2013/07/16

休日は、ブログのアクセス数が少ない

パソコン
ネットにつないだパソコン。
アクセスの減少
日曜日や土曜日、祭日にサイトやブログのアクセス数が減少することは、多くの人達によって指摘されている。
その理由は、休日は会社にいないから。
家にもいないことが多いから。
よって、休日はパソコンから離れているので、サイトやブログへのアクセスが少なくなる、というのが大方の予想・意見。

サイトのテーマによる違い
これは、サイトのジャンルとかテーマによって、多少の違いは出てくるらしい。
リアルタイムな話題とか、優れて有益性の高い情報サイトとかは、休日でもアクセス減少の度合いは少ないという。
休日だからといって、全ての人達が一日中外出しているわけでは無いから。
もっともサイトへのアクセスが減少する休日は、正月。
この傾向は、拙ブログにもはっきりと現れている。

検索の目的
多くの人達が、インターネットで検索する目的は「調べる」こと。
Yahoo! JAPANが2011年に行った「第27回 インターネット利用者アンケート結果」によると。
「あなたがウェブサイトを利用する主な目的は何ですか(複数回答可)」という設問に対して。
(1)個人的な興味、娯楽の情報収集のため。
(2)商品を購入、検索するため。
(3)仕事や研究、勉強の情報収集のため。
( http://docs.yahoo.co.jp/info/research/wua/201112/page13.htmlより抜粋 )
とある。

休日では、(1)の興味の対象や娯楽を「実現中」であることが多いので、ネットへのアクセスは減る。
休日では(3)は休みのため、ネットへのアクセスが減る。
(2)の目的の人達が、かろうじてネットにアクセスしている、という状況かも知れない。
しかし、(2)の人達も外出していれば、パソコンから離れている。
モバイル端末でアクセスという手もあるが、数の上では、まだまだパソコンの方が勝っているようだ。
しかし、モバイル端末でのアクセスが増大傾向にあるのも確かな事。

娯楽的なサイト
休日にアクセス数を多く得るためには、休日とは何かを考える必要がある。
休日とは、仕事や学業から解放された、心の安楽日。
とすれば、休日の前日には、行楽地の穴場案内とか食べ物の美味しいお店案内とかのサイトにアクセスが集まるのもうなずける。
サイトそのものに娯楽的な要素が強いと、休日にアクセスが集まるのかもしれない。
娯楽的な要素の強いサイトとして、アダルトサイトが上げられる。
もちろん、この種のサイトも、そのグループ(休日にアクセスが集まる娯楽サイト)からは漏れないようである。

スポンサーリンク