2013/07/24

MacG5 OS10.411で、突然、特定のサイトにつながらなくなった(備忘録として)

突然、特定のインターネットサイトにつながらなくなった。

特定のサイトとは、google.co.jpやodn.ne.jpなど。

google系につながらなくなったから、当然、このブログのサイト「blogger.com」も開かなくなった。

yahooのポータルサイトなどは通常通り開いたから、アクセス可能なサイトが偏っている感じだ。


WebプラウザはSafari4.1.3を使っているが、Safariをリセットしても症状は同じ。

試みにMacOSのアクセス権の修復やPRAMクリアを実行しても回復しない。


LAN接続のWinXPでは、問題なくほとんどのサイトが閲覧可能なので、問題はプロバイダーよりも、私のMacにある可能性が高い。


そこで、Appleサポートコミュニティを覗いてみたら、「ipv6の問題かもしれない」というヒントがあった。

コンピュータで IPv6 を無効にすると問題が解決する場合があるとか。

さっそく、試してみることに。


「アップルメニュー」→「システム環境設定」→「ネットワークアイコンをクリック」

「接続しているネットワーク環境の設定ボタンをクリック」→「TCP/IPを表示」

ウインドウの一番下の「IPv6を設定」というボタンをクリック。

すると、ポップアップメニューが開いて「IPv6の設定」の選択項目が表れる。

通常は「自動」に設定されている項目の中から、「切」を選択してOKボタンをクリック。


「システム環境設定」をクリック。

「ネットワーク」アイコンをクリック。

「設定」ボタンをクリック

「IPv6を設定」をクリック。

「切」を選択し、「OK」をクリック。


さてどうかなと、プラウザを開いてアクセスしてみると、無事回復。

さすが、Appleサポートコミュニティだ。

ベテランの方が大勢いらっしゃる。

ちなみに、「IPv6」がどういう機能を持つものかについては、さらに勉強が必要かと・・・・。

スポンサーリンク