の桜並木。
午後は、寒立馬の尻屋崎から、むつ市大畑町・風間浦村を通って大間崎に向かった。
途中、大畑町の通称大畑バイパス(国道279号線)の桜並木が見事。
この桜並木は、むつ市出戸付近から大畑地区湯坂下まで、全長約7.8㎞に渡るもの。

下北半島、尻屋崎の寒立馬と尻屋崎灯台

柵の中の寒立馬たち
猿ヶ森ヒバ埋没林から、東通村の尻屋崎へ移動。
尻屋崎一帯に放牧されている寒立馬(かんだちめ)を見物するためだ。
猿ヶ森から県道248号線、県道172号線を経て、県道6号線にぶつかる。
県道6号線を北上し、尻屋崎の寒立馬放牧場に到着。

東通村、猿ヶ森ヒバ埋没林

駐車場脇の案内看板
六ヶ所村立郷土館から猿ヶ森集落へ。
目的は猿ヶ森砂丘(下北砂丘)の一端にあるヒバ埋没林の見物。
猿ヶ森砂丘については、以前触れたことがある。
知る人ぞ知る、日本一の大砂丘。
その大砂丘の海岸部を道路から望むことは出来ない。
尻労(しっかり)の端から、その一部を遠望することが出来ると聞いたことがあるが、私はまだ見たことが無い。

下北半島六ヶ所村の縄文遺跡

立派な建物の六ヶ所村立郷土館。
六ヶ所村の風力発電見物の次は、六ヶ所村立郷土館に寄ってみた。
郷土館は、大きくて立派な建物で、駐車場も広い。
展示館内への入場は無料。
でも、休日なのに、見学者は私たちだけのガランとした館内だった。
あまりに人気(ひとけ)が無いので、休館かと思ってしまった。

下北半島、六ヶ所村(ろっかしょむら)の風力発電

牧場の中に建っている風車。
下北半島一周ドライブで、六ヶ所村(ろっかしょむら)の風力発電の風車を見物。

巨大な風車が、風を受けてゆっくりと回る様子は頼もしいと言うべきか。

新しいエネルギー資源(再生可能エネルギー)を、風車各自が一体で、それぞれの能力に合わせて確保している勇ましい姿、なのか。

こんな記事も読まれています

過去7日間の人気記事