投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

「朝がほや一輪深き淵の色」与謝蕪村

アサガオは夏の季語だと思っていたが、実は秋だった。
アサガオの花は、現代の新暦だと、咲く時期は夏である。
季語の素となっている旧暦の二十四節季に照らすと、8月7日頃が立秋となっている。 そのため、アサガオの花の最盛期である8月は秋に分類される。 というわけで「朝がほ」は秋の季語となっている。

アサガオの花の色は紫系や青系が多い。
蕪村が見たアサガオは、濃い藍色の花だったのではあるまいか。
濃い藍色は「淵の色」をイメージさせる。

その深淵を覗いた蕪村の句である。

朝がほや一輪深き淵の色 与謝蕪村

多数の花のなかで一輪だけ蕪村の気になる花があった。 大きく開いた円錐形の花を覗き込んだ蕪村は、その「淵の色」に何を見たのだろう。
それが何であるかは、私たちはこの句から推測することはできない。 ただ何かを見たということだけは、この句を読む者に、蕪村の感情として伝わってくる。
蕪村は何を見たのだろう。
私たちは、何度もこの句を読み返す。 季節が繰り返し訪れるように、蕪村の感情が、私たちに繰り返し訪れる。
そうして読んでいるうちに、私たちは時間を遡って、蕪村の背後に立つようになる。 蕪村の背後から蕪村と一緒に、濃い藍色の花を眺めているのだ。
そのことに蕪村は気づいている。
遠い未来から、何人もの読者がやってきて、自身の背後で同じものを見ていると蕪村は感じている。

背後の視線を感じながら、蕪村はつぶやく。
「ほらこの色をよく見ろよ、なんという深い色なのだろう。まるで・・・のようだ。」

私たちは、蕪村の後ろに居ながら、この「・・・」が聞き取れない。
何だったのだろうと何度もアサガオの花を覗き込んでいる私たちを尻目に、蕪村は通り過ぎてしまう。

後には「朝がほや一輪深き淵の色」という句そのままの「朝がほ」が残っているだけである。
その「深き淵の色」のなんという存在感だろう。

蕪村が消え、私たちが消えても、この「深き淵の色」の「朝がほ」は、永遠に存在し続けるのではあるまいか。

おそらく、そういうものを蕪村は見たのだろう。


<関連記事>
蕪村しみじみ

「門を出ればわれも行人秋のくれ」与謝蕪村

この地方の秋も深まってきた。

一昨日のニュースでは、北海道の大雪山系旭岳で本格的に雪が積もりだしたという。 となれば、青森の八甲田山に雪が積もるのも、あと4週間後ぐらいだろうか。
雪の便りを聞くと、秋の深まりを感じる。 秋の深まりを感じると、旅情に駆られる方も少なくないのでは。


門を出(いず)ればわれも行人(ゆくひと)秋のくれ
与謝蕪村

キヤノンのコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)のエラー「カードが異常です」の原因

イメージ
今日のキノコ採り山行で、私のコンデジにトラブルが生じた。
数回撮影した後に、突然カメラが撮影不能状態になったのだ。

液晶ディスプレイに表示されたエラーの内容は、「カードが異常です」というもの。
たまに「カードがロックされています」というエラーメッセージも出たり。

カメラはキヤノンのIXY630 。
この春に購入したばかりのもの。
このカメラに装着したメモリーはSDHCカードである。

ナメコはまだ幼菌、ナラタケは大きくなりすぎて腐っていた今日のキノコ採り

イメージ
連休(シルバーウィーク)のキノコの収穫が好調だったので、今日も多めの収穫があるだろうと確信して山へ入ったのだが、結果は芳しく無かった。

おまけに、今日入った山は、午後から雨。

今日の朝方まで雨が降っていたようで、山は朝から濡れていてよく滑った。
笹薮も、思いのほか混んでいたので、ヤブ漕ぎにも疲れた。

こんな時もあるさと思っていたら、カメラがトラブル。
途中からカードエラーが起きて、写真が撮れない状態になってしまった。
そのせいで、今日の写真はここにアップしただけ。

日本語の省略について考えていると、「日常」が見えてきたような・・・・・

昨日の記事で、谷村新司氏作詞の曲「遠くで汽笛を聞きながら」について書いた。
歌詞の省略のレトリックが、この歌に情感を持たせているというような意味のことを書いたのだった。

このように、私たちが使っている言葉には省略が多い。
外国語を知らないので、他の国の言葉と比較できないという認識不足は否めないが・・・。
私は、日本語には省略が多いと思っている。

特に主語の省略は日常茶飯事。
このブログの文章でも、「私は」という主語を省いて書いていることが「常態」となっている。

日常の会話においても、主語を省略して話す慣習があるのは周知の通り。

「私は・・・・」を連発すると、私の周辺のつきあいでは「ちょっとくどい人」と思われがちである。
頻繁に主語が省略されていても、動詞から主語を推測できるので、会話に支障をきたすことは少ない。

オオアカバナの消えた荒地で、黒く熟したイヌホオズキの果実

イメージ
絶滅危惧種オオアカバナのその後の様子を見に行ったら、オオアカバナは消えていた。
石ころだらけの荒地には、オオアカバナの影も形もない。

見栄えのする花だから、きっと誰かに摘まれたのだろう。
オオアカバナの花期は7月~9月とされている。
まだいくつかピンクのきれいな花が残っていたことは充分考えられる。

花の好きな人に摘まれてしまったのだろう。
でも、オオアカバナは多年草である。
地下茎が残っていれば、また来年の春に新芽が見られるかも知れない。
来年の夏には、また、きれいな花を見ることができるだろう。




周辺をブラブラ散歩していたら、以前見たイヌホオズキの果実が、黒く熟しているのを見つけた。
イヌホオズキはナス科ナス属の野草。
写真のイヌホオズキを見ていると、どことなくナスに似ているような似ていないような。
どちらかと言うと黒いミニトマトという感じである。

だが、イヌホオズキの果実は有毒。
完熟した実は、おいしそうな良い香りだが食べられない。

ネットで調べると、全草に毒があり、毒成分はアトロピン(Atropine)、ソラニン(Solanine)、サポニン(Saponin)だという。
摂取したときの症状は、頭痛、腹痛、嘔吐、下痢、麻痺とのこと。
この実を人が食べたという話は聞かないが、スズメが啄ばんでいるのを見たという話は聞いたことがある。
毒のある実について雑談しているときに聞いた話なのだが。

なんでもスズメは少しずつ食べるから平気でいられるとか。
節度をわきまえられるなんて、野生の知恵とか食事する方法とかは大したもの。
ウチの愛犬は、あるだけのオヤツを食べきってしまう。

もっとも小鳥がそうだからと言って、人間がそのまねをしても無事でいられるかどうか、それは不明。
それを試してみることは危険。

黒く熟したイヌホオズキの果実を、スズメが啄ばむ姿を見てみたいものだ。
はて?こんな細い枝に、スズメは止まれるのだろうか?








新中央埠頭の海岸緑地にメタセコイアを植えたのは正解か失敗か

イメージ
去年の秋遅く、青森市内にある新中央埠頭を散歩したとき、その緑地に細い樹木が植栽されているのを見かけた。
それまでは、一本の木も植えられていなかったので、ちょっと驚いた。
いきなりこんな背の高い木を植えるなんて。

まあ別に、私が驚くことでもないのだが。
公園の緑地に植栽はつきものなのだから。

幹を包帯のようなものでぐるぐる巻きにされたひょろ長い木で、なんの木かは見当がつかなかった。

植えられたばかりで根がしっかり張っていないからなのだろう、一番背の高い木は3本の支線でささえられていた。

寝床で遠くの汽笛を聞きながら、歌詞の「で」について考えてみた

イメージ
寝床に入ったが、なかなか眠れない。
いつものように眠りに入っていけない。

眠れないのは疲れすぎているせいなのだろう。

適度な疲れは、安眠へと導いてくれるが、疲労が過度な場合はすんなり眠れない。
これが高齢になりつつあるこの頃の、私の傾向である。

寝返りを打ったりしていると、枕に押し付けた耳に汽笛の音が聞こえた。
4キロほど離れたところを、JRの東北線が通っている。
そこを走り過ぎた貨物列車の汽笛の音と思われる。

ああ、「遠くで汽笛を聞きながら」だな、と思った。

「悩み続けた日々が・・・・・」で始まる谷村新司氏作詞、堀内孝雄氏作曲のアリスの歌である。
以前、よくカラオケで歌ったことがあったっけ。
この歌の、郷愁と哀愁と望郷の念が入り混じったような感じが好きだったのだ。

