投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

北八甲田、谷地温泉から高田大岳へ

イメージ
快晴の中、谷地温泉から北八甲田高田大岳にスキー登山。

気温は、この時期にしては暑いぐらい。 登りの時に、風が爽やかに吹いてくれたのが快適だった。 山頂では穏やかな微風。
おかげで、帰りの滑りは、水分の多い重い雪質に苦労した。 谷地温泉9時発、高田大岳正午着の3時間の行程。 年齢に合わせてゆっくり登山。 でも、年齢の割には、まだまだ登れると実感。 急斜面の登りは、息切れしない程度の足の運びで、のんびり歩くのが楽しい。
独り歩きは、自身との会話のようなもの。 黙々と歩いているようで、頭の中は多弁。
話題はバラエティーに富んでいる。
なかでも、山の風景絶賛が主。
こんな遊びができる丈夫な自分に感謝。
上の写真は、ピーク974の森の中。 雪の上に小枝が散乱していて、重い雪質とともに緩斜面でのスキーの滑りを悩ましてくれた。
ブナの小枝の落下は、春のつきものだから、仕方が無い。




上の写真は、ピーク974のブナの森を抜けて、アオモリトドマツの平原から眺めた高田大岳。 去年愛犬と遊んだ東の尾根の斜面にもたっぷり雪がついている。




高田大岳山頂から見た赤倉岳の大斜面。 ゴールデンウィークなのに箒場コースへ下りるスキーヤーが少なかった。
10年ぐらい前は、次から次へと、スキーヤーの滑降が絶えない斜面だったのに。
八甲田へ来る人が減ったのか、山スキーヤーが減ったのか。




南八甲田の櫛ヶ峰にも雪がたっぷりついている。 櫛ヶ峰に向かうルートも積雪は充分のようだ。 この春は、あちこちスキーハイキングが期待できそうで楽しい気分。
残雪の山を眺めていると、体がいくつあっても足りないなと思うのは、私だけではないだろう。




北八甲田の硫黄岳と、その背後に南八甲田の横岳。 硫黄岳南東斜面には、今のところ亀裂は無さそうである。



小岳の大斜面。 頂上直下に亀裂らしき跡が見える。 今後、融雪とともに、だんだん口を開けることだろう。



八甲田大岳の斜面。 まだ噴火口の縁に雪が残っていて、斜面と頂上付近が雪で繋がっているよう。




上の写真は、高田大岳の西のピークから東のピークを見ているところ。 スキーヤーが祠のそばで談笑しているのが見える。 「言葉の訛」を聞くと、関東・東京方面からのスキー客らしい。 連休初めの好天に楽しそうだ。 素晴らしい八甲田の春スキーに、下界の仕事や現実生活の悩み事をいっとき忘れ去っていることだろう。
それは、み…

春のヒラタケ?

イメージ
一昨日、犬の散歩の途中、公園で見かけたキノコの写真です。
毎年この時期に、この写真の場所の周辺に出ている片葉のキノコです。
私はヒラタケと思っています。 ヒラタケなら、食用であることは確かです。
去年も一昨年も、採取しているお爺さんを見かけました。 採ったものを透明なビニールの袋に入れて、楽しそうでした。
毎年、楽しみにしているのでしょう。
そういう楽しみの方法を身につけているご老人なのです。
広範囲な生活の方法を会得している方かも知れません。
今日、この公園を犬の散歩で通ったら、写真のキノコはキレイに採取されていました。
あのお爺さんの笑顔が思い浮かびましたが、果たして・・・・・・。
いずれにしても、もう誰かの胃の中におさまったことでしょう。
この地方のネマガリタケのタケノコの採取の時期に、春のナラタケが出ていることがあります。 秋のナラタケに比べて味が薄いとか。
秋に採れるヒラタケは、淡白な味わいです。 春のヒラタケの味は、春のナラタケ同様更に淡白だったか、秋のヒラタケと同じような味わいだったか。

街の公園で採れた春のヒラタケの味はどうだったか。
それは、食べた人でなければ解りません。

沢の雪解け水に水没したフキノトウ

イメージ

五所川原の立佞武多(たちねぷた)の館

イメージ
ちょっとした用事があって、五所川原へ行った。
ついでに、懐かしい五所川原の街をブラブラ散歩。
散歩は、記憶をよみがえらせる。
まるで、沈滞している思い出を足でかき回しているみたい。

