投稿

1月, 2016の投稿を表示しています

山へ登ればパウダー天国、鳥海山(岩木山)の南斜面がすばらしい

今日は岩木山百沢スキー場で、テレマークスキークライミングパーテー(略称テレクラ)のスキー会。
去年に引き続いて2回目の「催し」である。

スキー場で滑る者あり、山へ登る者あり、温泉へつかる者ありで、昼の集合時間までの過ごし方はめいめい様々。
ちょっとスキー場で滑って、そのあと温泉でのんびりする者も少なく無く、テレクラ創立メンバーの高齢化が進んでいる。

私は若手メンバーにお供して、百沢スキー場第2リフト終点(標高735メートル)からハイクアップ。
若手がラッセルしてくれたおかげで、終始ヤブ漕ぎなしの圧雪面(トレース)を登ることができた。

登り始めは曇り空だったが、徐々に晴れたり曇ったりという天候。
陽が射し込んでも、山頂部は雲におおわれたままだった。
岩木山特有の広大な景色を久しぶりに見ることが出来たが、残念なことにカメラを忘れた。
せっかくの岩木山スキーハイキングの記事に、岩木山の写真が無いのは寂しい。

コースは、百沢スキー場ゲレンデ延長の尾根を登る。
この尾根は、山麓で蔵助川(くらすけがわ)となる大沢の、左岸の尾根。
スキー場上部の灌木地帯からブナ林の中へ。
ブナ林の中間あたりから急傾斜になる。

ブナ林を抜けて尾根が細くなったあたり、標高1067メートルぐらいにある大沢の滝の上部を渡り、焼止ヒュッテのある尾根に移る。
さらに大沢右岸のダケカンバ林を登り、林が切れかかったところから鳥海山の無立木の大斜面を斜登高する。

登りの途中、ブナ林が切れて細尾根になったあたりで、後続のテレクラ三人衆が追い付いてきた。
彼らは、大沢の滝からトラバースして焼止ヒュッテの西側斜面に出ている。
その彼らが、上の斜面にいる私達にオイデオイデしている。

若手メンバーのリーダーが、スタート地点を決め、スキーのシールを外し滑降準備。
私のスキーシールであるゲッコフリーライドのテール部分の補強効果は良好だった。
滑降スタート地点は、標高1100ぐらいの無立木斜面。
広大な白い世界。
今は雲に隠れて見えないが、この斜面の上部に鳥海山の山頂と山頂直下の急斜面、それに続く大斜面がある。
すばらしいパウダー世界だが、同時に雪崩の危険をはらんでいる世界でもある。
天国と地獄。
私達が立っているのはその境目あたりだろうか。

下でお待ちかねのテレクラ三人衆目指して、いよいよ滑降開始。
Great snow sp…

師いわく、書くこととは

イメージ
師が言われた。
なんでも書けばイイ、と。

もうむずかしい本を読む時間もあるまい。
むずかしい事を書く脳もあるまい。
簡単なものを書けばイイ。
簡単なものこそ、多くの物好き達が求めているものなのじゃ。
些細なものでもイイ、書き続けることが大事。
書けば甘露の日和ありじゃ。

私が愛用している3種類の油

イメージ
私が、いろんな目的で愛用している3種類の油。
青森天然ひば油。ハッカ油。馬油 これらの油が持っているそれぞれの効能が、私にとって実際、大変役に立っている。
年齢が増している現在、これらの油無しでは生活できないほどである。
いわば、くたびれた肉体で人生を快適に暮らすためのアイテムとなっている。

考えてから書くか、書くことで考えるか

イメージ
考えてから書くか。 書くことで考えるか。 言葉を思い浮かべて、それを選んで並べて、イメージをつくる行為も、考えることのひとつだとしたら、(1)と(2)のそれは、どちらでも良いことのように思える。

書くことで考えることは、お手玉遊びのようなもので、やっているうちに脳が活性化するような気がする。

情報によって居場所を失いがちな想像力も、またいつか復活することだろう

イメージ
暇だから、ちょっとテレビでも見ようか。
というのが、いつのまにか時間を割いてテレビ番組に見入ったり。

小腹がすいたから、ちょっとお菓子でも食べようか。
というのが、口さみしいからとか美味しいからという理由で間食をくりかえしたり。

たまには夜のネオン街に出かけようか。
というのが、いつのまにか飲み屋に常連として納まったり。

クライミングスキン・ゲッコフリーライドの、外れやすいテール部分を補強(試作)

