広告

2014年 8月のアーカイブ

空地の草むらが復活

先月の6日に草刈りによって一掃された隣家の空地の草達 が復活した。 また、一面の草はらにもどった。 この空地が刈り払われる前に花を咲かせていたヒメジョオン、ギシギシ、コンフリー(ヒレハリソウ)はもう姿を消している。 彼らははたして花を結実さ…

歳をとって、身長も縮んだが脚も短くなった?

この頃、脚が短くなったのでは、と感じることが多い。 というのは、最近、ズボンの裾を引きずるようになったから。 同じズボンで、以前はこういうことが無かった。

岩木川河畔の草薮で見つけた花はガガイモだった

「稲垣河川公園」 の岩木川河畔の草薮で上の写真の野草を見つけた。 ネットの「四季の山野草」というサイトで調べたら、「ガガイモ」でばっちり。 ガガイモとはよく聞く名前だが、ようやく花と名前が一致した。 葉がちょっとヤマイモの葉に似ていて、ガ…

頭皮を湿布摩擦

背中の湿布摩擦を習慣化 していることは、以前、記事にしている。 タオル地の手ぬぐいに、青森天然ヒバ油の水溶液を軽くスプレーして、乾布摩擦の要領で背中をこする。

つがる市木造の丸山溜池にいた夏の白鳥

つがる市木造の県道12号線沿いや、それと平行する屏風山広域農道(通称メロンロード)沿いには溜池が数多く見られる。 大小様々なものがあり、ここら辺一帯の溜池密度はかなりなもの。 溜池で野鳥を観察するのではなく、溜池そのものを観察する「ため…

「稲垣河川公園」のステキなヤナギ並木

「一本タモ」を見物した 後、愛犬の散歩に 「稲垣河川公園」 をまた訪れた。 前回は雨降りだったので近づけなかったヤナギの並木へ。 その並木の中を歩いてみたら、素晴らしい。 並木の中は、涼しい木陰。 暑苦しい現世とは別世界。 さらに、岩木川の方…

つがる市稲垣町にある巨樹「一本タモ」の幹周はヤチダモとして日本一

五所川原市から十三湖方面に向かう道がある。 岩木川の左岸の堤防道路で、県道43号線(五所川原車力線)だ。 岩木川沿いのその道を下流に向かって北上する。 細い道路で、車線も明確ではないから、猛スピードの対向車に注意しながら運転しなければな…

大湯環状列石のそばに建っている大湯ストーンサークル館で「大湯式土器」を見物

駐車場脇にある大湯ストーンサークル館には、 大湯環状列石 周辺からの出土品が展示されている。 展示ホールには解説パネルなどが豊富。 太陽の動きと大湯環状列石の関係がわかる「天体ドーム」というものもある。 これで、太陽の動きに従って、日時計状…

秋田県鹿角市の舌状台地にある置石の輪(大湯環状列石)

秋田県鹿角市十和田大湯にある国の特別史跡「大湯環状列石」を見物。 大湯環状列石は、縄文時代後期の大型配石遺跡である。 東北自動車道を「十和田南インター」でおりて、国道103号線を東(十和田湖方面)に向かう。 「大湯環状列石」の道路案内標識…

広告