ページ

2015/07/30

思いっきりくしゃみをしたら、ギックリ腰になりそうだった

思いっきりくしゃみをしたら、腰の辺にギックリ腰の予感が走った。

私は30代の頃まで6回ぐらいギックリ腰をやった経験がある。
40代に入ってからは、無茶な体の使い方をしなくなったので、ギックリ腰は起こらなくなったが、そのかわり慢性腰痛に悩まされている。

6回もギックリ腰をやると、身体の防衛能力が高まるのか、ギックリ腰が起こる直前に、ある種の予感のようなものが発生する。
「これは、ヤバイ」という感覚。
以前記事にした「負けた感覚」である。
「負けた感覚」が身を守る。
だから、「負けた感覚を身につけよう」。

2015/07/27

青森の夏の花ハマナスは、青森のハイビスカスか

ハマナスの果実。
青森市の市街地でハマナスを見かけた。
ハマナスはバラ科バラ属の落葉低木。
海岸の砂地に自生する植物である。
街で見かけるものはほとんどが植栽で、野生のハマナスとは違った趣がある。
街のハマナスは比較的に背が高い。
津軽地方の西海岸での野生のハマナスは、背が低く、砂地を這うように生育しているものを多く見かける。

2015/07/26

変化に富んだ人気コース北八甲田大岳ハイキング(下山)

本日の行程図。出典:国土地理院ホームページ(http://maps.gsi.go.jp/?vs=c1&z=16#16/40.656558/140.868051)※緑色行程線はブログ管理人の書き込み
「大岳ハイキング登り」の続編。

八甲田大岳の山頂は、強風状態。
おまけに雲におおわれて視界がきかない。
のんびり山頂風景を楽しむこともなく下山する登山者たち。

変化に富んだ人気コース北八甲田大岳ハイキング(登り)

本日の行程図。出典:国土地理院ホームページ(http://maps.gsi.go.jp/?vs=c1&z=16#16/40.656558/140.868051)※緑色行程線はブログ管理人の書き込み
夏山としては久しぶりの北八甲田大岳ハイキング。
お天気は曇りで午後から雨の予報だったが、さいわい雨にはあわなかった。

おもに春の残雪スキーで毎年八甲田大岳(標高1584.5メートル)に来ているのだが、夏山は15年ぶりぐらいになる。
ゆっくり歩いて、変化に富んだコースを楽しみ、懐かしんだ。

今にも雨に変わりそうな曇り空だったが、こんな天気でも人気コースだけあって登山者が多い。
山中ではたくさんの老若男女の登山者とすれ違ったり、登山者に追い越されたり。

2015/07/24

芭蕉の幻「行く春や鳥啼き魚の目は泪」

行く春や鳥啼(な)き魚(うを)の目は泪(なみだ)
松尾芭蕉

「おくのほそ道」には、この句に以下の前文がある。
弥生(やよい)も末の七日、明ぼのの空朧々(ろうろう)として、月は有明(ありあけ)にて光収まれるものから、富士の峰かすかにみえて、上野、谷中の花の梢、又いつかはと心細し。睦(むつ)まじき限りは宵より集ひて、舟に乗りて送る。千住という所にて 舟をあがれば、前途(せんど)三千里の思ひ、胸にふさがりて、幻の巷(ちまた)に離別の泪(なみだ)をそそぐ。
  (出典:伊藤善隆「芭蕉」>おくのほそ道>千住)

この前文にある「幻の巷(ちまた)」とは、何だろう。
「旅の生活」と比べて、芭蕉が定住した「江戸の暮らし」を儚いものと感じ、それを「幻の巷」としているのだろうか。
もう戻っては来れないかもしれないという「離別」の思い。
その思いにとらわれた芭蕉に、江戸の町は遠い昔の夢幻のごとく見えたのだろうか。

雨不足のせいかドウダンツツジの生垣が枯れている

葉が赤っぽいが紅葉ではない。ドウダンツツジの生垣が枯れかかっているのだ。
青森市内は雨不足。
22日付の東奥日報夕刊では、岩木川上流の目屋ダムが雨不足で水位が低下し、岩木川流域水田地帯への農業用水の供給が困難になっているという記事。
まとまった降水が待たれているのだが、なかなか降りそうにない。

雨不足のせいか、青森市堤小学校北側の小公園を囲んでいるドウダンツツジの生垣が赤茶色に枯れ始めている。
ここのドウダンツツジは、秋になると鮮やかに紅葉し、通勤の人々の目を楽しませてくれる。

それがこの状態だと、今年の紅葉は危ぶまれるのではあるまいか。

2015/07/21

芭蕉の意志「痩せながらわりなき菊のつぼみ哉」

「痩せながら」にはふたつのイメージがあるように思う。
  1. ひとつは「痩せたまま」の意で未成熟・未発達というイメージ。
  2. もうひとつは、「痩せてはいるが」という逆接的なイメージ。
(1)のイメージでは「つぼみ」も痩せた弱々しい印象である
(2)では、菊の茎や葉は弱々しくて、とても花を咲かせる道理などないが、それに反してこの「つぼみ」は・・・・と余韻を持たせているように感じられる。

2015/07/20

津軽半島の北端、津軽海峡に面した美しい海岸線をドライブ、鋳釜崎から高野崎へ

鋳釜崎の海岸
竜飛崎(たっぴざき)は津軽半島最北端の地。
津軽半島の西側に位置していて、津軽海峡に突き出た岬である。

その竜飛崎から、津軽海峡に面した道路を東に向かい今別町に入ると、鋳釜崎(いがまさき)と高野崎(たかのさき)がある。
一帯は袰月(ほろづき)海岸と呼ばれ、津軽国定公園に指定されている。
津軽国定公園の海岸部は東津軽郡外ヶ浜町(旧平舘村)から西津軽郡深浦町(旧岩崎村)までの約180キロメートル。
鋳釜崎と高野崎は、美しい海と特異な海岸浸食景観で知られ、夏になるとキャンプや海水浴、磯遊び、釣りなどが楽しめる。

青森市郊外の山の中にある「小牧野遺跡」の環状列石を見物

出典:国土地理院ホームページ(http://maps.gsi.go.jp/?vs=c1&z=16#16/40.745225/140.733576)
小牧野遺跡赤丸表記:ブログ管理人書き込み。
国指定史跡「小牧野遺跡」は青森市野沢字小牧野にある。
遺跡へは県道122号線(酸ヶ湯・高田線)を下湯温泉を目指して進む。
途中、高田中学校前を通り「野沢」に入ったあたりに、「小牧野遺跡」の案内看板がある。
注意しないと見落としそうな頼りない案内看板を辿って、「小牧野」に至り、看板に従って林道(農道)を山へ向かう。

縄文遺跡のまわりに生えていた大柄な植物、オオウバユリの蕾

小牧野遺跡に向かう林道の脇に巨大な植物が生えている。
青森市の小牧野遺跡は、秋田県大湯の「環状列石」同様、舌状台地の上にある。
遺跡のある場所は、標高にして145メートルぐらい。
その台地上の林道脇でオオウバユリを見つけた。
小牧野遺跡一帯にオオウバユリの群生が点在している。

写真で見たことはあるが、実物はこれが初めて。
しかも、雑誌などの写真で見るオオウバユリは10個~20個の花が開花したもの。
蕾状態の姿は初めてお目にかかる。
蕾の形が、お寺でよく見かける擬宝珠(ぎぼうし)に似ている。
信心深い方なら、思わず手を合わせたくなるような雰囲気の立姿である。

2015/07/19

道路端でゼニバアオイの花が咲き、次々と実ができていた

ゼニバアオイの花と果実。
青森市の市街地でゼニバアオイの花が咲いていた。
屋敷の板塀と公道のブロックの間に、隙間があいている。
野草は、そのわずかな地面に根を張っていた。

花の直径が10~12ミリと小さい。
アオイ科の植物は、タチアオイとかフヨウとかムクゲとか、大きな花のものが一般的に知られているが、この小さなゼニバアオイもアオイ科の植物。

2015/07/18

なんとびっくり、これがキイチゴの蕾だったとは、エビガライチゴという山のキイチゴ

エビガライチゴの葉
エビガライチゴ。
先日の山行で見つけた植物の名前がようやくわかった。
この赤紫の毛の生えた物体は果実なのか花なのか、不思議に思っていたのだった。
ひょっとしたら、食虫植物かと思ったり。

ネットでいろいろ調べたら、なんとキイチゴの一種だった。
エビガライチゴという名前のキイチゴ。
葉の裏が白いので、ウラジロイチゴとも呼ばれている。

夜店祭りのビアホールは、大人たちが郷愁に浸る場所だった

「堤夜店祭り」のポスター。
昨日と今日開催されている「堤夜店祭り」を散策。
国道4号線の堤橋西側にずらりと夜店が並ぶということだったが、あいにくの小雨で夜店の数は少なかった。
全部で8店ぐらい。
その8店が、寂しく点在しているという有様。

