2013/05/15

「力言葉」の素材

「力を入れる」という言葉がある。

意味は、熱心に努力をするとか、一生懸命物事にとりかかるということ。

支援するとか肩入れするとかの意味もあるらしい。

「力が入っているね」という意味で、「リキが入ってるねぇ」という言い方が流行ったこともあったが、この頃はあまり聞かない。

「力む(りきむ)」という、名詞の「力」が動詞化した言葉を、もとの名詞に押し戻して「リキ」と読ませる。

「リキが入ってるねぇ」は音読みの新鮮な違和感がもたらす独特な効果を演出するための言い方なのだと思われる。

「力」という言葉の、その「使われ方」が豊富なのは、それだけ「力」という言葉が魅力的だからに違いない。


この世の中の、多くの問題は、「力」で解決できるものがずいぶんある。

「力」を得れば「富裕」になれる事が多い。

「力」は自身の存在を意義多いものにし、人生を豊かにする。

だが、肉体的な筋力であれ、金銭的な財力であれ、頭脳的な知力であれ、それらを所有できる人間は限られている。

「努力」だけではカバーできない、いろいろな条件がつきまとうからだ。

それでも、多くの人間は「力」に対して強いあこがれを持っている。

「力」を得ようとする努力と、「力」に対する追従が同時に行われるのだ。

私たちにとって魅力的なのは、時代の先端を行く新鮮な「力言葉」の存在だ。

「行動力」とか「記憶力」とか「指導力」とか「企画力」とか、そういう昔からの、古びたものでは無い「力言葉」が求められている。

「編集力」や「言葉力」、「情報力」といった新鮮な響きを持っている「力言葉」に多くの人々が魅力を感じている、と思う。

それら、いままで存在しなかった「力言葉」の出現が、いままで存在しなかった自身の能力の出現と重なるからだろう。

そんな「予感」と「錯誤」は表裏一体。

しかし、そのどちらも、「力」の仕業だと言えなくもない。


「力言葉」は「能力」の変身である。

あるいは、「力言葉」によって自身が変身する。

「錯覚力」とか「見聞力」とか「日常力」とか「怠慢力」とか「疑問力」とか「平凡力」とかのように、幸いな事に「力」は様々な言葉に馴染みやすいので、私たちは様々な能力を手に入れることができそうである。

「能力」の未知の領域は豊富であるから、「力言葉」の素材は豊富にある。




スポンサーリンク