投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

きのこ偵察ハイキングで山へ入ったら大量のヤマブドウを見つけた

イメージ
森のなかへキノコ偵察ハイキング。
もうそろそろかと山へ偵察に出かけたキノコハンターが、この日はかなりいらっしゃったという。
今年はキノコの出が早いのでは、という憶測に動かされて。
それは根も葉もないこと。

まだ早いのです。
時期になると大量に発生するツキヨダケ(毒)もまだ出ていなかった。

萱野高原で黒く結実していたウツボグサの写真

イメージ
日曜日(23日)に訪れた青森市郊外の、萱野高原で見かけたウツボグサの写真。
ウツボグサは萱野高原の北東の端に群生していた。
ほとんどは、花が終わり花穂が黒っぽくなっている。
上の写真のように、夏に結実した姿が、枯れたように見えるから夏枯草(カコウソウ)とも呼ばれている。

横光利一「頭ならびに腹」の思い出

本棚から横光利一の本を取り出して、久しぶりに「頭ならびに腹」を読み返してみた。
すごく短い短編小説なので15分ぐらいで読み終えることができた。

「頭ならびに腹」を読んで思い出したことがあった。
私の高校時代、「現代国語」の美人教師が、戦前の日本文学の一流派である「新感覚派」についての授業を行ったことがあった。
彼女はその例として、横光利一の「頭ならびに腹」という奇妙な題名の短編小説の冒頭を、突然読み上げたのだった。

そう、あの有名な書き出しである。

「真昼である。特別急行列車は満員のまま全速力で馳けてゐた。沿線の小駅は石のやうに黙殺された。」
(横光利一著「頭ならびに腹」より引用)

ニワウルシに勝るとも劣らないポプラの繁殖力

イメージ
以前、ニワウルシの旺盛な繁殖力のことを記事にした。
だが、ポプラの木も負けてはいない。
ポプラの成木の近くを見ると、あちこちに幼木が顔を出している。
ポプラとは、もともとはヤナギ科の、それに相当する植物の「属名」であるという。
この「属名」の和名は、ヤマナラシ属あるいはハコヤナギ属。
ヤマナラシはハコヤナギの別名。
なんだかとてもややこしい。




日本では、「ポプラ属(Populus)あるいはヤマナラシ属あるいはハコヤナギ属」として、ヤマナラシ、ドロノキ、チョウセンヤマナラシの三種が自生しているらしい。

私たちが、一般にポプラと呼んでいるのは、「セイヨウハコヤナギ」のこと。
セイヨウハコヤナギの別名はイタリアヤマナラシと言い、原産地はヨーロッパ。

有名な北海道大学のポプラ並木は、このセイヨウハコヤナギ(イタリアヤマナラシ)ではないかと言われている。
竹箒を逆さまに立てたような樹形はおなじみ。

また、「竹箒型」と違って樹冠が広がっているものは「改良ポプラ」と呼ばれている。
「改良ポプラ」は、イタリアをはじめとするヨーロッパ各地で交配された品種群のことらしい。
ポプラの品種がいっぱいあるということだけは、はっきりしている。




ポプラとは、「ポプラ属」の樹木の総称であったり、セイヨウハコヤナギの別名であったり。
また、ヤマナラシやドロノキを「日本のポプラ」と呼んだり。

樹木の呼び名で、「ポプラ」ほどややこしいものは無い。
ポプラという呼称を使わずに、これはセイヨウヤマナラシ、これはヤマナラシ、これはドロノキ、これは何々と呼んだ方がスッキリするのだが。

それはそうと、「ポプラ」ほど日本人に親しまれている樹木の名前は無い。

日本の小学校や中学校の校庭には、たいてい「ポプラ」の木が植えてある。
「ポプラ」は成長が早く、大きく育つので、子どもたちがすくすく育ってほしいという願いを込めて校庭に「ポプラ」の木が植えられたのだろう。
歌詞に「ポプラ」が使われている歌も多い。

「ポプラ」は樹形や葉が特徴的で、小さな子どもでも見分けが可能である。
子どもが一番先に覚える木の名前は「ポプラ」であるかも知れない。
「ポプラ」という語の音感も親しまれていて、飲食店などの店舗名によく使われている。