イメージ
2012年2月から、テレマークスキーのスキーシール(クライミングスキン)はゲッコフリーライドを使っている。
それまではポモカのシールを使っていたのだが、ポモカもいいがゲッコ(Gecko)の方が断然使い勝手がいい。

その理由は下記の通り。
チートシートが不要なので、滑走時にシールを収納するのに手間いらず。低温でも吸着力が優れていて、貼り直しも容易。登高力もまあまあ。グルー仕様ではないので、スキー板の滑走面に糊が残ることがない。

雲谷峠のバックカントリーでテレマークスキー

イメージ
昨日(23日)、奄美大島や九州をはじめ、西日本、北陸に記録的な大雪を降らせた大寒波。
それが北上してくるというので、今日の青森地方の天気予報は曇りのち雪。
40年に1度の大寒波襲来で、天候悪化が懸念される日曜日。
遠出は無理だと思い、近場の雲谷(もや)峠のスキー場裏から山頂まで登ることにした。

雲谷峠のスキー場であるモヤヒルズは青森市中心部からクルマで20~30分の位置にある。
ここへはシーズン初めの足慣らしによく来る。
八甲田や滝沢の山へ出かける時間的な余裕がない場合とか。
これらの山の天候が芳しくない場合、私は雲谷峠のバックカントリーを利用させてもらっている。

ついに青森市の積雪の深さが100cmに達した

イメージ
本日7時、ついに青森市の積雪の深さが1メートルに達した。
写真にて、ご覧あれ。
家の周りはあちこち雪の山。
冬の青森市の雪景色が展開している。

ちなみに、去年の冬に青森市内で積雪が1メートルに達したのは2月13日だった。

今日の朝9時ごろは陽がさして、青空が見えた。
穏やかな冬の日のようだったが、昼過ぎから曇りで少し雪。
ほんの少しの雪。

この18日から20日にかけて、主に関東地方の太平洋側や北海道に大雪をもたらした南岸低気圧。
その影響を青森市はほとんど受けなかった。
というか、天気予報通りの大荒れにはならなかった。
いたって穏やかな日々。

仕事中居眠りしそうになったときの、私の対処方法

イメージ
連日の雪かきで、ちょっと疲れがたまっている。
そのせいで、仕事中に眠くなることが度々。

特に昼食後。
石油ストーブで温かくなった部屋は、居眠りに最適。
独りでパソコンに向かっていると、いつのまにかうつらうつらしてくる。

そんな時は、ストレッチとか軽い運動で眠気が消え去ることもある。
外に出て、冷たい空気にちょっと触れたり。
これも有効。

雪の中の可愛い笑顔

イメージ
青森市の今日の最深積雪は、84cm。
どこもかしこも雪だらけの、青森の冬となった。

愛犬の散歩のついでに、以前訪れた「遊歩道緑地」の子どもブロンズ像を覗いてみた。
板で雪囲いされているものの、銅像は写真のように頭だけ出ている状態。
可愛い笑顔は相変わらず。
まるで、降り積もった雪を楽しんでいるようだ。

八甲田ロープウェイスキー場フォレストコースを登って北八甲田前岳方面へ

イメージ
東京あたりに住んでいる八甲田パウダーファンは、八甲田山のふもとで暮らしている青森市のスキーヤーをうらやましがるに違いない。
八甲田山の広大なパウダーゲレンデまで、自動車で20~30分も走れば、着けるのだからと。
だが、そんな結構な地元でも、地元には地元の事情がある。

なにしろ青森市は、人口30万人規模の都市としては世界一の豪雪地帯。
朝起きて、颯爽と銀世界へ飛び出すという訳にはいかない。
夜の間に家の前に降り積もった雪を片付けないと、山へは行けない。
まして夜中に除雪ドーザがやってきて、道路上の固まった雪塊を家の前に山のように置いていったら、人力での雪片付けは難航する。

スキーをするために、今回行った2つのこと

イメージ
ハッカ油と馬油 今日の天気予報は雪。
山は荒れそうだったので、八甲田国際スキー場で遊ぶ。
今回、スキーをするために行った2つのこと。
ハッカ油の水溶液をスキー靴にスプレーする。脚に馬油を塗る。
(1)ハッカ油で消臭と抗菌 足が汗をかくのは夏だけではない。 冬でも、足の裏は汗をかく。 まして、スキーのような激しい運動をしていると、密封状態のスキー靴の中はムレムレ状態に。
また足の裏は手のひら同様、緊張やストレスで汗をかきやすい場所でもある。

歩くと痛かったかかとのひび割れが馬油で改善した

イメージ
<去年の12月28日>
3日ぐらい前から、歩くと左足のかかとに痛みを感じるようになったので調べてみた。
すると、上の写真のように、かかとの角質が割れて、傷口の奥の方が赤くなっている。
かかとの角質と一緒に真皮も割れて、毛細血管がうっすらと赤みを帯びているのだ。
このまま進むと出血して、痛みも強くなることだろう。

このひび割れは、かかとの乾燥が原因だと思われる。
改善には保湿が必要。



そこで、馬油(ばゆ・ばーゆ)の保湿力を試してみることにした。
私が持っている馬油の注意書には、「傷や湿疹のある場所に使用しないでください」と書いてある。
幸いひび割れはまだ浅く、出血していない。

適量を手のひらに取り、足裏全体にうすく伸ばすように塗る。
その上に、普通の化繊の靴下をはいた。
これを一日一回。
塗り始めて3日目には、痛みが消えた。
足にある程度力をいれて踏んでもかかとが痛まないようになった。

重症化していなかったから、効果が早かったのだろう。
一般の保湿クリームでも良かったのかもしれないが、ベトベト感が長くまで続く。
馬油は浸透が良いので、ちょっと経ったらサラサラになる。
そこが馬油の気に入っているところだ。

<今日・1月8日>
馬油を足の裏に塗り続けて、今日(1月8日)で12日目。
下の写真のように、足裏の角質のひび割れは残っているが、不快な痛みは全く感じない。
ひび割れの奥の真皮が閉じたものと思われる。

ところで、かかとのひび割れの原因は乾燥ばかりではない。
足裏にかかる体重の刺激も原因のひとつ。
刺激で角質が厚くなり、厚くなり過ぎた角質が刺激で割れる。
私のかかとは、山歩きやスキーで多くの刺激を受けている。
皮膚が乾燥しやすい冬期にひび割れしても不思議ではない。

いま一つのかかとのひび割れの原因は水虫によるもの。
いちばんやっかいな原因である。
これだと馬油では治らない。
皮膚科へ通っての治療が必要であるとか。

とりあえず、私のかかとのひび割れは馬油で改善した。
この冬も快適にスキーが楽しめることだろう。

このかかとが、夏場に皮がむけてくるようなことがあれば、水虫を疑わなければならないという。



納豆かけご飯を食べようとしたが、ご飯をやわらかく炊きすぎて困った場合

朝食で納豆かけご飯をいただくことが多い。
納豆は好きだし、納豆とご飯の相性が良いので、ご飯が美味しいのだ。

刻みネギをたっぷり混ぜた納豆を、少々かために炊いたご飯の上にかける。
朝から食欲が増して、納豆かけご飯は一日の元気の源となっている。
また、納豆は腸内環境を良好にすると言われているから、大腸ポリープ持ちの私にとって、積極的に食べるべき食品でもある。

ところが水加減に失敗して、ご飯をやわらかく炊きすぎてしまった。
お粥とまではいかないが、かなりやわらかく、ベチャベチャした感じになっている。
こういうご飯に納豆をかけるのは、ちょっとためらいが生じる。

私が愛食している納豆はやわらかめ。
ねばねばが控えめなやわらかい納豆はかためのご飯に良く合う。

雪の少ない小川原湖と白鳥

イメージ
青森市内は小雪。
上北方面は、曇りときどき晴れ。
愛犬を連れて、雪の少ない上北町へドライブ。
小川原湖の南岸にある小川原湖公園を散歩した。

小川原湖公園付近の湖面は、まだ凍っていない。
2013年の2月11日に訪れた時は、南岸も少し凍っていたのだが。
このときは雪の多い寒い冬で、小川原湖北岸は岸から150メートルぐらい先まで凍っていた。




去年の2月15日に小川原湖に来たときは、暖冬のせいで北岸も凍っていなかった。
今年の正月は去年よりも雪が少なくて暖冬傾向が強い。
今年の小川原湖の氷結具合はどうなるのだろうか。

湖水浴場付近の湖面に2羽の白鳥がいた。
「小川原湖のハクチョウ」は県天然記念物となっている。
シベリアやサハリンなどの、生息地の水面が凍結して、採餌が出来なくなると青森県などに飛来するという。
小川原湖周辺の湖沼群は、白鳥にとって中継・休息地であるらしい。
飛来する白鳥は、11月~12月に多く、その後次第に減少して2月~3月に再び多くなるという。 主に北岸で白鳥の数が多く見られるらしいが、私は小川原湖で白鳥を見たのは初めてである。
2014年の正月は、雪の十和田湖で白鳥を見た。 そのときも、一組のつがいだけだった。
正月といえば、絵的には鶴が採用されることが多い。 タンチョウの体の白と頭部の赤が、正月のイメージに合うからだろうか。 白鳥も華麗だが、タンチョウは華麗で繊細で美しい。
白鳥は正月のイメージよりも、「冬の使者」というイメージが濃い。 11月の初め頃、空を飛んでいる白鳥の群れを見かけると、冬の到来を実感するようになる。 そういう白鳥は、青森県の県鳥になっている。 青森県警のパトカーにも白鳥のマークがレイアウトされていたり。
それはともかく、冬の小川原湖は今回で3度目だが、白鳥の飛来地として有名な小川原湖で白鳥を見たのは初めて。
こんなに雪の少ない小川原湖を見るのも初めてである。











正月2日、八甲田国際スキー場で初滑り

イメージ
今日が、今シーズン初滑り。
モヤヒルズが小雨もようだったので、八甲田国際スキー場まで雪の山岳道路を上がった。
八甲田国際スキー場は、リフト始点で標高660メートルぐらい。
天候は曇り時々雪。
リフト始点が標高250メートルのモヤヒルズとは様子が違う。

本日の積雪は1メートル。
例年よりはるかに少ない。
滑走可能コースは、山に向かってリフト右手のふりこ坂コース(最大斜度27度)と寒水沢コース(最大斜度23度)。
リフト左手のスラロームコース(最大斜度30度)は、部分的にブッシュや岩が顔を出しているところもあるが、通しで滑ることが出来た。

もっとも急傾斜の国見坂ゲレンデはブッシュや岩が露出していて、ほとんど滑走できない。

元日の青森港新中央埠頭と「埠頭を渡る風」について

イメージ
青森市は、年の暮れの26日から29日まで、まとまった降雪があった。
今まで無積雪状態だった青森市に、本格的な冬が訪れたのだ。

青森市から陸奥湾に突き出た形の新中央埠頭も、ようやく雪をまとって冬景色。
今では、冬の寒風が吹き過ぎるなか、訪れる人もいない。

アスパムの駐車場に車を置いて、新中央埠頭を犬と一緒に散歩した。
元日の青森市内の積雪は、44センチ。
新中央埠頭は、足首から10センチ上ぐらいの雪やぶ漕ぎ。
ここは風が強い場所なので、市街地よりも積雪が少ない。
だだっ広い埠頭を、犬は喜んで走り回っている。

一年の始まりとして、情緒的な価値がある旧正月

私が生まれ育った津軽半島の寒村。
そこでは、私が小学生の頃まで、正月は旧正月と決まっていた。
今から50年ぐらい前の話である。
そう、半世紀も前の話になるのだが。

その頃、日本中の大部分は、太陽暦(グレゴリオ暦)で正月(新正月)を祝っていたらしい。
私の村では、まだテレビが普及していなかった。
なので、カレンダーの上での元日と言っても、正月ムードはほとんどない。
新正月は都会のもの、村の正月は旧正月と割り切っていたのだった。
もちろん初詣などの正月の行事も旧暦通り行われた。

スポンサードリンク

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする