広告

2012年 12月のアーカイブ

公園の夜の幻想を照らす外灯

朝の8時頃に、犬の散歩に公園に行ったら、まだ外灯が灯っていた。 曇りの朝の薄明かりのなかで外灯の存在感が際立っている。 葉を落として、すっかり丸裸になった公園樹の命の灯火のような在り様。 冬の朝に外灯が灯っていると、あたりが、より一層幻…

紅葉した桜の葉の輪郭切り抜き写真(ダウンロードフリー)

紅葉の季節に撮った桜の葉の輪郭を切り抜いてみた。 こういう写真は、輪郭切り抜き写真とも、輪郭切り取り写真とも、輪郭カット写真とも呼ばれている。 被写体の輪郭を切り抜いた写真は、webでは装飾とかワンポイントに使えるので便利だ。 イラスト…

公園の、雪囲いされないイロハモミジ

今日の青森市内は、みぞれ混じりの寒い一日となった。 右の写真は、数日前に撮ったもの。 このとき積もった雪は、今はすっかり融けてしまっている。 カラーで撮ったものだが、ご覧の通り、モノクロームの世界となっている。 写真の枝ぶりの良い木は、…

公園の遊具の雪囲い

「公園のゆるキャラの遊具」 で紹介した遊具が、雪が降る前にブルーシートで雪囲い(?)されていた。 ブルーシートに包まれて、黒と黄色のトラロープでグルグル巻きにされた姿はどことなく異様である。 この姿からは、あの愛嬌あふれるキャラクターの顔は…

落葉しないモミジ(カエデ)の葉

公園の初冬の雪景色の中で、枯れ葉になっても落葉しないモミジがあった。 周囲の木々の葉は、針葉樹や常緑樹以外は、もうとっくに枯れ落ちてしまったのに、このモミジだけが落葉しないで雪をかぶっている。 上の写真にある道の左側は、モミジ並木になっ…

雪だるまの孤独

行き止まって立ちつくし、やがては消える雪だるま。 行き止まって往き黙る雪だるま 黙って消えていくのが雪だるま。 雪だるまのまま留まる方法は無い。 消えかかって、何時から雪だるまでなくなるのか。 雪だるまが崩れて雪塊になるとき、その雪原に雪…

植木の雪囲いに雪が積もる

「植栽のいろいろな雪囲いの仕方」 や 「植え込みの雪囲いの方法」 に登場した雪囲いの上にちょっと雪が積もった。 雪が降ると雪囲いは、植栽を守る造作としての存在感を増しているように見える。 雪に埋もれる前の「雪囲い集落」のオンパレードのようだ。 …

青空に映えるナナカマドの赤い実

正午過ぎに海端の公園を散策中、赤い実をたくさん付けたナナカマドの木を見つけた。 この時刻は、青森市内は、まだ青空が広がっていた。 明るい光をたくさん受けて、ナナカマドの赤い実がきれいだ。 「ナナカマド」という木の名は、漢字では「七…

雪をかぶったサンシュユの赤い実

公園の池の中島にあるサンシュユが、すっかり葉を落としていた。 紅葉した葉の影に隠れていたサンシュユの赤い実が、姿を現している。 今日は、朝から雪模様。 サンシュユの小さな赤い実に雪が積もって、冬の静かな情景になっている。

初冬の公園で色彩が薄らいでいく落ち葉

初冬の公園の、黒いアスファルトの歩道に落ちた落ち葉の写真。 まだ色彩が残っているが、これからだんだんと黒っぽい褐色の枯れ葉色に変わっていくのだ。 落ち葉の1枚1枚が言葉のように地面に散らばっている。 雄弁な季節が終わって、無言の冬に入る…

コブシの冬芽(ふゆめ・とうが)

青森市内の公園は紅葉もほぼ終わり、落葉した葉が朽ちかけて地面に広がっている。 寒々とした光景のなか、厳しい冬が急速に迫っていることが感じられる。 冬になれば、きれいな花も無く鮮やかな色彩の葉も無く、丸裸の公園樹を見ても寂しいだけだと思わ…

広告