投稿

5月, 2015の投稿を表示しています

心地よい森の中の登山道、野辺地・烏帽子岳(えぼしだけ)ハイキング

イメージ
青森市内は午前中雨。
天気予報では、上北方面が晴れマークだったので、野辺地町の烏帽子岳(719.6m)へ向かう。

野辺地町の烏帽子岳と書いたが、当山は東津軽郡平内町と上北郡野辺地町・東北町の町境上にある。

途上、天気は、平内町の小湊あたりから、しだいに晴れ。

国道4号線で野辺地町に入り、「青い森鉄道」の線路を越えて、最初の信号交差点を右折する。
この交差点には「八戸学園野辺地西高等学校」という青い看板が立っている。

野辺地町運動公園を過ぎ、八戸学園野辺地西高等学校への分岐を過ぎて、道なりに直進する。
やがて道は、枇杷野川沿いの未舗装の林道へと変わる。

枇杷野川沿いの林道をしばらく走ると、父様恋しの「夜泣き石」がある。
それを越えたら、すぐに烏帽子岳野営場へ向かう林道と烏帽子岳山頂に向かう自動車道との分岐に出る。

その分岐の空き地に自動車を止めて、山歩きの準備をし、そこから徒歩で烏帽子岳野営場へ向かった。










野営場を過ぎると、「烏帽子岳自然観察教育林」という看板(上の写真)が立っている。
看板には以下のような「文章」が記載されてある。

この林の中には、烏帽子岳山頂に至る植生が低地からヒバ林、ヒバ広葉樹混交林、ブナ・ダケカンバ類等の広葉樹林の順に木の移り変わりが良くわかる状態で配置されている。
 また、下層植物も豊富で、樹高が低いにもかかわらず、頂上付近にはコケモモ、イワヒゲなどの亜高山性植物が数多く生育し、学術上の価値も高く、自然観察、自然研究に最適な場所となっている。

看板文中「樹高」の下線はブログ管理人が記入。
実に堂々とした立派な看板。
でも、この「樹高」は、前後の文脈から考えると、「標高」の誤りではあるまいか?




木道を渡り、小沢を越え、緩やかな傾斜の道を登る。 見え始めは細かったヒバの木が、登るにしたがってだんだん太くなる。 森の中にヒバの木の割合が多くなり、登山道はヒバの原生林の中を通る。
遠くの景色の展望は得られないが、森の中は開けていて見晴らしが良く、気分がいい。 登山道も整備されていて快適。 森の中の小径(こみち)自体が風景になっているので、歩いていて飽きない。

登るほどに山の斜面は急傾斜になるが、登山道は適度に「つづら折れ」になっているので歩きやすい。
ただ、林床は藪もなく開けていて、どこでも歩ける状態なので、その分、道を失いやすいかもしれない。
山は急だが…

春から夏にかけて咲く小さな水色の花、ノハラムラサキ

イメージ
駐車場脇の物置の陰で、ノハラムラサキが咲いていた。
ヨーロッパ原産で、ムラサキ科ワスレナグサ属の山野草。
有名なワスレナグサに似ていると言われているが、花の大きさが2~4ミリで、ワスレナグサよりも小さい。

他に、ワスレナグサとの違いは、がく片の毛。
ノハラムラサキは、がく片の下部付近の毛がカギ状に曲がっている。 ワスレナグサのがく片の毛は、カギ状になっていない。




実は、ノハラムラサキという名前を、今日はじめて知ったのだった。 この小さな花は、事務所の空き地にもいっぱい咲いている。

以前から、なんと言う花だろうと気になっていた。
同じ花を家の物置の陰で見つけたので、じっくりと調べてみた。
その結果、いちばん近いのがノハラムラサキだった。




花が小さすぎて、肉眼では、いくら注視しても判然としない。
白い花びらだと思っていたが、可愛い水色の花だった。
咲いてしまえば水色だが、蕾のうちは、先がピンク色。 デジタル一眼レフでマクロ撮影して、初めてこの花の様子がわかったしだい。

花の名前を知ると、その花に、けっこう出会うようになる。
なんと、ノハラムラサキって、ご近所さんだったのだね。

まるで、「言葉」が「物」の存在を現出させてでもいるような。
実際、ノハラムラサキは、道端や空き地で群れを成して咲いている花なのだ。

名前(言葉)を知ることは、その存在を理解する第一歩。
なんて、山野草の名前を知るたびに、いまさらのように思ってしまう。


公園で見かけたハクセキレイ

イメージ
公園の芝生の上を、尾を上下に振りながら歩いている小鳥がいた。
コンパクトデジカメでズーム撮影。
一眼レフを持っていたら、もっと面白い写真が撮れたのだが。
コンパクトデジカメのズームでは、これが精一杯。

