2020年 7月のアーカイブ

草かと思っていたらキササゲという名の木だった

キササゲの花。 愛犬の散歩の途中で見つけた植物。 住宅街の側溝から生えていた。 背丈は2メートルぐらい。 ずいぶん背の高い草だなと思って写真を撮ったのだが、インターネットで調べてみたら木だった。 キササゲというノウゼンカズラ科の樹木だった。 背丈が15メー...

素晴らしいヒバ林のある高地場山

高地場山(459m) 山行略図。 天気予報は曇りだったが、予報に反して晴れ間の多い、いいお天気の一日になった。 今日は滝沢山地(東滝沢山)の高地場山(標高:459m)へ散歩。 2018年9月29日以来の、無雪期高地場山ハイキング である。 高地場山の山頂から南...

山の中のムラサキシキブの花

ムラサキシキブの花。  愛犬の散歩コースになっている公園の脇に、以前、空き地があった。 その空き地にコムラサキシキブの低木があって、散歩でそこを通るたびに、 花を楽しんだり 、 きれいな紫色の実を楽しんだり していたのだった。 3年ぐらい前にその空き地に建物が建...

低山ではめずらしいクルマユリの花

クルマユリの花。 高地場山山頂(標高:459m)へ向かう 尾根の途中(標高250mあたり)でクルマユリの花を見つけた。 二株だけポツンと咲いている。 クルマユリは亜高山帯で生息する植物。 滝沢地区のような低山帯ではめずらしい。 葉が輪生しているのと、花びら...

花が可愛いクサフジ

クサフジ。    高地場山(標高:459m)の登山口 であるコンクリート橋に向かって、三面護岸された平沢沿いを歩いていたら、クサフジの花が咲いていた。 ちょっとした群生になっている。 クサフジは、容姿の雰囲気がツルフジバカマに似ているが、ツルフジバカマの花穂(か...

名前のイメージと違って可憐な花、ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ。 青森市滝沢地区の高地場山(標高:459m)の登山口 へ行く途中で見つけた野草。 ミゾソバ によく似ている。 でもミゾソバにしては、花の咲くのが早い。 ミゾソバの花期は、青森では夏の終り頃から秋の初めである。 足を止めて、写真を撮りながら...

平沢沿いの野に咲いていたクララ

クララが咲いていた。 滝沢山地の平沢 沿いの道端にクララの花が咲いていた。 クララといえば、「アルプスの少女ハイジ」の物語に登場するお金持ちの令嬢の名前が思い浮かぶ。 そのイメージが強いせいか、クララはアルプスからの帰化植物かなと思ったり。 でも、図鑑(山渓カラー名...

平沢林道から平沢へ

平沢散歩行程図。 今年の春(残雪期)に見た平沢林道の状態 を、雪のない時期に見ようと、林道を散策した。 平沢林道は、開けた谷の野原から谷が狭まる山間部へと通じている。 山間部に入ると緩い傾斜の登りになる。 登るに従って、平沢は深い谷底に隠れて見えなくなる。 ...

滝沢の409峰を目指したが雨で引き返した

行程略図 雨模様だったので、滝沢の近場を歩こうと409峰まで登ることにした。 409峰へは、2013年1月20日にスキーで急斜面を登って行った ことがある。 409峰の山頂部は、ヒバの森になっていた。 あのヒバの森を無雪期に眺めたいと思って、急なヤブ尾根を登った...

広告

広告