この頃はカラオケスナックへ行ってないので、この歌を口にすることは無くなった。
眠れない頭でこの歌詞を思い浮かべていたら、なにか変なことに捕われてしまった。


以下、ちょっとアリスの歌詞を引用する。

「心を閉じたまま暮らしていこう、遠くで汽笛を聞きながら、なにもいいことがなかったこの街で」

私の場合。
今、私は、眠れない布団の中で、遠い場所で鳴っている汽笛の音を聞いている。
それは、遠くで聞いているのではなく、私が今ここで、この布団のなかで汽笛の音を聞いているのだ。
聞いている私は、ここ。
鳴っている汽笛は、遠くのJR東北線の線路上。
ではアリスの歌の、汽笛を聞いている「主人公(語り手)」は、どこにいるのだろう。 「遠くで」という歌の文句から察するに遠く離れたところで、「主人公(語り手)」は汽笛の音を聞いていると思われる。

その遠くで汽笛を聞いている場所は、ここ(暮らしていこうとしている「この街」)とは遠く離れたところである。

この街から遠く離れたところで汽笛の音を聞きながら、同時に、この街で暮らしていこうという「主人公(語り手)」の歌なのだ。
つまり主人公は、かなり距離の離れたふたつの場所に、同時に存在していることになる。
これは、かなりシュールな詩であると思うのは私だけだろうか。

こんなシュールな詩になっている原因は何なのだろう。
それはふたつの「で」であると私は思う。
ふたつの「で」がふたつの場所を示している。
「遠くで」の「で」と、「この街で」の「で」。
この「で」は、「・・・・において」という意味の、動…

そろそろ色づき出した八甲田の紅葉

イメージ
八甲田の山が色づき出した。

これから本格的な八甲田の紅葉が始まる。
今はまだ緑が優勢だが、ところどころに赤や黄色や橙が混じっている。
紅葉の存在感が、笠松峠あたりから静かに広がっているのだ。

快晴の青空がまぶしい。
この青空が紅葉の色を鮮明にする。
青空の光に誘われて、各色が染み出す。
昼の太陽光と夜の冷気が八甲田の紅葉を仕上げる。

それは、まだ先の話。
来週後半はちょっと冷え込むという天気予報。
来週後半から見ごろを迎えるのかも知れない。
2015年秋の八甲田の紅葉。




朝の写真だから、ちょっと色が冴えない。
紅葉は、陽が高く登ってから見るに限る。
山の上の方では、標高1000m前後の、毛無岱(けなしたい)の紅葉が6~7割程度だという噂。

かくいう私は、花より団子。
紅葉よりキノコ。
サモダシ、ナメコ・・・・・・・・。







ナメコを残してきた倒木へ行ってみたら、誰かに採集された後だった

イメージ
キノコ連休の最終日。
ナメコの倒木を目指して、早朝から山へ。
しかし、期待したナメコは採りつくされて、成長ナメコの姿は無い。

茎の切り口の、酸化の具合から、おそらく昨日採集されたと思われる。
茎がだいぶ太っていたので、食べごろに育っていたのだ。
大量の美味しいナメコは、見知らぬ人の手に。

残念だが、仕方がないこと。
私も、人が残しておいたナメコを運よくゲットして、その人を悔しがらせたことがあったかもしれない。

この時期ナメコの幼菌は一晩で1.5~2倍の大きさに成長する

イメージ
きのう採り残したナラタケ(サモダシ)を回収しに再び山へ。
秋の連休(シルバーウィーク)はキノコウィークとなりつつある。

再び倒木とご対面したら、ナメコは採られずに健在だった。
ひと安心。
ナラタケもそれなりに大きく育っていた。

ナメコの成長は、思ったよりも早い。
昨日より一回り大きくなっていた。
一晩で1.5~2倍の大きさに成長。
大きくなって、一段と輝きを増している。

今秋の青森地方の山はナラタケ(津軽地方名:サモダシ)が大豊作

イメージ
今年の秋はナラタケ(津軽地方名:サモダシ)が大発生しているという噂。
大量の収穫を期待して山へ入ると、期待通りであった。
噂は本当だった。

いつもはナラタケが付いていない倒木にも、ナラタケが頭を出している。
森の中を歩いて見かけた倒木の約7割に、量の多少は別にして、ナラタケの発生が見られた。

細い枯れ枝や枯葉からもナラタケが発生。
こういう発生の仕方が、大豊作である証拠。




いろんなナラタケが出ていたが、今年の特徴はクロゲナラタケ(津軽地方名:ケサモダシ)の発生が目立って多いこと。

クロゲナラタケは主にブナの倒木に多く発生する。
傘には黒褐色の鱗片が目立つ。
鱗片は傘の頭頂部ほど密。
ヒダは、他のナラタケ類にくらべてやや密な傾向。 ヒダの色は成長するにつれて褐色味を帯びる。 柄は中空で、綿毛状の消失しやすいツバがある。 全体に乾いた感じで、粘性が無い。 乾燥してしまったナラタケといった印象であるが、味は他のナラタケ類と変わることが無く美味しい。
















帰り道で、下の写真のような、大きなブナの倒木を発見。
食べごろのナラタケと、ナメコの幼菌が大発生していた。

もうリュックがナラタケでいっぱいだったので、少々頂いて、今日のキノコ採りはおしまいに。
残りのナラタケは、明日頂戴することにした。
そのとき、ナメコの育ち具合も見ることが出来るし。

ここは、あまりキノコ採りの入らない場所だから、明日も残っているに違いないと確信。
キノコが無いと言われている場所でキノコを採る楽しみ。
それが満喫できた一日だった。
山の恵みに感謝。
今秋の津軽地方は、ナラタケが大豊作の最中。










背が高くなったら上の枝がちょん切られるポプラの運命

イメージ
犬の散歩の途中、公園のポプラの上部がちょん切られているのに気がついた。
ポプラは、地下の根を大きく張らないために倒れやすい。

この剪定は、背が高くなったポプラが、強風で倒れるのを防ぐためのカットなのだろう。
以前、公園のヒマラヤスギの剪定のことを記事にしたことがあった。

高い木は、風当たりが強い。
ポプラの大木が強風で倒れたら、人を怪我させたり、建物を壊したりする。
このポプラの痛々しい姿は、安全のための「危険防止剪定」された姿なのだ。

9月の、秋が深まりつつある時期の田舎館村「田んぼアート」の変化

イメージ
弘前の帰りは、また田舎館村の「田んぼアート」に寄り道。
8月23日からの稲の成長とともに、絵はどんなふうに変化したのだろうという興味心があったから。

平日の今日は、8月23日の日曜日と違ってガランとしていた。
見物客は、次々と来ていたが、立って並ぶこともなくスムーズに展望所へ。

この間の強風で、米が実った「青天の霹靂」は、茎が倒れている個所が目立つ。
他の観賞用の稲は無事だった。




今日は、上空に雲が多いものの晴れた良いお天気。
遠くの山々を見渡すことが出来た。
津軽富士の岩木山もくっきりときれい。

さて「田んぼアート」。
果実である米が実って、稲が枯れ始める時期なので、この前に見物した時ほどの鮮やかさは見られなかった。
特に赤系統と黄色の退色が著しい。

下の方に比較写真を置いたので、見比べれば一目瞭然。
水田の稲の葉が、まだ青々としていた頃の方が、色彩が鮮やかで見ごたえがあると思った。




ただ、こんな枯れた感じの絵も良いものだと思う方もいらっしゃるかも知れない。
色の鮮やかさよりも、渋さが好きという方は、9月から10月にかけての「田んぼアート」が良いかもしれない。
稲の種類による際だった色彩を楽しみたい方は、7月中頃から8月中頃までが見ごろ。

秋の深まりとともに、これからの「田んぼアート」はどんどん脱色して、「枯れ絵」になっていくことだろう。
その絵の変化が、収穫の秋への過程を示している。








さくら野百貨店弘前店で癒し系キャラクターのスヌーピー展を見物

イメージ
弘前での用事のついでに、さくら野百貨店で開催されている「スヌーピー展」を見物。
スヌーピーは、知らない人がいないと言ってもいいほどの、有名な人気キャラクター。
アメリカの漫画「ピーナッツ」に登場するビーグル犬のキャラクターである。

「スヌーピー」という漫画は無い。
スヌーピーは漫画「ピーナッツ」に登場する犬なのだが、「ピーナッツ」よりもスヌーピーの方が知れ渡っている。

犬のくせに趣味が変装、スポーツ、小説の執筆などと、ほとんど人並みの能力を持っている。
作者はアメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツ氏。
スヌーピーが漫画「ピーナッツ」の主人公のように思われがちだが、チャーリー・ブラウン少年がこの漫画の主人公。 スヌーピーは彼の飼い犬である。

