ページ

2017/01/15

雪の平沢林道に流れ込んでいる謎の「水」

好天の滝沢地区。

好天に恵まれた平沢林道スキー散歩

天気予報が外れて、青森市滝沢地区は青空になった。
10日からの降雪のおかげで、平沢林道の積雪が前回の1月3日よりも増えている。
好天の平沢林道を深雪ラッセル。
30~40センチの重いラッセルが続く。
シーズン初めのラッセルトレーニングである。

尾根の向こうに秀峰734ピークの白い山頂が頭を出している。

林道の溝の「水」はどこから流れているのか

青空の下、雪をかぶった山々が見渡せて、気分が良い。
今日のスキー散歩の目的のひとつは、林道を沢のように流れていた「水」の出所を探ること。
あの「水」はどこから流れているのだろう。
単なる雪融け水だったら、3日よりも低温である今日は、そんなに「水」が流れていないはず。
最近の降雪で、林道の溝も埋まっているはず。

折紙山方面を振り返る。

まだ冬の初めのような雪質

今日は、林道の登り口まで1時間20分かかった。
前回は40分だったので、前回と比べて2倍の時間を要した。
それほど雪が深く重い。
もう1月の半ばだというのに、冬の初めのような雪の状態であると感じた。

平沢対岸の681ピークがきれいに見えた。

後方(折紙山方面)の山並をズームアップ。

林道の「水」の出現

林道をちょっと登ると、下の写真のように、道の上に筋が現れる。
これが林道の上に掘られた溝の筋。
この筋の上をストックで突くと、まったく抵抗なく抜けていく。
中は空洞になっている。
ストックで周囲を突っつくと、簡単に穴が開いた。
穴の底で、「水」が流れている。
その水量は、1月3日のときと変わらないぐらいある。

林道に筋がくっきりと。

ストックで突っつくと簡単に穴が開いた。

雪の下の溝を流れている「水」。

謎の「水」

登って行くにしたがって、溝の露出が広がっている。
雪面が割れて沢状になり、流れている水が目視できる。
もはやこれは、単なる雪融け水ではない。
そう思えてくる。

謎の「水」。
「謎」という漢字は、「言う」と「迷う」でできている。
この「水」を何と言ったらいいのか言葉が迷う。
  1. 降った雪が次々と融けていくほど、今年の冬は暖かいのか。
  2. どこかに湧水が出現したのか。
  3. 大きめの沢の水が堰き止められて、それが林道の轍の溝に流れ出したのか。
  4. 地滑りや土砂崩れの前兆か。
未熟で経験不足なスキー散歩者には、この「水」の正体を言い表せない。
謎の「水」としか言えない。

登るにしたがって溝が姿を現す。

謎の「水」でシールを濡らしてスキー歩行不能に

だんだんと溝の幅が広がり、歩くスペースが狭まっていく。
と、雪の路肩が崩れて、左脚が溝の中へ。
落差は50~60センチぐらい。
スキーシールを濡らしてしまった。
左脚を引き上げようと右足を踏ん張ったら、そこも崩れて両脚とも溝の中。

シールを濡らしてしまったので、もうスキーをスライドさせて歩くことは出来ない。
脚を上げて歩いても、シールに雪が附着して、それが歩く度に厚みを増していく。
スキーの板で雪だるまを作りながら、雪だるまを脚で持ち上げて歩いているようなもの。
とてもしんどい。
スキーシールに付いた雪を削り落としても、2~3歩歩けば、また元の木阿弥。

退散

スコップのブレードでシールの雪を削ぎ落とす。
それを何度か繰り返して、ようやく歩けるようになった。
だが、なんだかんだで時計は午後1時を過ぎている。
そろそろ帰る時刻。

平沢林道から分岐して、山腹に延びている短い林道を偵察して本日は終了。
謎の「水」の正体は解けぬまま。
もし、地滑りや土砂崩れの前兆だったら、スキー散歩どころではない。
そう思いつつ退散したしだい。

冬の山に謎は多い。
「ロマン」などと謎のような言葉をつぶやきつつ、人は謎の魅惑に呼びこまれ。
その謎を解き明かせずに、多くの登山者が命を落とす。

後方を振り返る。

平沢林道から分岐して、山腹へ延びている短い林道。

本日の最高地点。標高300メートルぐらい。

地吹雪の台地を帰る。
■興味のある方は、このブログ内のテレマークスキー記事まとめページへどうぞ

スポンサーリンク