2015/08/22

2015青森盆踊りまつりの寂しい写真

青森盆踊りまつり
青い海公園、アスパムの下の盆踊り会場。やぐらの上に御婦人方の踊り手。
あいにくの雨の中開催された「青森盆踊りまつり」
「青森安潟みなとまつり」「青森ねぶた祭」「青森花火大会」と続いた青森市内での夏祭りイベント。
その最後が、「青森盆踊りまつり」。

午後になって時折降っていた雨が小雨に変わり、辺りが暗くなったころには、雨も上がった。
でも、雨降りを懸念してか、観客は少ない。

少ないながらも浴衣姿の男女がちらほら。
ちょっと薄寒くても、最後の夏祭りを楽しもうという祭り好きな人たち。
青森盆踊りまつり
小雨で観客もまばら。祭り提灯の寂しげな灯り。
よく耳にする祭りの効果は以下の通り。
  1. 観光イベントとしての地域経済の活性化。
  2. 地域のイメージアップ。
  3. 地域住民のコミュニケーションの強化。
祭り好きな人たちには別の効能もある。
祭りが近づくとワクワクドキドキして脳の血流が良くなる。
手足を動かして、盆踊りを踊ることによって、脳の血流がさらに良くなる。
頭の働きが活発になって、認知症にかかりにくくなる。
そういう話も、まんざら的外れとは言えないのでは。
民謡歌手の女性
民謡歌手の方。
昔、炭坑節を踊ったことがあるので、曲がかかったとき踊りの輪に加わったのだが・・・・。
これが、全然踊れない。
足と手をバタバタさせているうちに、頭の血流の動きを感じた・・・ような気がした。
たしかに、脳に対しては刺激的かもしれない。

雨模様で、「青森盆踊りまつり」は寂しいお祭りとなった。
盆踊りを踊れない私も寂しかった。

それぞれが、それぞれの夏を見送り、それぞれの秋を迎える盆踊り。
青森盆踊りまつり
小雨も上がって踊りの輪が広がる。
津軽三味線
津軽三味線演奏。
祭りステージ
演奏ステージ。

スポンサーリンク