2015/09/27

ナメコはまだ幼菌、ナラタケは大きくなりすぎて腐っていた今日のキノコ採り

連休(シルバーウィーク)のキノコの収穫が好調だったので、今日も多めの収穫があるだろうと確信して山へ入ったのだが、結果は芳しく無かった。

おまけに、今日入った山は、午後から雨。

今日の朝方まで雨が降っていたようで、山は朝から濡れていてよく滑った。
笹薮も、思いのほか混んでいたので、ヤブ漕ぎにも疲れた。

こんな時もあるさと思っていたら、カメラがトラブル。
途中からカードエラーが起きて、写真が撮れない状態になってしまった。
そのせいで、今日の写真はここにアップしただけ。
腐る寸前の早生のナメコ。
ナメコは、早生のものを少々収穫。
カメラトラブルのせいで写真に撮れなかったのが残念だが、ナメコの幼菌はたくさん見かけた。
この間の経験からみて、3~4日後には食べごろに育つはず。

ナラタケ(サモダシ)は、黒く腐っているものをたくさん見かけた。
このまま終わってしまうのか、それとも早生が終わって本格的なナラタケがこれから出るのか。
それは、10月中旬の山へ入ってみなければわからないところである。

今日の山は、まだ紅葉が始まっていない。
紅葉の時期に、本格的なナラタケに出会えるかもしれない。

状態がそれほど悪くない早生のナメコ。
ナメコは時期的に言っても、本格ものはこれから。
今日のナメコは、すぐに傘が開いてしまう白っぽい早生ものばかり。
きれいな茶色の、傘の形が「まんじゅう形」のナメコは、これからのお楽しみ。

キノコは本格ものが採れなかったが、ヤブ漕ぎは本格的。
久しぶりのヤブ漕ぎに、少々疲れ気味。
年齢のせいもあるのだろうか。

山へ来ると、年齢による体力の衰えがよくわかる。
それをわからない人が、体力消耗などで遭難するのだろう。
他人ごとでは無いななどと、考えながら山を下りた次第。

帰りは雲谷温泉に寄った。
秋の雨で冷えた体を雲谷の湯で温めた。
楽しい一日だった。
この年齢で、「ヤブ漕ぎ山歩き」できることに感謝。

苔むしたブナの倒木にナラタケ少々。

スポンサーリンク