万緑のなか、桜の紅葉が始まっている

イメージ
桜の紅葉が始まった。
この頃、朝晩がめっきり涼しくなり、そろそろ、桜の葉が色づくのではと思っていたのだが、案の定。

桜の紅葉は、他の木よりも一足早い。
一本の木で部分的に紅葉が始まる。

まだ青々とした葉があるうちに、ところどころ色づき始める。
その深緑と赤のコントラストが見もの。

緑と赤を交互に見比べ。
夏と秋を交互に懐かしむ。

ブログとは「生活の方法」発見のためのツールです

イメージ
このブログの最初のタイトルは「生活の方法」でした。
それが、いろいろな思いに駆られて変化し、今はごらんの通り「雑談散歩」というタイトルになっています。
このことについては、ブログの「プロフィール」ページに若干のメモがあります。
「雑談散歩」という「お題」も、未来永劫このままということは無いでしょう。

鴨長明の「住宅論」ではないですが、「しかも、もとの水にあらず」です。
ブログも、川の水のように流れていくものだと思っています。
もしブログが「仮の宿り」だとしたら、ブログは鴨長明の「住宅論」に当てはまるかも知れません。
「たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる」 この疑問に対する明快な答えが、私にはあります。 「すなわち、ほかならぬ私の生活のために」です。

「上木おちる」って何?「おちる」って呪い?「頭上注意・落枝危険」警告の効果的な方法

イメージ
犬の散歩で、ちょっと遠出。
堤川沿いの堤防の道を上流に向かって歩いていたら、左の写真にある「注意書」に遭遇。

「上木おちる」という文字を、四角い線で囲ってあった。
そして、「矢印」のような白いペイント。
私は離れた場所で、この「上木おちる」を「上木みちる」と誤読してしまった。

なんで人の名前を、道に落書きしているんだろう?
「上木みちる」って芸能人かな、これは表札の代わりかな、なんて変なことを考えたり・・・・・。

埋立地に生育している絶滅危惧種「オオアカバナ」のその後

イメージ
先月の15日に見つけた絶滅危惧種のオオアカバナが咲いている場所を、犬の散歩がてら見に行った。
すると、なんとボリュームアップしているではないか。

この前よりも枝を多く出して、株が広がっている。
オオアカバナは湿潤な地を選ぶ。
河川敷がもっとも多い生息地となっている。
それなのに、石ころだらけの生育条件の悪そうな土地で、絶滅危惧種のオオアカバナは健在だった。

この埠頭は埋め立てて造られた。
その土のなかに、オオアカバナの種子が混じっていたのだろう。
湿潤な土地の土が埋立地に運ばれ、その上に砕石がバラまかれ。
それでも、地面近くにあった種子が発芽して、一株のオオアカバナが花を咲かせた。




草の丈は、60センチほど。
高さ1.5mぐらいまで伸びると言われているが、ここは海からの強い風が吹く場所だから、そんなに大きくはなれないかもしれない。

濃いピンク色というか、薄紫色というか、割と見栄えのする花を多数咲かせているのに、よく摘まれないで残っていたものだ。




この様子から、高くは伸びないが平面的に広がりそうな勢いを感じた。
下の写真のような細長い棒状の果実(長角果)から種子が散布されれば、あたり一帯にオオアカバナの株が増えて、ここは群生地になるのではあるまいか。

現在、新潟県、福島県、青森県でしか見ることが出来ないと言われているオオアカバナ。
「山野の花実~北信州と周辺~」というサイトの、今年の8月20日の記事「南信州~オオアカバナ」のページには、草丈1メートル以上のオオアカバナの群生地が発見されたとある。

長野県では、唯一の自生地が洪水によって流され、消滅したとのことであるが、別の場所で再発見されたようである。
絶滅危惧種であると同時に、繁殖力の強い植物でもあるのか? とすれば、条件さえ整えば、どんどん繁茂する草のようにも思えるのだが。
こんなに力強く生きているとは思わなかった。
今後も見守っていきたい草である。 まずは、風のない日をねらって、もっとましな写真を撮らなくては。




◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク