2012/05/13

まだまだ残雪多い北八甲田

睡蓮沼から高田大岳。
好天の今日は北八甲田へスキーハイキング。
睡蓮沼から大岳へ。
大岳滑降後、仙人岱ヒュッテで昼食。
昼食後、小岳へ。
小岳から睡蓮沼へ滑降。

知人が仙人岱ヒュッテ目指して、傘松峠道路標識付近から入山しましたが、途中雪が切れていて、薮漕ぎの必要があったということでした。
睡蓮沼から仙人岱までのコースは、まだ雪がたくさん残っていました。
よっぽどの高気温が続かない限り、来週末も残雪上をスキー通行可能だと思います。

登りと滑りの上記行程途上、各所でこの時期にしては、残雪がたっぷりとありました。
出発時(午前9時)、気温は低めだったので、雪質は良好(滑降条件最適雪質)でしたが、だんだん気温が上昇し、帰りの睡蓮沼コースの平原では、雪は重めの水分の多いものに変わっていました。

全体的にザラメ雪が良かったので、大岳の斜面も小岳の斜面も、気分の良いスキー滑降が楽しめました。

大岳の急斜面は最高に良い気分で滑れました。
仙人岱から小岳への登りは、雪の繋がりをうまく辿れば、薮漕ぎなしで到達できます。
小岳の山頂付近からの滑降は亀裂があって要注意と言うか、危険を伴います。
私は高田大岳寄りに下がって、そこから小岳斜面を滑りました。
まだまだ広大な斜面です。

帰路、睡蓮沼到着は2時半でしたが、好天と良い雪に恵まれた、素晴らしい一日でした。

この時期の北八甲田の春スキーを楽しむには色々な方法があると思います。
硫黄岳に腰を据えて、体力の続く限り、滑っては登りを繰り返して急斜面を楽しむ方法。
仙人岱の平原で、気の合った仲間と焼き肉ランチを楽しむ方法。

私の好みは、体力の続く限り、雪山景勝を巡る旅人のように、歩き回り滑り回るスタイルです。
残雪の豊富な八甲田は、全山素晴らしい景勝地で、滑りばかりでなく、目と好奇心を楽しませてくれました。

まだ雪で埋まっている睡蓮沼。
素晴らしい硫黄岳の南東斜面。
雪がたっぷり付いている石倉岳。
雲が薄れかけた小岳の大斜面。
低温に凍り付いたアオモリトドマツ。
春のモンスター。
八甲田大岳。
仙人岱ヒュッテの屋根と、その背後に硫黄岳。
大岳噴火口の縁。
大岳から見る小岳とその後ろの高田大岳。
大岳から望む秀麗な津軽富士、岩木山。
北八甲田の主峰大岳から望む、南八甲田の主峰櫛ヶ峰。
井戸岳と赤倉岳の大斜面。
田茂萢岳の、ロープウェイの山頂駅と、その奥の青森市内及び陸奥湾。

興味のある方は、このブログ内のテレマークスキー記事まとめページへどうぞ

スポンサーリンク