旧商店街の大町を通ったら、街並が様変わりしていたのでびっくり。 昔の商店街の面影は、全く無い。
なんという大胆な街づくりなんだろう。

「立佞武多(たちねぷた)の館」が「8周年祭」とかで今日だけ入場無料ということ。 ちょっと中を見物。 以前にも一回だけ見学したことがあったので、長居はしなかったが。 写真を数枚撮って、無料公開で混雑していた「館」を出た。

春の冷え性対策

この地方も、住宅地周辺の雪が溶けて、ようやく春めいてきました。
日中の気温は、今日みたいに晴れた日は12℃〜15℃と上昇しています。
雪が盛んに降っていた頃と比べて、だいぶ温かくなりました。

温かくなってきたからと言っても、私の冷え性は解消しません。
春は、昼と夜の温度差が大きい時期でもあります。
午後から夕刻にかけて、油断して薄着していると、たちまち身体を冷してしまいます。

特に下半身の「冷え」は、私の場合、腰痛の原因にもなります。
春になっても、冬同様下半身をズボン下(タイツ)でしっかり保温します。
腰部まで覆って保温するベスト型の下着もまだ脱ぎません。
五月の連休が過ぎて、気候が安定するまで、冬季と同様の衣類で保温に努めます。

温かい季節ほど、ついつい油断してしまい、身体を冷しがちだと思っています。
周囲(外気温)の温かさにかまけて、身体の保温努力を疎かにしたり・・・。

日常的な運動の心がけも重要です。
私は休日に残雪の山でスキーをして、今のところ、それは運動になっています。
しかし、休日だけに運動が偏っていたのでは、本当の運動不足の解消にはなりません。
普段は、ぶら下がり健康器でぶら下がったり懸垂したり。
軽めの腕立て伏せも日常的に行っています。

筋肉が、体の熱を発生させるのに大きな役割を果たすと言われています。
運動不足で、筋肉が硬く細く萎縮してしまっていては、筋肉の熱を生み出す力は衰弱してしまうことでしょう。
冷え性対策に、運動の効果は大きいと思います。
運動から得られる快適感で、自律神経の働きも整うと思います。

食生活も大切です。
前回の記事でも書いたように、旬のものを食べることが良いのです。
春には春の食を楽しむ。
楽しみながら、春の冷え性を予防するのです。

加工食品ばかり摂取することが何故いけないかというと、加工食品には「旬」が無いからだと思います。
春の身体を助けるのは、春の旬の食べ物です。

季節の味と栄養を身体に取込んで、その季節を快活に過ごす事が冷え性対策で重要だと思っています。

春の季節を味わう

イメージ
生活を楽しむ方法のひとつに、「季節を味わう」というのがあります。

人間にとって、食事は大きな楽しみに属します。
今は、春真っ盛りですので、春を味わうのは楽しい事です。

菜の花や春キャベツなどの春野菜が店頭に並ぶこの頃。
また、春の山菜であるフキノトウやギョウジャニンニクなどもパックで売られ始めています。

四季がはっきりしている当地方では、季節のものを食べるのが大切な生活の楽しみです。
旬の野菜(山菜)は美味しいだけではなく、栄養価も高いようです。
季節のものを食べるのが、健康維持の方法にもなっていると思います。

現代では四季に関係無くほとんどの野菜が店頭に揃っています。
しかし、その野菜本来の収穫時期(旬)のものの味は格別。
シンジャガ(新ジャガイモ)や新玉(新玉ねぎ)、また新米や新蕎麦を味わってみれば、味の格別さは明瞭です。

春になると多くの野生動物が活動を始めます。
熊は、自分の体を目覚めさせるために、春一番にフキノトウを食べると言われています。
フキノトウしか無いということもあるでしょうが・・・。

苦味のある山菜や野菜を食べる事は、冬の間に鈍った肉体に活力を与えると言われています。
冬期間スキーに狂っていた私自身には、その疲れからの回復と狂った意識の調整に役立つのではないかしら・・・。

春の山菜の苦味の主成分はポリフェノールであると言われています。
ポリフェノールは、活性酸素を除去することで知られていて、肉体の様々な老化の進行を遅らせることで有名です。

苦味のある野菜類は、ビタミンCも豊富に含まれているという傾向があるようです。
風邪の予防や春の紫外線対策にも効果的であるかも知れません。
旬の食を楽しむ方法が、美容や健康を守る方法でもあると思います。 生きる事は、食べる事ですからね。

出始めた春の山菜、フキノトウ

イメージ
昨日のスキーハイキングの帰り道、食べごろな蕗の薹(ふきのとう)を川縁で見つけたので摘んでお土産に持ち帰りました。
上の写真のように、まだ開いていない、小さな蕾のフキノトウの方がアクが少なくて食べやすいです。

フキノトウはフキの花の蕾で、当地方の方言では「バッケ」と言います。
大きな葉のフキとは地下茎でつながっていて、葉よりも早くフキノトウだけが先に地上に顔を出すのです。
フキノトウの成長は速く、あっという間に茎が伸びて花が咲きます。
おなじみのフキの葉は、遅れてのんびりと出てきます。

平内の大毛無山手前、734峰まで

イメージ
先週の日曜日に引き続き、大毛無山方面に出かけました。 メンバーは私と愛犬リリーとの2名です。
出発時は、大毛無山南尾根に雲がかかっていましたが、山での行動中は雲ひとつない晴天でした。 気温も比較的高めで、そのせいかお昼頃、734ピークの北側尾根の雪庇が崩れ落ちて大きな音とともに雪崩が発生。 樹林帯の山肌の沢筋に沿って、大きな雪塊が轟音をたてながら数十メートル転がり落ちていくのを、734ピーク上で目撃しました。 続いて第2波のやや小さめの雪庇雪崩が、初回地点の北側で発生。

雪だるま状雪崩について

イメージ
右の写真は、私が「雪だるま状雪崩」と呼んでいる「雪崩?」のアップ写真。

できたての一個一個は、雪でこしらえた天然のロールケーキのような形状になっている。

一般には「スノーロール」と呼ばれているらしい。
水分の多い重い雪が、山の斜面の樹木の枝などに附着。
それが日中に、雪の塊ごと木の枝から雪の急斜面に落下。
落下した勢いも手伝って、その雪の塊が、斜面の傾斜線に沿って転がりながら雪だるま式に大きくなって出来たものが写真のロールケーキ。

平沢林道から大毛無山偵察山行

イメージ
みちのく有料道路料金所手前の「非常駐車帯(駐車場ではない)」を基点として、「滝沢山域」を便宜上、南と北に分けて考えることができます。 南の主峰を、先週登った「折紙山(920.6)」だとすれば、北の主峰は「大毛無山(736.5)」と「三角岳(黒星岳)(753)」ということになるでしょう。
今日は、北の主峰のひとつ、大毛無山方面への偵察山行です。
お天気が良かったのでスタートが早ければ、大毛無山登頂も可能でしたが、山歩き不慣れな「お伴」がいたので、林道ピクニックが主になりました。

いつものようにみちのく有料道路料金所手前の広い駐車帯にクルマを路上駐車させてスタート。
水分の多い重い雪質の平沢林道を進みます。

ついに折紙山山頂へ

イメージ
朝6時頃から、空がピカピカ晴れ上がっていたので、今日は「朝ピカ」で午前中には天気が崩れるだろうと思っていたのですが、空模様は午後の2時頃まで良好でした。
本日、やっと折紙山山頂(920.6)に立つことが出来ました。 尾根歩きの偵察山行を繰り返して、4度目に達成できたのです。 重くて歩きづらい雪質でしたが、やっと好天に恵まれたおかげでした。
8時20分にみちのく有料道路手前の駐車帯を出発。 延々と歩いて、山頂到着が13時25分。 山頂で天候が崩れかけてきたので、すぐに帰路について、重い雪にスキーは悪戦苦闘。 駐車帯にもどり着いたのが15時50分。 登りに5時間、下りに2時間ちょっとの、非力な私にとっては大変な長丁場でした。

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする

スポンサードリンク