ソメイヨシノの木に、果実が実った

イメージ
近所の公園のソメイヨシノが実を結んだ。
小さな小さなサクランボ。 姿は可愛いけれど、人間の食用には、酸っぱすぎて向かない。
 と、口にした人が話していた。

こんな可愛い実をかじるとは、なんて残酷なと、桜のお姫様は思ったかも知れない。
可愛い小鳥がついばむ程には、良いのだけれど。




世の中にソメイヨシノの果実は存在しないと言われている。 なのに、写真にあるように、公園のソメイヨシノは実をつけている。 それは、なぜか?
いろいろ調べてみた。 ソメイヨシノは挿し木で数を増やしているクローン樹木である。世界中にあるソメイヨシノは、全て一本のソメイヨシノから作られていることになる。このようなソメイヨシノには「自家不和合性」という性質があって、同じ樹木の中では受精せず結実しない。ソメイヨシノが受粉し受精し結実するとしたら、それは他種のサクラからの交配によるしかない。よってそれは、ソメイヨシノの枝に付いた果実であっても、ソメイヨシノの果実では無い。この果実が発芽して幼木が育っても、そのサクラはソメイヨシノという種では無いから。 という事らしい。




ソメイヨシノの近くにシダレザクラ(品種名不明)の木がある。 このシダレザクラは、ソメイヨシノよりもちょっと遅れて開花する。 ソメイヨシノがほとんど散りかけた頃、シダレザクラが開花するというようなタイミング。

そのタイミングで同時期咲いていたサクラの花が受粉し合い、受精した。
こうして、自然に交配したソメイヨシノとシダレザクラが、お互いに結実したというのが、素人探偵である私の推理。




ともあれ、今年も、公園のソメイヨシノが可愛い実をみのらせた。
実はたわわにとは、とても言えない。 葉陰にひっそりと、慎ましく結実した可愛いサクランボ。



巨大な草、オオイタドリの繁茂

イメージ
近所の空き地で、今年もオオイタドリが繁茂している。
刈られることもなく、自由気ままに生育しているご様子。

オオイタドリは、タデ科の多年草で、背丈は3メートルから4メートル近くまで伸びる大型の草本植物。
近縁種にやや小型なイタドリがあるが、青森県内の日本海側ではオオイタドリを多く見かけるように思う。
姿が大きくてよく目立つので、そう思うのかも知れないが。

花期はこれから。
花が咲く頃(7月ごろ)は、上の写真よりも一回り大きく育っている。




子どもの頃、オオイタドリの藪の中に「隠れ家」を作って遊んだ。
今でも、オオイタドリの群生を見かけると、その中を覗き込むのは、「隠れ家」作りの思い出のせいかも知れない。

オオイタドリは漢字で、「大痛取」と書く。
その由来は、昔から薬草として、痛みを取る治療に用いられたからだそうだ。
ネットで「オオイタドリ 薬草」というキーワードで検索すると、その効能を述べた様々なサイトが並ぶ。
興味のある方は、お調べください。

また、オオイタドリはイタドリ同様、山菜としても重宝にされているという。
と言っても、青森でのことではない。
私の周辺では、オオイタドリを山菜として食べるという話はまったく聞かない。

高知県では山菜としてイタドリの若い茎が大いに活用されている。
山形県や秋田県などでも、オオイタドリは春の山菜として、様々な方法で調理されているらしい。
新潟県糸魚川市の山間地である小滝地区では、山菜としてのオオイタドリの活用で地域振興を図っているという。




なかなか役に立っているじゃないか、オオイタドリ。
青森市周辺では、オオイタドリやイタドリのことをサシトリと呼んでいる。

野草に興味の無い人にオオイタドリと言うと、「オオイタドリ(大分鶏)」って大分県産の地鶏(じどり)のことかね?と問われたりする。
それって、美味しいの、とか。

なんて冗談は置いといて。 サシトリは、黒石市周辺では、食用にされているという噂。 青森市以外では、わりと食べられている食材なのかも知れない。
などと思いながら、オオイタドリの群落を眺めていたら、なんとなく美味しそうな食材に見えてきた。 巨大な草、オオイタドリの繁茂が、将来の食糧難の助けになる時が来ないとは限らない。