ポスターのイラストにあるような夏祭り定番の「金魚すくい」は見かけなかった。
見た限りでは、飴屋さんとかヤキソバ屋さんとか。

2015/07/16

家が取り壊された空き地にマルバハッカが群生している

マルバハッカが花盛り
ブロック塀に囲まれた広い空き地は、もとは住宅が建っていた。
現在は家屋がきれいに片づけられて跡形もない。
道路に面した場所は庭だったらしく、モクレンやドウダンツツジの植え込みが残っている。

その一角に、マルバハッカのヤブがある。
近づくと独特の香り。
ニホンハッカよりも爽やかな香りのように感じた。

かつての家主はハーブ好きだったのか。
あるいは夏場の虫よけに植えたのか。

2015/07/15

畑の雑草とされるスベリヒユが食品だったとは

スベリヒユの黄色い花
道端でスベリヒユを見つけた。
懐かしい草である。
私が子どものころは、家の周囲の畑に雑草としてはびこっていた。
畑の草取りは子どもの仕事でもあった。
草取りの相手は、このスベリヒユがほとんど。

土の上を這いながら分岐して茎を伸ばす草なのだが、一端を引っ張ると「イモずる式」に簡単に抜けたような記憶がある。

車道のアスファルトの裂け目に咲いている逞しい花、アライトツメクサ

アライトツメクサ
目立たずにひっそりと。
でも逞しい生き様。

隙あらば潜り込み、生きる。
自動車道路のアスファルトの裂け目に根付いている。
白い花の直径は3ミリぐらい。

ネットで調べてみたら、ツメクサの一種で、アライトツメクサに最も似ている。
アライトツメクサの別名は、アライドツメクサ、あるいはトヨハラツメクサ。
どちらも最初に発見された地名を表している。

コムラサキシキブ(コムラサキ)の可憐な淡紫色の花が開いた

コムラサキシキブの花が咲いた。
去年の秋に紫の丸い実を見ることができたコムラサキシキブ(コムラサキ)。
今年の夏は、かわいい花を見ることができた。

タニウツギと違って、こちらは花よりも果実の方が有名である。
小さな花は目立たず、あまり人目をひかない。
一般に、実に魅力のある樹木のようである。

2015/07/14

タニタの体組成計で計ってみたら、63歳なのに体内年齢が48歳と出た

タニタの体組成計。
青森市内のホームセンターでタニタの体組成計を買った。
商品名は体組成計BC-756(ホワイト)。

体組成計(たいそせいけい)とは、体重や体脂肪、筋肉量、骨量など人間の体の組成を計るための計測器。
私が買ったのは、家庭用の低価格なものなので、骨量とか体水分率とかの計測機能は備わっていない。

タニタオンラインショップでは税込価格6,160円で販売しているが、ホームセンターでは税込5,000円ちょっとで買えた。

2015/07/13

咲き初めのアジサイの写真が9枚

青系アジサイ。
公園のアジサイが咲き始めた。
雨が少ないせいか、全体に元気がない。

青森県は梅雨に入ったものの雨降りの日が少ない。
畑では葉物野菜が不良で、品薄ぎみ。
時折行商にくる農家の軽トラックには、このごろ葉物野菜が積まれていない。
トマトとかキュウリがほとんど。

2015/07/12

タニウツギの果実

タニウツギの果実。
平沢林道沿いの林の縁で、タニウツギが実を結んでいた。
まるでカツラの木の果実を思わせる。

最初、これは何の木の実かわからなかった。
「なに、これ~、めずらしいものもあるもんだねぇ?」てな感じ。
写真を撮ってネットで調べたら、なんとおなじみのタニウツギだった。

花弁がサクラソウに似ている、林道に咲いたオカトラノオ

オカトラノオの白い。花
滝沢山地の平沢沿いの林道から、右岸の尾根に向かって延びている林道がある。
その林道を登り始めたら、オカトラノオの白い花が咲いていた。
花穂の下のほうから順々に花を咲かせている。

サクラソウ科に属するだけあって、総状花序の一個一個の花はサクラソウに似ている。
花が深く5裂している様子もサクラソウそっくり。

滝沢山地、謎の林道を散策

本日の行程図。出典:国土地理院ホームページ(http://maps.gsi.go.jp/?vs=c1&z=16#16/40.806801/140.939634)※赤色行程線はブログ管理人の書き込み
今日も滝沢山地へ。
炎天下の平沢林道を北上。
かなり暑い。

以前から気になっていた林道(廃道)を歩いてみることにした。
その林道から尾根上に出てみようという試み。

林道は平沢右岸の尾根に向かって延びている。
うまくいくと三角点のある681.3ピークへたどり着けるかもしれない。

これはすごい、平沢コンクリート護岸の傍らにオオイタドリのジャングル

オオイタドリのジャングルに潜り込む。
 滝沢山地の平沢は、野内川合流地点の100メートルほど上流から約800メートルほど上流に向かってコンクリート護岸されている。
川底もコンクリートで固められている。
いわゆる三面護岸というやつ。

そのコンクリートの川岸に沿って歩いていたら、巨大なオオイタドリの群生に出会った。
草の背の高さは、目測で3メートルちょっと。
こんなに大きなオオイタドリは見たことがない。

オオイタドリのジャングルの中へ潜ってみた。
茎が太くて固い。
直径4センチから5センチぐらいのものもある。
茎の色はまだ緑だが、木質化しているような固さ。

2015/07/08

芭蕉の慟哭「塚も動け我泣声は秋の風」

塚も動け我泣声(わがなくこゑ)は秋の風
松尾芭蕉

唐突だが、「秋の風」とは台風のことかな、と思ったりしている。

早世した弟子の墓の前で、芭蕉が慟哭する。
その泣き声は、秋の強い風音にかき消されてしまう。

台風のような強風が、ビュービュー吹いて、木々の幹を揺らしている。
墓地を囲む太くて大きな木が、ギシギシ音を立てる。

2015/07/05

里山ハイキング(ホタル湖と馬場山アカマツ巨樹と高森山)

本日の行程図。出典:国土地理院ホームページ(http://maps.gsi.go.jp/?vs=c1&z=16#17/40.892851/140.877621)※行程線はブログ管理人の書き込み 紺色線:往路 赤色線:帰路 
以前から、浅虫ダム近くの「馬場山アカマツ巨樹」を見たいと思っていた。
それが本日のハイキングで実現。
そのついでに、久しぶりに高森山(標高:386.3m)へ登った。
登り口は、浅虫ダムのダム湖であるホタル湖沿いの駐車場から。

ちなみに、ホタル湖の奥(上流側)には「蛍谷」と呼ばれているエリアがある。
ここでは、夏になると「ゲンジボタル」「ヘイケボタル」「ヒメボタル」の3種類が同時に鑑賞できるという。
ホタル湖という名前は、蛍が今でも多く発生している場所柄から、そう名付けられたようだ。
蛍ファンには憧れの地なのである。

さて、「馬場山アカマツ巨樹」の遊歩道入口付近は、看板とか案内板とか木彫りのオブジェとかで賑やかである。

2015/07/03

芭蕉の安堵と不安「あかあかと日は難面くも秋の風」

日はあかあかと

「難面くも」は「つれなくも」と読む。

「つれなし」の言葉の意味は、以下の通り。
  1. 素知らぬふうだ。平然としている。
  2. 冷淡だ。薄情だ。
  3. ままならない。思うにまかせない。
  4. 何事もない。変わらない。
「つれなし」は、上記の項目にある意味の形容詞。
芭蕉のこの句では、その全ての意味が使われていると私は思っている。

「つれなく」は「つれなし」の連用形。
「も」は「・・・・けれども」の意の接続助詞。

2015/07/02

背中の乾燥肌改善のために馬油(ばーゆ・まーゆ)を使ってみることにした

馬湯の外箱。
湿布摩擦の効能か、背中の乾燥肌が小康を保っている。
が、なかなかこれ以上は良くならない。
そこで、馬油(ばーゆ・まーゆ)を使ってみることにした。

馬油は人間の皮脂とよく似た性質を持ち、浸透性、保湿・保温の効果が確認できるため、これを利用することで皮膚の健康が維持できると言われている。
馬油は昔から、やけどなどの皮膚治療の民間薬として使われてきたという。

2015/07/01

小さな花の小さな結実(ミミナグサ)

ミミナグサの果実。
青森市中央市民センターの小公園で、ミミナグサの花が終わって実を結んでいた。
成長した果実はガクの2倍ちょっとの長さになっている。
その長さは、だいたい9ミリぐらい。

こんな記事も読まれています

過去7日間の人気記事