広告

2022年 7月のアーカイブ

4回目の新型コロナワクチンを接種

集団接種で4回目の新型コロナワクチンを接種してきた。 集団接種会場は、3回目と同じ場所だったが、今日は3回目のときほど混んでなかった。

旅を夢見た芭蕉「水寒く寝入りかねたる鷗かな」

芭蕉が貞享三年に作ったとされる発句のなかには、割と私好みのものが多い。 貞享三年は、松尾芭蕉が四十三歳になった年である。

酷寒の世界を描いたジャック・ロンドンの「焚き火(辻井栄滋 訳)」を読んだ感想

辻井栄滋氏の翻訳によるジャック・ロンドンの「焚き火」を読んだ。 この短編小説の原題は、「To Build a Fire」となっている。 「To Build a Fire」の翻訳者のひとりである柴田元幸氏は、邦題を「火を熾(おこ)す」としている…

手製プッシュアップバーで体力づくり

一ヶ月ぐらい前に、上の写真のプッシュアップバーを作った。 見ての通り、雑な手製である。 これを使って、ちょくちょく腕立て伏せをして体力づくりに励んでいる。

ストレス解消効果が薄れて、久しぶりに閃輝暗点(せんきあんてん)が出た

朝起きてすぐにパソコンを起動させ、仕事のメールチェックをしていたら、久しぶりに出た。 不快な閃輝暗点 が

豊島与志雄の短篇小説「乾杯ー近代説話ー」読書メモ

「乾杯」は、豊島与志雄の「近代説話」シリーズ第一作目とされている。 前回の 「沼のほとり」 は第二作目であるとのこと。

広告