「シェー」のポーズの銅像「天宇受賣命(アメノウズメノミコト)之像」

イメージ
青森市の平和公園内に、チューリップの花壇がある。
その場所は、公園の中央部よりやや西寄り。 上の写真のように、今はもう咲き終わったチューリップ花壇の真ん中には、「シェー」のポーズをした銅像が立っている。
「シェー」のポーズとは、今は亡き赤塚不二夫氏の漫画「おそ松くん」に登場するイヤミという人物のポーズ。 彼がびっくりしたときに、「シェー」と奇声を上げながら、手足を上げて曲げる有名なポーズだ。
この銅像は、「天宇受賣命(アメノウズメノミコト)之像」と名付けられている。 銅像の作者は古藤正雄氏、原画は棟方志功氏の作だという。

人は、なぜ悪態をつくのか(居酒屋編)

イメージ
居酒屋で、二人連れの女性のひとりが、相方の女性にまくし立てている。
かなりヒートアップしているご様子。

「わたし、この間ねぇ、70過ぎのジジイにババア呼ばわりされたのよ、失礼しちゃうわ!」
「ひっどーい!」
連れの女性が、しきりに相槌を打つ。

「わたしは、まだ29よ、29の若さで、なんで、70過ぎのジジイにババアって言われなくっちゃいけないわけぇー!」

消えていく残雪を求めて南八甲田逆川岳へハイキング

イメージ
今日の青森市内は最高気温が28.4度まで上がった。
この地方の、5月の気温にしては、かなり暑い。

朝8時頃で、もう23度あった。
そこで、八甲田山の残雪地帯に涼みに行くことに。

城ヶ倉温泉近くの国道103号線から南八甲田連峰横岳方面を眺めると、横岳の上の方、七沢右岸あたり(上の写真)の残雪量が目立って多い。

逆川岳稜線から横岳山頂付近まで、雪がつながっているようにも見える。
4月にスキーハイキングした逆川岳・横岳周遊パノラマコースの稜線だ。




七沢橋手前の空き地にクルマを止めて、山に入った。
目指すのは逆川岳稜線上の雪原。 北八甲田連峰と南八甲田連峰が見渡せて、風の通りが良くて涼しい場所。 そこを雪上散歩できれば幸いだ。

逆川岳に公式の登山道は無い。 あるのは、昔の伐採道の跡と、山菜採りの踏み跡。 そのいく筋もある獣道のような山菜採りの踏み跡のうち、稜線まで延びている道を選んで歩く。
逆川岳は、6月に入ると、ネマガリタケのタケノコ採り達で賑わう山。 今日見た限りでは、まだタケノコが顔を出していない模様。 タケノコ採りの姿も無い。
おかげで、静かな山歩きが楽しめた。




雪融けが終わったばかりで、笹がまだ立っておらず、道を覆うように横たわっている状態なので道が判りにくい。
倒木が道を塞いでいたり。
高度を増すにつれて、道を残雪が覆っていたり。

この時期の逆川岳ハイキングは、慎重な道選びが必要である。

道が、沢沿いの急な登りへと変わる。
標高900メートル辺りで、道は完全に残雪の下に隠れた。
コンパスを頼りに、途切れ途切れの残雪を、短い笹藪漕ぎを繰り返しながら進む。

残雪の上を歩くのは楽しい。




標高1000メートル付近で、連れの女性がこれ以上登れなくなった。 稜線の雪原までは、もうちょいの位置だが、下山時の体力も確保しなければならない。
最終地点の残雪の上で、ゆっくりランチタイム。 一時間後下山。
登りに3時間半、下りに2時間を要した山行となった。 お天気は、晴れっぱなし。 ブナの新緑が目に優しい、気持ちの良い山歩きであった。
夏道を歩いて残雪に出会う。 残雪で覆われた山から、無雪期の山へ移り変わる期間のハイキングも、独特の趣きがあって楽しい。
何を求めて山を歩くのか。
消えていく残雪を求めて山へ。

消えていくものを求めて山を歩くなんて、暗示的ではないか。

老人になって、消えていく…

餌をついばむスズメの写真

イメージ
公園を散歩中、餌をついばんでいるスズメを見かけたので写真に撮った。
何枚か写したのだが、かろうじてアップできたのが、上の写真だけ。
餌を食べるという仕事をしているスズメの写真は難しい。 木の枝にとまって、じっと考え事をしている姿だったら、良い写真が撮れたことだろう。
ちょっと小首を傾げているスズメの写真はよく見かける。
ところで、このスズメは何を食べているのだろう。
木の実か?
草の種か?
地面を這う虫か?
私の育った津軽地方の田園地帯では、秋になると、スズメは稲穂を突っついて米を食べる。 だから、その時期になると田んぼに「スズメよけ」の対策が施される。
いちばん目にしたものは、スズメよけのキラキラテープ。 鳥追いテープとも、防鳥テープとも言うらしい。 表が赤で、裏が銀色のテープ。 テープ幅は10ミリ程度だったような。
田んぼの両端に立てた棒柱に、ねじったテープの端を結わえる。 つまり、田んぼの端から端へ、テープの渡しを架けるわけである。
このねじれたテープが風を受けて翻ってキラキラ光る。 これが一枚の田に何列か施される。
スズメやカラスはキラキラ動くものを恐れるらしいから、田んぼに寄り付かなくなるという仕掛け。
子どもの頃、このキラキラテープをよく見かけたから、一定の効果があったと思われる。
さて、スズメは米も食べるが、稲につく害虫も食べる。
特に5、6月の繁殖期には、蛾の幼虫やイナゴなどを大量に捕食するという。 食べるという仕事をしながら、農作物の害虫を駆除してくれるのだ。
でも、このキラキラテープは、スズメは田んぼに来てほしくないという農家の判断の結果。 害虫には農薬があるのだから。
などと、餌をついばむスズメを眺めていたら、子ども時代の田園風景を思い出してしまった。 人は、どんどん年老いていくのに、スズメは、思い出のなかに固定されて、その姿は変わらない。

青空に立ち上がるトチノキの花に導かれて縄文をイメージした

イメージ
公園のトチノキの花が咲いた。
青森市の平和公園では、早春のサンシュユに始まって、夏頃までに、いろいろな木々の花が咲く。
今は、トチノキが花盛り。
穂状に立ち上がった花が、陽を浴びている。 青空に向かって立ち上がる様は、小学生の挙手を連想させる。 ハイ、ハイという、賑やかな声が聞こえそうな、花の咲き姿。

南八甲田残雪スキー散歩

イメージ
去年の残雪ギリギリ南八甲田は6月1日だった。
今年は積雪が少なく、雪融けも早い。

今日あたりが、残雪ギリギリの限界ではなかろうか。
そう思いながら、曇天濃ガスの八甲田に来てみた。

家を出るのが、ちょっと遅かった。
そのため、山へ入ったのがお昼の11時近くになった。

笠松峠から赤水沢沿いにスキーで進もうという計画。
山へ入ってみれば、アオモリトドマツの森の中は残雪不足。
根開き穴(根回り穴)が広がり過ぎて、歩くのが容易でない。

それでも、ルート(赤水沢沿い)を確かめたかった。
2~3ヶ所ネマガリタケの藪漕ぎをしながら、赤水沢源頭を目指す。
が、やっぱり雪不足で赤水沢には近づけず。




残雪を辿って歩いていたら、しだいしだいに、睡蓮沼からのルートに合流した。

尾根筋は、「根開き穴(根回り穴)」が広がりすぎて歩ける雪面が狭まっている。 樹木が密生していればしているほど、各樹木の根回り穴同士が合体して、地肌が露になっている。
したがって、立ち木の少ない、平ったい沢筋か、湿原の上あたりが、いちばん多く雪が残っているということになる。

しかも、そういう場所の西側に尾根があったら残雪は豊富。
尾根の影になっている地帯は雪消えが遅い。
この時期、西日も雪融け促進の原因になっているのかも知れない。
また、細くて深い沢筋(V字状沢)は、雪融け水の流れ込む量が多いので、雪が融けるのが早い。
猿倉岳とニセ駒をつなぐ稜線の北側、緩い傾斜の台地の「山名」は何と言うのか。 その台地まで、平ったい沢筋が一本通っていれば、楽にたどり着けるのだが、そんな便利な通路は無い。
結局、睡蓮沼南側の湿原地帯から延びている右手の尾根下の残雪地帯を歩いて台地を目指すのが、この時期の得策かなと思ったり。
そんなこんな、いろいろなことを考えながら歩くのは楽しい。
だからこうして、人が訪れない時期の残雪の山を歩いているのだと「自己納得(自己満足)」したり。





1時間ぐらい歩いていたら、辺りは次第に暗くなってきた。
西から黒い雲が流れ込んで、濃いガスが立ち込め。
霧雨もようになったので、今日のスキー散歩はここまでとキリをつけた。

景色を楽しみながら、のんびり引き返す。
赤水沢沿いのルート探索は、来シーズンの課題。

楽しみが楽しみを生むから、スキーでの山歩きは楽しい。

あまり合理的では無く、効率も良くない。
あちらへふらり、こちら…

スポンサードリンク