2014/05/29

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

女性のきれいな指。
マレットフィンガーとは、指の第一関節が木槌のように曲がったままになり、自分で伸ばそうとしても伸ばせない状態(症状)のこと。
Mallet Finger (マレットフィンガー)を直訳すると、「木槌指」。
マレットフィンガーの原因は、二通りあるという。

マレットフィンガーの原因
(1)突き指によって指の伸筋腱が切れたため。
(2)突き指による指の第1関節内の骨折。
(1)のタイプは、腱性マレットフィンガー。
(2)のタイプは、骨性マレットフィンガー。
私が、2013年1月27日の夕方に、 不注意の突き指によって「発症」したのは、タイプ(1)の腱性マレットフィンガーだった。
最近、「マレットフィンガー」などのキーワードで検索されて、当ブログを訪れるユーザーが増えている。
不意のきっかけで「マレットフィンガー」になってしまう方が多いのかもしれない。

そこで、発症から完治までの経過記事を以下のリンクにまとめてみました。
最新の記事が、一番上。
以下、順々に過去のものへと配置しています。
私の「マレットフィンガー体験」に興味のある方は、リンクを辿って、記事内容をご覧下さい。

なにかの参向になれば幸いです。

スポンサーリンク