広告

2014年 7月のアーカイブ

つがる市木造「大溜池」を眺めて考えた事

ビオトープ(バイオトープ)が話題になるにつれて、ため池の存在が「生物生息空間(ビオトープ)」として注目を浴びているようだ。 もともと「ため池」とは、農業(灌漑)用水を確保するために水を貯え、取水設備を備えた人工の池のことである。 天然の…

七戸町にある広大なキャンプ場(東八甲田家族旅行村)

十和田市深持の「落人の里」梅集落 を過ぎて、十和田市西部に位置する高森山総合運動公園に向かった。 ここは十和田市の都市公園。 2012年から青森県サッカー協会が、サッカー競技の普及・強化をめざし、「青森県フットボールセンター」として球技場を…

十和田市深持の梅集落「落人の里」

午前中仕事。 午後から、犬の散歩がてら八甲田へ。 青森市内は晴れていたが、八甲田は雨に乱風状態。 突風で折れたブナの細枝が道路に散乱していた。 城ヶ倉大橋を渡って沖上平(おきあげたい)寄りの「八甲田そば処・きこり」で蕎麦を食べて、東に移…

ブログのテーマは、愚直に日々を記録すること

ある人に、 「あんさんのブログのテーマは何?」 と訊かれた。 このとき、これと似たようなことを、かつて誰かから訊かれたことがあったなぁ、という思いが頭をよぎった。 「なんで山に登るの?山に登って、どこが楽しいの?」てな風に。 「山で体を…

八戸市・是川遺跡と風張遺跡の縄文土器を展示している是川縄文館(その2)

是川縄文館では、是川遺跡の出土品だけで無く、風張(かぜはり)遺跡からの遺物も展示している。 国宝である「合掌土偶」は風張1遺跡から発掘されている。 同じようにポーズをとった土偶である「頬杖土偶」も風張1遺跡の出土。 ただし、当ページの写…

八戸市・是川遺跡と風張遺跡の縄文土器を展示している是川縄文館(その1)

六戸町熊野神社見物 の後は、八戸市にある是川(これかわ)遺跡に向かった。 是川遺跡は、八戸市南東部の台地に広がる縄文時代の遺跡。 その時代区分は、前期から中期、晩期と言われている。 八戸市内に流れ込む新田川に沿った地域に、東京ドーム7個分の…

広告