2013/05/24

夕方の手と指の乾燥対策

犬も乾燥状態は苦手
顔も老けたが手も老けた。
夕方のお肌の乾燥に悩んでいる女性が多いらしい。

女性は夕方になると、朝に鏡で見たときの自身の顔よりも5歳老けて見えるという。

そういうことが多々あると、多くの働く女性が嘆いているとか。

仕事の疲れの蓄積や、日中の肌の乾燥が、夕方の女性の顔を老けさせているらしい。

夕方、トイレや化粧室で自分の顔を見たとき。

電車やバスの窓ガラスに映った自身の顔を見たとき。

そこには、まるで別人のように老け込んでいる自分がいた、なんてことがよくあるらしい。

それほど勤労女性は顔を酷使しているのだろう。

女性の笑顔は、仕事をこなしていく際の重要な「労力」となっている。

その労力を使い過ぎた結果の、化粧崩れと疲労蓄積と乾燥肌なのだ。


かくいう男性の手も、夕方になると乾燥が進んでカサカサになり、艶とハリを失ってしまう。

特に現場労働者は手を酷使するから、夕方には、すっかり老人の手になってしまう。

夕方になると、シールの剥離紙がめくれない。

ビニール袋の口をひらけない、紙をめくれないなどなど、乾燥した指先は思うように働いてくれない。

イライラがつのって疲労が増す。


私の朝夕の犬の散歩でも、手の肌や指の乾燥具合は顕著だ。

早朝は、犬のウンチ用のビニール袋の口をすんなり開くことができるのに、それが夜には至難の作業となる。

夜の公園の湿った草を指で触って、草のお湿りを指に移すようにしてもなかなかスムーズにはいかない。

やっぱり、皮膚の内部からの潤いが無いとだめみたいだ。

年齢を経るに従って、手に汗をかくということも少なくなった。


そういう潤いのなくなった指先の乾燥対策として、私の方法は次のようなもの。

日差しの強い場所や、風の強い場所では手袋を着用して、手の肌の乾燥を防ぐ。

手をこまめに洗い汚れを落とす。

保湿効果が認められている「青森天然ヒバ油」の水溶液を塗って、両の手をマッサージする。

これは、あくまでも個人的な方法なので、すべての人に効果があるものではない。

それに、もっといろいろな方法があるだろうが、私にできるのはこんなことぐらい。

自分の手が、衰えているような印象を、相手には与えたくないもの。

顔のケアも大事だが、手のケアも重要だ。


スポンサーリンク