ページ

2012/12/25

公園の夜の幻想を照らす外灯

公園の丘の向こうで外灯がまだ灯っている。
朝の8時頃に、犬の散歩に公園に行ったら、まだ外灯が灯っていた。

曇りの朝の薄明かりのなかで外灯の存在感が際立っている。
葉を落として、すっかり丸裸になった公園樹の命の灯火のような在り様。

冬の朝に外灯が灯っていると、あたりが、より一層幻想的になる。
だから、冬の朝の外灯の写真はよく見かける。

紅葉した桜の葉の輪郭切り抜き写真(ダウンロードフリー)

紅葉した桜の葉。
紅葉の季節に撮った桜の葉の輪郭を切り抜いてみた。

こういう写真は、輪郭切り抜き写真とも、輪郭切り取り写真とも、輪郭カット写真とも呼ばれている。

被写体の輪郭を切り抜いた写真は、webでは装飾とかワンポイントに使えるので便利だ。

イラストとは違った味わいがあるので面白い。

切り抜きに使ったソフトは、Adobe® のPhotoshop®という有料の画像加工ソフト。

画像切り抜きソフトは、いろいろなフリーソフト(無料)が出回っているようだが、Photoshop®は仕事で使い慣れているので、手軽にできる。

上の画像はPNG(ピング)というファイル形式で保存されている。

PNGは夢の画像形式と言われ、「 GIF に取って代わる次世代の標準フォーマット」とも言われ、普及は確実と言われて久しい。

PNGは、背景が透明に出来るので、webにはなじみやすい。

もちろんGIFも背景の透過は可能だが、私はPNGの方が仕上がりがきれいだと思っている。

好みは人様々なので、これは私の個人的な意見に過ぎないのだが。

この桜の輪郭切り抜き写真は、ダウンロードフリー。

お気に入りの方がいらっしゃれば、ダウンロードして、webでお使い下さい。

ウェブサイトのリンクボタンやスイッチボタンに使えるかも知れません。

写真をクリックして拡大すると、切り抜きの仕上がり具合がよくわかる。

今回は、急ぎ仕事だったので、拡大すると粗が目立つようだ。

2012/12/16

公園の、雪囲いされないイロハモミジ

イロハモミジ
池の中島のイロハモミジ。
今日の青森市内は、みぞれ混じりの寒い一日となった。

右の写真は、数日前に撮ったもの。

このとき積もった雪は、今はすっかり融けてしまっている。

カラーで撮ったものだが、ご覧の通り、モノクロームの世界となっている。

写真の枝ぶりの良い木は、公園の池の中島に立っているイロハモミジ。

枝にボリュームがあるので、新緑も紅葉も見事な木である。

どこかの庭園に立っていても、他の庭園樹と見劣りしない姿の良さだと私は思っている。

庭園に関しては全く素人なので、そんなに良い姿では無いかも知れないが・・・。

細い枝の密度が濃いので、雪の積もり方もそれに合わせてボリュームたっぷりだ。

まだ冬の入口なので、この程度の積雪で済んでいるが、本格的な時期になれば、このイロハモミジの枝に、重みたっぷりの雪が押しかかることになるだろう。

それなのに、積雪の重みからの枝折れを防ぐ棒材の突っ張りが施されていない。

去年も一昨年もけっこうな積雪があったのに、この木は、枝が折れたような形跡が無い。

こんな無防備な状態で枝が折れないとは、イロハモミジの枝はよっぽど丈夫なのだろう。

そう思ってネットで調べてみたら、そうではなかった。

イロハモミジの枝はもろくて折れやすいとある。

だが、「枝先をよく伸長してシュートを形成しやすい。」ともある。

「シュート」とは「徒長枝」のことで、幹や枝から伸び出した新しい枝のことであるらしい。

であるから、写真のイロハモミジは冬場ノーガードでも、こんなにボリュームがあるのだろう。

庭園樹の姿の良さは、枝のボリュームで決まるわけではないだろうが、この写真の木はこんもりとした味のある木だと思っている。

公園の、雪囲いされないイロハモミジの、野性味を帯びた姿だ。


2012/12/15

公園の遊具の雪囲い

遊具の雪囲い。
「公園のゆるキャラの遊具」で紹介した遊具が、雪が降る前にブルーシートで雪囲い(?)されていた。
ブルーシートに包まれて、黒と黄色のトラロープでグルグル巻きにされた姿はどことなく異様である。

2012/12/14

落葉しないモミジ(カエデ)の葉

公園の雪景色
公園の雪景色。
公園の初冬の雪景色の中で、枯れ葉になっても落葉しないモミジがあった。

周囲の木々の葉は、針葉樹や常緑樹以外は、もうとっくに枯れ落ちてしまったのに、このモミジだけが落葉しないで雪をかぶっている。

上の写真にある道の左側は、モミジ並木になっていて、晩秋には一様に赤く色づいていたのだ。

2012/12/10

雪だるまの孤独

雪だるま
悲しい雪だるま。
行き止まって立ちつくし、やがては消える雪だるま。


行き止まって往き黙る雪だるま


黙って消えていくのが雪だるま。


雪だるまのまま留まる方法は無い。


消えかかって、何時から雪だるまでなくなるのか。


雪だるまが崩れて雪塊になるとき、その雪原に雪だるまの孤独が立っている。


消えた孤独は、いつまでも立ち続けるだろう。


それでも、春の若草に心癒されることがあるかも知れない。


足の無い雪だるまの悲しさは、生まれた場所が行き止まりという自らの運命。


雪だるまの悲しさは、自身の運命について、何も語れないという悲しさ。


行き止まって往き黙る雪だるま。




植木の雪囲いに雪が積もる

三角囲い?
「植栽のいろいろな雪囲いの仕方」「植え込みの雪囲いの方法」に登場した雪囲いの上にちょっと雪が積もった。
雪が降ると雪囲いは、植栽を守る造作としての存在感を増しているように見える。
雪に埋もれる前の「雪囲い集落」のオンパレードのようだ。
雪囲いの様々な方法が、様々な家屋に見えてくる。
写真のほとんどは、落葉しない常緑樹であるから、雪の重圧で枝が折れないように、「頭上」の防御に力を入れている。

2012/12/08

青空に映えるナナカマドの赤い実

青空をバックに赤いナナカマドの実。
正午過ぎに海端の公園を散策中、赤い実をたくさん付けたナナカマドの木を見つけた。

この時刻は、青森市内は、まだ青空が広がっていた。

明るい光をたくさん受けて、ナナカマドの赤い実がきれいだ。

「ナナカマド」という木の名は、漢字では「七竈」と書くらしい。

ナナカマドは燃えにくい木で、七度竈に入れても燃え尽きないことから、この木を「ナナカマド」と呼ぶようになったという説は有名である。

また、七日間竈に入れることで極上の炭を得ることができるため「ナナカマド」という名になったという説もある。

どちらも、ナナカマドが非常に燃えにくい木であることを示している。

木も燃えにくいが、赤い実も腐らない。

ナナカマドの葉がまだ緑色しているころから実は赤くなり出して、紅葉が過ぎて、雪が積もる頃になっても、ナナカマドの実は美しい赤のままである。

これは、ナナカマドの実の成分にソルビン酸という物質があって、この物質のおかげで、ナナカマドの実はいつまでも美しい赤を保っていられるのだという。

ナナカマドの実は、緑の葉陰で美しく発色し、紅葉の赤に溶け込み、葉が落ちて実が白い雪を被っても赤く輝いて私たちの目を楽しませてくれる。

雪の降り積もった公園で、青空に映えるナナカマドの赤い実を眺めていると温かい気分になってくる。

写真の木の実の付き方が多いのか少ないのか私には分からないが、ナナカマドの実が多く付く年の冬は大雪だという言い伝えがあるらしい。

今シーズンの冬が大雪であるかどうか・・・それは、そうなってみなければ分からない。

ナナカマドの実。
ナナカマド。

2012/12/05

雪をかぶったサンシュユの赤い実

サンシュユの赤い実。
公園の池の中島にあるサンシュユが、すっかり葉を落としていた。

紅葉した葉の影に隠れていたサンシュユの赤い実が、姿を現している。

今日は、朝から雪模様。

サンシュユの小さな赤い実に雪が積もって、冬の静かな情景になっている。

2012/12/04

初冬の公園で色彩が薄らいでいく落ち葉

落ち葉。
初冬の公園の、黒いアスファルトの歩道に落ちた落ち葉の写真。

まだ色彩が残っているが、これからだんだんと黒っぽい褐色の枯れ葉色に変わっていくのだ。

落ち葉の1枚1枚が言葉のように地面に散らばっている。

雄弁な季節が終わって、無言の冬に入るという落ち葉の言葉かも知れない。

じっと下を見て、言葉の葉を探してみたが、ついに見つからなかった。

落ち葉は言葉としての姿を現さない。

ひそひそと言う、落ち葉の言葉に耳を傾けると、「ありがとう」とも聞こえるし「さようなら」とも聞こえる。

どちらも別れの言葉のようだ。

うつむいて何かを言おうとしたら、言葉が落ち葉になってしまった。

色あせた言葉の落ち葉だ。

はらはらと口からこぼれて、あたりが静かになった。

少し黙ってみないか、と落ち葉が言っている。

少し黙って、本当とか嘘とか、そういうものでは無い言葉を探してみないか。

本当とか嘘とか、そういうものは腐る。

私たちは腐るけれど腐らない。

ありのままの言葉は、熟していく。

ありのままの言葉は知性の森を育てる。

ありのままとは難しいね。

いまあるありのまま。

刻々と変わっていくありのまま。

それを映しとるのが言葉だよ。

落ち葉がそう語っている。

万葉の昔から、そう語り続けてでもいるように。

2012年の、初冬の公園で色彩が薄らいでいく落ち葉だ。

それは猿オヤジの戯言さ。

コブシの冬芽(ふゆめ・とうが)

コブシの木の枝。
青森市内の公園は紅葉もほぼ終わり、落葉した葉が朽ちかけて地面に広がっている。

寒々とした光景のなか、厳しい冬が急速に迫っていることが感じられる。

冬になれば、きれいな花も無く鮮やかな色彩の葉も無く、丸裸の公園樹を見ても寂しいだけだと思われている御仁も多い事だろう。

だが、冬には冬芽(ふゆめ・とうが)がある。

こんな記事も読まれています

過去7日間の人気記事