2012/11/10

公園の噴水の冬支度

公園の噴水。
紅葉が進む中、公園の噴水が冬支度を終えていた。

木枠やブルーシートで、噴水の噴出口を被っている。

今年の暑い夏に「涼」を添えていた噴水が、今はひっそりと静かだ。

北国の街には、夏の噴水と冬の噴水がある。

夏の噴水は、写真のように、もうすっかり冬支度完了である。

冬の噴水とは、雪の積もった自動車道路の融雪のための噴水。

青森市では、新町商店街の通りに、この冬の「噴水」が設けられている。

この融雪パイプは海水を利用しているため、自動車の下部の錆が進みやすいという不評も一部にはある。

公園の噴水が噴出を止めてから、自動車道路融雪のための噴水が噴出するまでの期間が、青森市の晩秋である。

冬支度をしている間に、短い晩秋は、すぐに通り過ぎていく。


噴水の冬支度。

スポンサーリンク