そんな「ポプラ」が、ニワウルシ並みにあちこちに生えている。
ニワウルシに勝るとも劣らない繁殖力だ。
成長…

草むらから顔を出していたゲンノショウコ

イメージ
青森市郊外の萱野高原でゲンノショウコの花が咲いていた。
草むらに埋もれそうになりながら、空に向かって白い花を咲かせている。
ゲンノショウコは、フウロソウ科フウロソウ属の多年草。
日本原産。
東日本は白い花、西日本は紅紫色の花が多いという。

青森県南津軽郡田舎館村の村おこしイベント「田んぼアート」は大成功

イメージ
田んぼアートとは、青森県南津軽郡田舎館村で始まった村おこしイベント。
水田に数種類の色合いの稲を植えて、田んぼ上に巨大な絵や文字を描く取り組みのこと。
5月の田植えから、10月の稲刈りまで続くイベントである。
春の田植えと秋の収穫には「体験ツアー」として一般の人が参加できる。 なお、参加には「申込み」が必要とのこと。




今年は待望の新作が公開される「スターウォーズイヤー」。
第二会場では、この題材が選ばれている。

田舎館村の田んぼアートは1993年に始まった。
初めは単純な図柄だったが、年々描画技法が高度になってきている。
緻密な描写とスケールの大きさ。
その発展の様子を、会場に展示されているパネルで見ることができる。

始められた当初の会場は、田舎館村役場裏手の田んぼだったが、2012年からは、道の駅「いなかだて」施設内の田んぼが第二会場として登場した。
この企画が全国的に話題になり、見物にいらっしゃる観光客も増えたので、会場を増設したという。
従って、田舎館村役場の方は第一会場となる。
第一会場と第二会場は約3㎞離れている。




2010年以降、この催しが全国に広がっているが、その規模と技法で田舎館村を越えるものは、いまのところ出ていない。
正真正銘の「元祖田んぼアートの村」だけに、田んぼアートではダントツトップなのである。

この田んぼアートの「鑑賞」は、ふたつの会場とも高所にある「展望台」から見下ろすことになる。
第一会場は、役場庁舎に隣接している田舎館村文化会館最上階の展望台。
第二会場は、道の駅「いなかだて」施設内に建設された「弥生の里展望所」。
入場料は各会場200円ずつ。
入り口付近の券売機からの購入になる。




上の写真は去年亡くなられた国民的スター高倉健さんの似顔絵。
色のついた石を敷き詰めて描かれている。
田んぼアートを応用した石ころのアートである。
こんな取り組みは今年が初めて。
観光客が増えるにしたがって、いろんな企画の登場が予測される。




田んぼアートに使われている稲の種類は、配布されたチラシによると以下の通り。 つがるロマン:緑紫大黒:紫黄大黒:黄緑大黒:緑ゆきあかね:白べにあそび:赤あかねあそび:橙晴天の霹靂:緑紫穂波:紫赤穂波:赤青系赤174号:白 このうち食用の稲は、「つがるロマン」と「晴天の霹靂」だけ。 残りは観賞用の稲。




田んぼアートは、生育している稲…

2015青森盆踊りまつりの寂しい写真

イメージ
あいにくの雨の中開催された「青森盆踊りまつり」
「青森安潟みなとまつり」「青森ねぶた祭」「青森花火大会」と続いた青森市内での夏祭りイベント。 その最後が、「青森盆踊りまつり」。
午後になって時折降っていた雨が小雨に変わり、辺りが暗くなったころには、雨も上がった。 でも、雨降りを懸念してか、観客は少ない。
少ないながらも浴衣姿の男女がちらほら。 ちょっと薄寒くても、最後の夏祭りを楽しもうという祭り好きな人たち。

俳諧がいつのまにか格言になる

実るほど頭(こうべ)を垂(た)れる稲穂かな
詠み人知らず。
もしこれが俳句として作られたなら、目の前に収穫の時期を迎えつつある黄金色の稲田が見えるような句である。
ここ何年も不作が続いた。 もう稲穂がたわわに実った姿など忘れてしまった。 それが、今年は、幾年ぶりかの豊作の兆し。 この句には、そういう喜びと希望が感じられる、という点で、十分俳句として成り立っていると思う。 目の前に広がる「実りの秋」を、喜びの気持ちを込めて素直に「句」にしたものと受け取れる。

青森市松原町会の盆踊り

イメージ
松原町会の盆踊りが、町内にある県民生協「あじさい館」の駐車場で行われた。
降り出しそうな雨空だったが、開催中に雨は降らなかった。

松原町会製作の立派な「子どもねぶた」が盆踊り会場の一角を飾って雰囲気を盛り上げている。
人出もけっこう多い。

海辺の荒地で絶滅危惧種の野草「オオアカバナ」が咲いていた

イメージ
あまり見かけない花なので、ネットの「何の草花掲示板」で質問したら、環境省のレッドリスト絶滅危惧Ⅱ類のオオアカバナということだった。

そんな貴重な植物が、石ころだらけの荒地に、よくぞ咲いてくれたもの。




新潟県立佐渡総合高等学校のサイトによると、オオアカバナは2015年6月現在、『青森、会津、能登、佐渡(越後には分布しない)の4カ所のみに隔離分布する希少種。』であるとのこと。

海辺を散歩中に、大きめの美しい花を見つけたので、写真に撮ったのだった。
花の様子から、野草というよりも園芸種が原っぱに紛れ込んだのだろうと思っていた。
調べてみたらびっくり、絶滅危惧種の植物であった。




オオアカバナは、アカバナ科アカバナ属の植物。 大きなもので草丈が1.5mにもなるという多年草。
よく似た野草にアカバナがある。 アカバナはオオアカバナよりも小型で、めしべの柱頭が根棒状になる。
写真の植物は、めしべの柱頭が4裂しているから明らかにオオアカバナである。
オオアカバナは川岸などの湿地で生育する植物であるらしい。 今年の青森は、雨不足ぎみ。 どこもかしこも乾いている。 まして、発見したオオアカバナの生育環境は、石ころだらけの荒地。 今後も、じっくりと見守りたい野草である。


昔の村の中学校同期会

イメージ
昔の村の中学校同期会。
48年ぶりの再会だから、まるで見知らぬ老オジサンと老オバサンの合コンみたい。

少年時代の幻と、目の前の現実とを比べ合わせる。
酔いがまわるにしたがって、時間の迷宮のなかで迷子になる者も出るしまつ。

青森港新中央埠頭でイヌホオズキの花が咲いている

イメージ
青森港新中央埠頭の空き地では、目立たないが、ちらほら夏の花が咲いている。
イヌホオズキもそのひとつ。

空き地の端、歩道の縁石の陰でひっそりと咲いていた。

私は以前、このイヌホオズキのことを「イヌナスビ」と、間違った名前で覚えていた。
イヌホオズキの花や実は、ホオズキとは程遠いからだ。
特に、実がまるで違う。
ホオズキは、花が咲いた後に六角状のガクの部分が発達して果実を包み込んで袋状になる。
その袋が、熟すと赤っぽい色になるのはおなじみだ。




もちろん標準名が「イヌナスビ」という植物は存在しない。 が、イヌホオズキの草としてのイメージが、「ホオズキ」的ではなく「ナスビ」的であるから、「イヌナスビ」という間違った名前の方へ引っ張られてしまうのだ。

イヌホウズキはナス科ナス属の植物。
やっぱり、ナスだった。

動物の名がつく植物名のなかで、イヌがつく植物がもっとも多いという。
たいていは役に立たない植物だから「イヌ」がつくのだという説がある。
役に立たない「死」を「犬死」と言うじゃないか、とその説の支持者はおっしゃる。

「死」について、役に立たない死だとか無駄死にとか、そんな意見こそ指示できないものだ。




イヌタデとかイヌビエとかイヌガヤとか。 イヌのつく植物はみんな役に立たないということらしい。
自称愛犬家としては、なんとも聞き捨てならない話である。 犬は縄文時代から、人間の良き友だったのだ。 友に対して、役に立つとか立たないとか、そんな話は嫌なものだ。




イヌホオズキの花は、直径1cm前後と、草丈のわりには小さい。
草丈は40cmから60cmぐらいまで育つ。
果実は、直径1cm以下のものがほとんど。
写真のような緑色が、熟すと黒に変わる。

イヌホオズキの草姿は、見方によってはホオズキに似ていなくもない。
しかし、本当にホオズキか、と問われれば即座に「否(いな)」と答える。
草姿は若干似ているが、花も実もホオズキとは別物、「いなホオズキ」である。
こういうふうに、「イヌ」は、「否」の「イナ」がなまったものだという説もある。
本来なら「イナホオズキ」と言うところ「イヌホオズキ」となまってしまった。
他の「イヌ・・・・・」という草の呼び名も、以下等分である。

私としては、こっちの説に一票入れたい。


五所川原市金木町芦野公園をミニ散策

イメージ
五所川原市金木町の県立芦野公園をミニ散策。
園内には桜の木が多いがクロマツも目立つ。
木の数は、桜が1500本、クロマツが1800本とクロマツの方が多い。

園内の「芦野児童動物園」にはヒグマの柵がある。
地下5メートルぐらいに掘り下げられた円形のコンクリート製「穴」の底で、大きなヒグマが歩いている様は迫力もの。
本州に棲息するツキノワグマの2倍ぐらいの大きさ。
こんなのに山で出会ったら恐怖。




この公園の中を津軽鉄道線が走っている。 津軽鉄道線は、津軽五所川原駅から津軽中里駅までを結ぶ単線。 人気の車両が、上の写真の「走れメロス号」である。
芦野公園は、日本桜名所100選に選ばれている。 花見の時期には、この「走れメロス号」が桜のトンネルを潜り抜けて走る。 多くのカメラマンの格好の被写体となっている。




上の写真のクロマツ林の奥には、「芦野湖」の愛称で親しまれている「藤枝ため池」がある。 「藤枝ため池」は2010年の3月に農林水産省の「ため池百選」に選定。 また、近くの「大沢内溜池」と共に芦野池沼群県立自然公園に指定されている
このように広い一帯を散策するには、かなりの時間が必要。 今日は「ミニ散策」と称して、クロマツの木陰で涼んだ程度。









五所川原市金木町藤枝地区、地吹雪対策の「かっちょ」の写真

イメージ
五所川原市金木町の藤枝地区は、厳冬期、猛烈な地吹雪に見舞われる。
「かっちょ」とは津軽地方の方言で、その地吹雪に対する防護柵的な雪囲いのこと。

地吹雪とは、降り積もった雪が強烈な風で空中に舞いあがり、建物や人間を襲う猛吹雪のこと。
いわば津軽の「ブリザード」。

藤枝地区は、「地吹雪のメッカ」と呼ばれるくらい金木町ではもっとも地吹雪が猛烈なところ。
今では全国的に有名になっている「地吹雪体験ツアー」もこの地区で行われている。




厳冬期、津軽地方には北西の強風が吹き荒れる。
この藤枝地区は南北に縦長の集落。
この集落の西側は、岩木川まで真っ平らな水田地帯が広がっている。
さらに、岩木川を越えれば、つがる市稲垣町の、遮るもののない水田地帯。
広大な津軽平野の水田地帯が、日本海沿いの屏風山砂丘まで続いている。

荒れ狂う冬の日本海から上陸した北西の風は、約12キロメートルの平原を加速して進み、猛烈な地吹雪となって藤枝地区を襲う。
藤枝地区の集落は、堅牢な「かっちょ」無しには存立し得ないと言える。




私が生まれ育った頃の旧稲垣村では、「かっちょ」は冬場だけで、無雪期は取り外していた。
藤枝地区の「かっちょ」が夏場でもこの状態にあるのは、地区住民の老齢化によるという。
高齢な住民には、もう「かっちょ」を取り外したり組み立てたりする力が無く、板の柵は一年中このままであるらしい。

厳冬期に比べれば、夏の「かっちょ」はうたたねしているように見える。
真夏には、強い西日を「かっちょ」してくれているのではあるまいか。
きっと「かっちょ」は一年中何かを防いでくれているのだ。
屋敷森ならぬ屋敷板。
夏場は、魔除け、厄除け・・・・・・。
目に見えない侵略者から、高齢者の生活を守ってくれる津軽の砦・・・であったら良いのだが。


スポンサードリンク

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする