2016/04/30

新雪が降った北八甲田「鳴沢台地」方面へスキーハイキング

昨日、八甲田山一帯に雪が降った。
降雪量は10~15センチ。
黄砂で汚れかけていた山の残雪が、白く雪化粧。
山は、冬景色にもどったような有様に。
大型連休の始まりに雪が降ったことで、なにやら活気づいたような山の印象。

2016/04/29

地方都市の「小悪な居酒屋」

ネットで「最悪の居酒屋」とか「最悪な居酒屋」というキーワードで検索すると、いろいろ出てくる。
最悪の舞台は、東京近辺の大型居酒屋が多い。
ぼったくられたとか。
料理が酷かったとか。
アルバイト店員の接客が最悪とか。
入店して40分経っても店員がオーダーをとりにこないとか。
様々。

2016/04/27

濃霧のなかを滑降、北八甲田高田大岳

スタート地点

下の行程図にある国道394号線の駐車ポイントからスタート。
スタート地点の標高は、778メートルぐらい。
まだ4月後半なのに残雪が浅い。
歩きはじめの雪の少なさは、この冬の降雪の少なさを物語っている。
ブナの木からの落枝が散乱して、そろそろこのコースもクローズかなという雰囲気。

2016/04/26

青森市桜川通りの桜並木

桜川通りの桜並木。
春の大型連休も間近な今日、桜川通りを通ったら、桜並木の桜が満開だった。

2016/04/25

靴底がはがれたテレマークブーツを接着剤で修復

テレマークブーツ
昨日の雛岳スキーハイキングで、右用のテレマークブーツの靴底が剥がれかけているのに気がついた。
滑りには影響のない破損だったので、通常通りスキーを楽しむことができたが、これは放ってはおけない。
15年間ぐらい使っていて初めての破損。
経年劣化もなく、今までよく酷使に耐えていたものだ。

2016/04/24

緩い斜面を登って急斜面を滑る北八甲田雛岳

先週雨模様のために途中で引き返した雛岳に再挑戦。
今日は、終日降水確率0パーセントの青天を約束された日。
時間に余裕があるので、駒込川の沢に沿った緩斜面をゆっくりと登った。
どこまでも続くブナの森に、ちょっと息苦しくなったころ、ブナの森が途切れて白い大斜面があらわれる。
天空が開けて、解放感に心が躍る。

2016/04/23

こんなところにカツラの幼木が

カツラの苗木。
家の西側の、砂利敷きの狭い通路に、カツラの幼木が育っていた。
幼木は1メートルぐらいの高さになっているから、去年発芽したものかもしれない。
家の者がほとんど通らない場所なので、今まで気がつかなかったのだ。

家から北西の方角に公園があって、その中ほどにカツラ並木がある。
家とカツラ並木との離れは100メートルぐらい。

2016/04/22

青森市で桜が満開

青森市内で桜が満開。
愛犬の散歩の道すがら、あちこちで桜の花を見物した。
公園から公園へ桜を見て回る。
刻々と変化する桜の花の様子。
今このときだけの「さくらまつり」。

2016/04/19

桜の花が咲き始めて、公園での散歩が彩りゆたかに

蕾
公園の桜の花が咲き始めている。
春がきて、あたたかくなって桜が咲く。
決して画期的な出来事ではないが、なにか新時代がやってくるような。
そんな気分にさせる桜の開花。

2016/04/17

曇天だが明るかった北八甲田「雛岳(ひなだけ)」をスキーハイキング

ブナの森。
お天気は昼前から雨という予報。
外れることを願って雛岳(標高1240メートル)へ。
曇り空のなか、青森市内から北八甲田の各山頂が見えていた。
曇ってはいるが山は明るい。
天気は、午前中はもつだろうと期待。

2016/04/16

5枚の桜の蕾の写真

桜の蕾。
桜の蕾が膨らんでいる。
開花に向けての準備が、急速に進められているようだ。
濃いめのピンクの蕾と、黒っぽい幹がよく似合う。
黒っぽいザラザラとした肌から、やわらかい花芽が膨らむ。

2016/04/15

未来か現在か、前向きか後ろ向きか

将来のことを気にする人は多い。
私も、将来のことについては、いろいろ考えることが少なく無い。
その一方で私は、今のこの瞬間を、それなりに生きれば良いとも思っている。
そうして生きていれば、それが未来(将来)につながる。

そういう未来からしか、現在(今)を考えられない。
現在できることを精一杯行う。
そのことによって出現する未来。
その未来によって決定された現在を生きる。

極端な話、人はいつか死ぬ。
そういう将来から決定された現在というものがある。
命があるうちは、将来のことなど気にせずに、現在を生きなければならない。

2016/04/13

夢の時間は騒然と流れていく、井上陽水「東へ西へ」

東奔西走。
井上陽水の「東へ西へ」を聴いていたら、「東奔西走」という四字熟語があたまに浮かんだ。
だが、「東へ西へ」は、仕事や用事のためにあちこち忙しく走り回るという歌ではない。
恋人と駅で待ち合わせて花見へ行くという歌なのだ。
その花見会場に着くまでの断片的な出来事。
花見会場に着いてからの断片的な出来事。
そんないくつかの出来事が、くっついて「物語」となっている。

2016/04/12

想い出のあとさき、井上陽水の「少年時代」

井上陽水の歌に、独特のムーブメントを感じる。
そういうファンが少なくないのではと思う。
そのムーブメントは、詩の言葉の躍動感である。
それが、世の中の動きや流れにうまく乗って、多くのファンを獲得している。
その軽快で陽気なメロディと独特の歌声で。

「政治」の言葉で時代を表現しなかった井上陽水。
彼は、独自のムーブメントで「政治的な時代」に迫ろうとしたのではあるまいか。

2016/04/10

南八甲田逆川岳(さかさがわだけ)山麓をスキー散歩

九重の滝。
晴れマークの今日は、南八甲田逆川岳の山麓をスキー散歩。

この山域は、逆川岳山頂(標高1183.6メートル)と横岳山頂(標高1339.6メートル)を結ぶ東西の長い稜線が特徴的である。
その横岳寄りの稜線から北方向の七沢に下っている大きな尾根筋がある。
そこを横岳山頂からのスキー滑降コースに出来ないものかと七沢に沿って歩いてみた。
七沢と、七沢に流れ込む大きな枝沢の合流点が尾根の終点。
そこまでのんびり歩いた。

想定したスキーコースは、実際に見た感じではあまり芳しくない。
木が混んでいる。
尾根終点の、V字状になっている沢を越えるのが難関。
二万五千分の一の地形図では、良さそうなのだが、現場を見ると、あまり快適ではなさそうである。
去年の横岳山行で見かけ、気になっていた「尾根コース」だったが、あれは幻だったのか・・・・・。

2016/04/06

探し物を探している夢、井上陽水「夢の中へ」

白い岩

探し物をしている夢を、たまに見る。

たいていは、自分が小学生だった頃が、夢に現れる。
教科書を探したり、消しゴムを探したり、ズックの上履きを探したり。

あるいは小学生らしく、なんとなく不確かな儚いものを探したり。
あるかないかわからないものに夢中になったり。

探し物は、とんでもない場所で見つかったりする。
まったく見つからないときもある。
夢の中で探し物をしている自分は、いつも小学生なのである。

しかし、夕べ見た探し物の夢はちょっと違っていた。
現在の自分が、探し物をしている夢なのだ。
しかも、探し物が何であるか分からない。
わからない探し物を、探している夢。

2016/04/05

なぜ散歩が流行っているのか

愛犬

散歩ブームが続いている。
それは、テレビの「散歩番組」の影響もあるのでは、と私は感じている。
たとえば、NHKの「お散歩系テレビ番組」では、笑福亭鶴瓶の「家族に乾杯」や、タモリの「ブラタモリ」。
「お散歩系テレビ番組」の走りと言われているテレビ朝日の地井武男出演「ちい散歩」。

「お散歩系テレビ番組」の存在
これらの番組は、日本の各地方を回り、人々の日々の暮らしを話題にしている。
地方の人々と、その普段着の暮らしぶりが番組で紹介される。
それが、その地方では日常のことなのに、テレビを見る人は新鮮な感じを覚える。
また、登場人物も、その地方の生活者で、いろいろと楽しい話を聞かせてくれる。
そこが番組の「売り」となっている。

2016/04/04

散歩とは何か

愛犬

散歩とは何かについて考えてみる。

たとえば私が愛犬と散歩に出る。
家の近所の公園から公園へ、30分から50分ぐらいかけて歩く。
はたしてこれは、私の散歩にもなっているのであろうか?

愛犬の散歩コースには、交通量の多い道路や、小学生の通学路がある。
愛犬は、わがままな大型犬なので、リードを握っている身としてはけっこう気をつかう。
他人の家の玄関先でオシッコをしないようにしたり。
ウンチの始末をしたり、大きな口からはみ出た涎を拭いてあげたり。
他の散歩している犬とのトラブルを避けたり。

スポンサーリンク