2014/11/30

「山は暮れて野は黄昏(たそがれ)の薄(すすき)かな」与謝蕪村

暮れかかる晩秋の山。


晩秋の山は早い時刻から暮れかかる。
山から下りて、山の方を振り返ったら、まだ陽は沈んでいないが、山は暗くなりつつあった。
背後の山が暮れていくのを感じながら、山麓の野を歩く。

黄昏の野に、ススキが黄金色に輝いている。
この温かそうなススキの薮に潜り込んで、一晩過ごそうか。


ススキ野。


山は暮れて野は黄昏の薄かな  
与謝蕪村

行くあても、泊まる宿もない旅。
背後から、ものさびしい闇が追ってくる。
やがてススキ野も、暗闇にとざされてしまう。

絶望にも似た焦燥感。
暗いススキ野の中で凍え死んでしまうのではないかという不安。

里へ下りれば人家があると思ったが、灯りも見えない。
山を下りる途中、朽ちた小屋を見つけた。
あの小屋にとどまるべきだったと思っても、もう遅い。

暗くなった山へもどるのは、ススキ野にいるよりも恐い。
暮れていく原野で呆然としている旅人の、平穏を失った心。

蕪村は、こういう心境を句にしたのでは無いかも知れない。
が、こういう状況に陥ったら、どうするか。


ススキの枯れ野。


ススキの上端を寄せて結わえ、小さな細長いドームを作る。
さらに、周囲のススキをナイフで刈り取って集める。
それをドームの壁に縫うように差し込んで、幾重にも補強する。
これで、雨が降っても大丈夫。
断熱効果もあるし。

ドームの奥にススキを敷き詰めて、寝床をつくる。
石を集めて炉をつくり、枯れ木を集めて、ちょろちょろ燃やして暖をとる。
人心地ついたところで、俳句を詠む。

山は暮れて野は黄昏の薄かな

絶望感が薄れて、ほのかな希望が湧いてくる。
こんな遊び心が無ければ、旅はやっていけない。

暮れ方に時雨れ。
でも、寒くは無い。

みのむしの得たりかしこし初時雨  
与謝蕪村


黄昏のススキ。


<関連記事>
蕪村しみじみ

2014/11/29

雨上がりのカツラの果実に、水滴がついて良い感じになっている

カツラの枝に水滴。
以前、カツラの果実のことを記事にしたことがあった。
カツラの果実は、小さな青いバナナのような形をしている。
これは、今年の初夏の頃、実を結んだものだ。
カツラの実は、雪が降ってもまだ枝に残っている。
果実は、成熟すると黒紫色になるから、青いうちはまだ熟していない。

2014/11/28

ピックアップのタイヤをスタッドレスタイヤに交換

タイヤ交換の準備。右の山積みタイヤがスタッドレス。


来週から雪になりそうなので、今日、ピックアップのタイヤ交換をした。
写真のスタッドレスタイヤは、今シーズンで三度目の冬をむかえる。
まだまだ、タイヤの溝も山もクッキリしていて大丈夫。
この冬も事故の無いように、と念じながら交換作業を行った。


スタッドレスタイヤの溝。


ちなみに、ハイラックス・スポーツピックアップ4WDエキストラキャブの標準タイヤサイズは255/70R15。
これは、タイヤ幅が255㎜、偏平率が70%、Rはラジアルタイヤであることの意、ホイール径が15インチということ。
タイヤの偏平率とは、タイヤの幅に対してタイヤ横面の高さがどれくらいあるかを、100分率で表した数値。
タイヤがどのくらい平べったいかを表していて、数値が小さくなればなるほど薄っぺらなタイヤになる。
軽自動車のタイヤの偏平率がだいたい55%。

ところで、もうひとつ。
スタッドレスタイヤのスタッドってどういう意味か。
スタッド(stud)とは鋲のこと。
したがって、スタッドレスタイヤ(studless tire)とはスパイクの無いタイヤという意味。
スパイクタイヤの使用は、粉塵公害による健康被害防止を目的に、1990年頃、法規制されている。
今から25年ぐらい前は、冬の雪道にはスパイクタイヤが使われていた。
そのスパイク(スタッド)が積雪の無い道で、舗装道路の表面を削って粉塵を発生させていたのだ。
規制されてから四半世紀。
今では、冬タイヤと言えば、スタッドレスタイヤのことである。

写真のスタッドレスタイヤのサイズは、265/70R15でけっこう重い。
タイヤホイールも組み込んであるから、持った感じで、24~26キログラムぐらいはある。

でも、4本のタイヤを手動で交換する作業は、私的には、そんなに大変な作業ではない。
作業時間は40分程度。

まだまだいける。
年2回の、ピックアップのタイヤ交換は、私の体力を予測するバロメータのようなもの。



スタッドレスタイヤの山。


タイヤ交換開始。

ずっと使われてきた言葉の周辺に、身近な風景のなかに、何かがある。

何かがある。


あるブロガーが、メールで私に問い合わせてきた。

自分はいつも、自分には何かがあると思っている、と。
自分には、言葉で表現する才能や、物事を見極める才能があると、いつもそう思いながらブログを書いているのだと。
そういう態度について、あなたはどう思うかという内容だった。

年若いブロガーは、老齢になりつつある「公園の散歩者」に、暇つぶしの質問を気まぐれに投げかけてきたのだ。

2014/11/27

公園の落ち葉と青草

公園の柵にネットをかけることで、落ち葉が公園の外に散乱するのを防いでいる。
晩秋のすばらしい青空。
秋の長い影と落ち葉の雰囲気が、なかなか良い。
赤色がだんだん枯れて茶色になっていく落ち葉。
その上に、樹木の濃い影。
影から浮き上がった鮮やかな紅葉。
それらが一体となって枯れていく。
影も光も、落ち葉に吸収されて、枯れの世界に引き込まれていく。

広告の原点は、素朴で堂々とした看板にあった

歳末セール。
今年も、青森市内のリンゴ倉庫の「歳末セール」が始まった。
去年よりも、ちょっと早いような気がする。
倉庫入口の「りんご、こちら」の看板が、おいでおいでして、お客さんを招いている。
2014年のリンゴの作況について、青森県庁のホームページにその記載がある。

デジカメが「レンズエラーを検出しました」というエラーメッセージとともに起動しない

カメラの鏡筒が出たまま動かない。


とうとう愛用のデジタルカメラが壊れた。
山歩きや、犬の散歩、仕事の現場撮影と多用して 6年。
ついにお別れの時がきた。

「6年も酷使したのなら、そろそろ買い換え時。」という声もあるが。
長年、使い慣れた道具とのお別れはさびしい。

カメラが動かなくなった原因は、「レンズエラー」

山で写真を撮り終わった後、スイッチをオフにしても、鏡筒が引っ込まない。
モニターをのぞくと、画面の下側に、「レンズエラーを検出しました」というエラーメッセージ。

以前にもこういうことがあったが、そのときはオンオフを繰り返したらすぐに回復したのだった。
バッテリーがなくなりかけているときにも、このエラーメッセージが時々出ていた。
そこで充電したものを差し込んでみたが、今回、症状は変わらない。

このカメラは、鏡筒が3段になっている。
ズームしたり引っ込んだりを繰り返しているうちに鏡筒の隙間に微細なゴミが入り込んだのだろう。
山歩きで使用していたので、そういうトラブルは考えられる。
汚いウエストポーチの中へ、カメラをケースに入れずに裸で突っ込んでいたのだから、なおさら。

ダメ元で、鏡筒部分に潤滑油を垂らし、レンズ部分をつまんで回してみたら「ギギッ」と音がして、それっきり。
もう、ピッピというエラー音も出なくなった。
オシャカである。


かなり使い込んだカメラ。


ネットで調べたら、「レンズエラー」の修理代金は1万円前後であるという。
「カメラのキタムラ」ではキヤノンIXY630が1万3千円を切る価格で販売されている。

今回壊れたカメラの、シリーズ最新版である。
やはり買うなら使い慣れたキヤノンIXYが良いということで購入。
仕事に遊びに、デジタルカメラは必需品となっている。

新しいキヤノンIXYは、新しい機能で充実している。

(1)光学12倍ズームの「高倍率ズーム」。
(2)カメラが自動でシーンを判断して、ブレ補正を切り替え、いつでもブレを抑える「マルチシーンIS」。
(3)カメラが自動で被写体に合わせてふさわしい設定に自動調整する「こだわりオート機能」。
などなど、ホント自動が多いね。


コンパクトなのが気に入っていた。

どうやっても鏡筒が戻らない。


つまり、楽してイイ写真が撮れるかも知れないという機能で充実している。

ところで、デジカメの「レンズエラー」は他メーカーでも起こっている故障のひとつ。
その予防・対策をネットで調べてみたが、どこのメーカーでも打ち出していない。
壊れたら、新しいものを買いなさいってことか。
これが現代の消費社会の通例。

デジタルカメラの「レンズエラー」の予防・対策は、大事に丁寧に清潔に扱うこと。
全てのOA機器の基本らしいよ。


これがおニュー。


キヤノンIXY630がちょっとピンぼけ。

2014/11/26

初冬にすっかり葉を落として、幹と枝だけになった木を裸木(はだかぎ)という

カツラの木。
落葉の季節は侘しいというのが通念のようだが。
落葉した木は美しい、という見方もある。

初冬にすっかり葉を落として、幹と枝だけになった木を裸木(はだかぎ)という。

樹木は一年中、様々な景観を私たちに提供してくれる。
春の新緑も秋の紅葉も美しい。
そして、初冬の裸木と、厳冬期の雪をまとった木の姿も美しい。
白い雪と黒い木の幹が風景にリズムを与えているような・・・。
それも、裸木の存在感。

晩秋の公園で蝶が舞うように咲いている花(ガウラ)

晩秋の公園で咲き誇っているガウラの花。
緑色が消えて、裸木が目立つ晩秋の公園で、まだ咲いている花があった。
根元に名札が差し込まれていて、「ガウラ」と花の名前が記されている。
ネットで調べてみると、日本名では「山桃草(ヤマモモソウ)」とか「白蝶草(ハクチョウソウ)」と呼ばれている北アメリカ原産の植物。

2014/11/25

芭蕉の微視的な季節感「物いへば唇寒し穐の風」

私には、自身の「唇寒し」という感覚がよくわからない。

口を動かす筋肉が寒さに強ばって、うまく物が言えない、ということはある。

もし物を言おうとでもすれば、口元が寒く強ばって、うまくしゃべらせてくれない秋の風だ。
冷たい秋の風が吹いているときは、何も言えない。
まだ寒さに慣れていない身には、秋の風は物を言いづらいというイメージなのだろうか?

2014/11/24

コムラサキシキブという小さなお母さんの木

【コムラサキシキブの薮。】


ブロック塀に囲まれた空き地で、実の付いたコムラサキシキブを見つけた。
葉はすでに散ってしまっているが、紫色の果実は、まだたわわ。

コムラサキシキブは、夏に淡い紫色の小さな花を咲かせる。
可憐な感じのきれいな花なのだが、小さいので、あまり目立たない。
この写真のように、晩秋の実の方がよく目立つ。

コムラサキシキブは、シソ目クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木。
似た品種のムラサキシキブよりも、身の丈が一回り小さい。
果実は、コムラサキシキブの方が、賑やかな感じ。
葉が散ってしまっても、実はまだ残っていて、紫色に輝いている。

初夏に生い茂る夏草に埋もれて、小さい花を咲かせている低木の名前を知っている人は少ない。
しかし、その低木が紫色の小さな丸い実を無数につけると、通行人達は「あら、ムラサキシキブがきれいね。」と立ち止まる。
晩秋に、草が枯れて木の葉が散る頃も、紫色の実を細い枝にとどまらせている。


まるで、小さなお母さんが大きな子どもを産んだみたいだ。
小さな母親は大きな子どもの陰にかくれて目立たない。
子どもに隠れて、ひっそりと微笑んでいるだけ。

私は、コムラサキシキブの実を見ると、初夏の小さな花の姿を思い出す。
細い枝に並んだ小さなお母さん達。
この実が残っているのは、小さなお母さん達のおかげなのだと思うと、妙に感慨深い気分になる。

コムラサキシキブという古典的な名前の、小さなお母さんの木。
というのが、この木に対する私のイメージである。


【野ブドウの実に似たコムラサキシキブの実。小さなお母さんの子ども達。】


【紫色の実のアップ。】

2014/11/23

尻八城(シリポロチャシ)から大倉岳に続く尾根を散策

シリポロチャシ周辺地形図。ピンク線:往路 水色線:帰路
先週の日曜日に続いて、再び「尻八城(シリポロチャシ)」へ。
駐車場にある案内図の「大倉岳まで9㎞」という記載が気になったから、そのルートの確認が目的である。
先週と違ってお天気は上々だが、膝の調子がイマイチ。
ゆっくりとお散歩気分で、ルート探索をすることにした。

2014/11/22

ポピーってヒナゲシのこと?(ポピーのイラスト素材)

ポピーのイラスト素材。

「ポピー」のイラストを頼まれた。
簡略なもので良いという注文。

「え?ポピーって何だっけ。」
聞き覚えのある言葉だが、ポピーそのものを思い出せない。

小さい馬のことだったか・・・?
それは、ポニーでしょ。
子犬のことだっけ・・・?
それはパピーでしょ。

色の種類で、ポピーレッドという赤色があるが、ポピーっていったい何だったか。
花の名前のような気がするが・・・。

2014/11/21

足元に幼木の紅葉、見上げればコナラの黄葉

コナラの幼木の紅葉。


コナラの幼木の紅葉を、このあいだ摺鉢山で見たのだが。
平和公園のコナラの幼木も、きれいに赤く紅葉していた。

この幼木は、去年の秋のドングリが発芽したもの。
その傍らに、かわいい今年のドングリが落ちている。
ドングリの下は、落ち葉のじゅうたん。

そばのコナラの木を見上げたら、黄葉が輝いている。
なかには橙色になった葉もあるが、赤い葉は無い。

やはり、コナラの成木が、幼木のように赤く紅葉することは滅多に無いのだ。


コナラの果実。ドングリ。


上の写真のような、今年の秋のドングリたちも、来年の春から夏にかけて発芽することだろう。
その頃には、今年のコナラの幼木は、すっかり取り除かれているに違いない。

管理された自然である都市公園では、月日が経っても、山の自然のような変化は見られない。
すべては、緩慢に一定である。

その陰では、小さな変化が繰り返されている。
毎年、ドングリが発芽して。
毎年幼木が育ち。
毎年の草刈で、コナラの幼木は取り除かれる。

コナラだけではなく。
ケヤキも、サクラも、モミジも、ハウチワカエデも、エゴノキも同じ運命。
樹木の成長も、一定の高さに調節される。

ただ、紅葉の色合いだけは毎年変わる。
鮮やかだったり、くすんでいたり。
赤みが、退いたり増したり。

だから、いつかこの公園で、コナラの赤が輝く紅葉を、見ることができるかもしれない。


コナラの黄葉。


私たちは公園の樹木を眺めているが、コナラの木は、公園を通る私たちを見下ろしている。
その変化におどろいているのかもしれない。
たくましい若者が、年老いて力の無い歩き方になり、やがて公園を訪れなくなる。
その間も、ドングリが発芽して幼木が育ち・・・・。

動物の一生は、その寿命まで。
草花や木の葉は、芽生えては枯れ、芽生えては枯れ。
毎年、その一生を繰り返す。

常に有るものと無常のものと。
公園は、そんな世界の展示場なのだね。

コナラの幹に、初冬のやわらかい陽光。


青森市「平和公園」のコナラの木。

2014/11/18

雪かき用角型スコップのイラスト素材

【雪かき用角型スコップ。】


時節がら、当ブログの、雪に関係したページへのアクセスが増えている。
たとえば、「植栽のいろいろな雪囲いの仕方」とか、「私の雪かき道具とその使用方法」とか。
おりしも、雪かき用角型スコップのepsデータ作成依頼があったので、簡単なイラストを書いてみた。

近年、上記イラストのような角型スコップは、雪かき以外にも活躍の場を持つようになった。
それは、スコップ三味線(すこっぷじゃみせん)という「芸」で使われる、三味線の代用品としての需要である。

スコップ三味線は、スコップと栓抜きを、三味線とバチにみたてて、音楽に合わせて津軽三味線の演奏の真似事をするという「芸」。
いわば、「エアギター」の三味線版。
発祥の地は津軽半島の中南部に位置する五所川原市。

雪かき作業は、大まかに言えば、土木作業に分類される。
雪かきスコップは、土木作業に用いる道具の中でも、かなり地味な部類に入るのではあるまいか。

その地味な雪かきスコップが、「スコップ三味線」という「芸」の登場で、一躍脚光をあびている。
津軽三味線発祥の地である、青森県の津軽地方は雪深い土地柄。
雪かき用スコップは、冬の津軽に無くてはならない生活の道具。
その雪かきスコップを津軽三味線に洒落たのだから、なんとも生活感あふれる「洒落」ではないか。

津軽地方の生活感に支えられて、五所川原市では、毎年「スコップ三味線世界大会」が開催されているらしい。
五所川原地方に住む人達は、ちょっと変わった視点で物事をとらえる性質が豊かなように思われる。
その斬新さ、その奇抜さにおいて、「スコップ三味線」は群を抜いている。
この地方特有の、厳冬期の猛烈な地吹雪を、観光資源に変えた精神が、どこかで根付いているせいかも知れない。

2014/11/16

山で見かけたコナラの幼木の紅葉

コナラの幼木の紅葉。
山道で、コナラの幼木が鮮やかに紅葉していた。
可愛い紅葉なので、思わず写真におさめた。

コナラの成木は黄葉することが多い。
黄葉したあと、割と短期間で落葉する。
コナラは成木になると、写真の幼木のような、赤い紅葉はめったに見られない。
せいぜい橙色で止まるようである。

「尻八館」の城址がある摺鉢山(すりばちやま)を散策

駐車場の案内看板。

「尻八館(しりはちだて)」の名称 

今にも雨が落ちそうな曇天のなかを、青森市後潟にある「尻八城祉」をミニハイキングした。
駐車場の案内看板には「尻八城祉」と記されているが、この場所の呼び名はいろいろあってややこしい。
「尻八館(しりはちだて)」とか「シリポロチャシ」とか「伝尻八館」とか「山城公園」とか。

「尻八城祉」は、この遺構が中世にあった山城の跡と言われているため、そう呼ばれているのだろう。
「尻八館」は城を館(やかた)に置き換えたもの。
「シリポロチャシ」はアイヌ名らしく、「チャシ」は、「高い場所に築かれ、壕や崖などで周囲と切り離された施設。柵。城。館」であるとWikipediaにある。

「伝尻八館」は、この山城跡が尻八館であるとは特定されておらず、「伝尻八館」と称するのが正しいのではないか、という意見から。
青森県立郷土館では、この呼称を使っている。
「山城公園」は、かつて「山城」があった公園だから。

上の写真の案内看板には(超古代遺跡)と記されているが、いまひとつ意味不明。
(超素晴らしい古代遺跡)てな感じとも受け取れる。
遺跡に対するこの看板の「建て主」の熱意の表れなのだろう。

「超古代遺跡」と書かれると、ペルーの「マチュピチュ」が思い浮かぶが、「シリポロチャシ」は、今はただの山の中。
この遺跡の埋もれた山を愛する「超ファン」がいらっしゃるということなのだろう。

「尻八館」は中世の山城(やまじろ)の跡。
その山城が、標高190mの摺鉢(すりばち)山の山上に築かれていたという。

説明看板 

「二の丸」にある説明看板の「尻八館の由来」には、以下のように記されている。

「中世紀の城で、古いアイヌのチャシを土台として、築城した山城である。築城したのは安東氏で、鎌倉時代の寛喜二年から、室町(足利)時代の永享七年まで、約二百五年間続いた城である。

城主で判明したものは、次の通りです。

寛喜二年(1230年)安藤一族が、潮潟の摺鉢山に尻八館を築いた。

貞永元年(1232年)安倍三郎成季が尻八館で、治領代頭役に任ぜられた。

正安2年(1300年)安東孫次郎師季 (祐季)が尻八館城主となる。後に秋田の土崎湊城主に転ずる。

明徳4年(1393年)安東四郎道貞が尻八館城主となる。道貞は本家の貞季(愛季)四男で、地名の潮潟を姓として、潮潟四郎道貞と称した。

応永19年(1412年)七月一日道貞死す。戒名は飛鳥院殿道行夫禅大居士位。

応永32年(1425年)道貞の長男重季が鉢巻館より転じて、尻八城主となりて潮潟四郎重季となのる。南部義政の娘の里子姫を妻として正季はその子である。

永享7年(1435年)六月に尻八館は南部義政に攻め破られた。この時に十三才の政季が生け捕られたが、南部の血を引いているので、八戸にて育てられ、成人の後に田名部の旧安東家の知行を継いだ。

以上」

しかし、この「解説」には署名が無い。
上記の通り、「以上」で締めくくられているだけで、この文章の出所が明らかにされていないのが不思議だ。


城主安東氏?の経済力

 発掘調査で、建物や門、柵のほか、中国の竜泉窯(りゅうせんよう)の青磁を含む陶片などが多数出土したらしい。
このことによって、当時十三湊を拠点に交易で栄えていた安東氏の経済力の一端が明らかになったと言われている。
しかし、この館の主が安東氏であったかどうかは、今のところ定かではない。

発掘調査は、県立郷土館を中心に調査委員会が組織され、1977年から3年間にわたって行われたという。
その結果は、地元紙「東奥日報」の記事によれば以下の通り。
(1)城郭のおおよその構造が把握された。
(2)この遺構は、陶磁器など出土品から14-15世紀の館跡と推定される。
(3)出土品は1,800点。陶磁器1,450点(うち少なくとも中国や朝鮮半島から渡ってきたものが124点)、金属類210点、石製品130点、漆器10点。
(4)日本最古の古銭和同開珎も1枚あった。
(5)当時(14-15世紀)、京都や鎌倉で使われていた茶道具も見つかった。

これ以後の発掘調査は行われていないとのこと。

また、この場所の城主が安東氏であるということを裏付ける出土品はまだ出ていないという。
安東氏が城主だったのは、別の館なのでは、という疑問があり、この場所を「伝尻八館」と県立郷土館では名付けているらしい。
「言い伝え」は存在するが、それを裏付けるものが、今のところ無いらしい。
謎の多い山ではあるが、それがまた「シリポロチャシ」の魅力にもなっている。

「尻八館」への道順 

尻八館へは国道7号線から国道280号線を蓬田方面に向かって走る。
バイパスよりも旧道(松前街道)を走った方が案内標識があってわかりやすい。
後潟駅を過ぎたあたりに、「尻八館(シリポロチャシ)」を示す道路標識があり、そこの細い住宅地の道路へと左折する。
道なりに進むとバイパスを横切る形になる。
交通量の多いバイパスとの交差点には信号が無いから要注意。
バイパスを横切って、水田に囲まれた農道を進む。
新幹線の高架橋をくぐって道なりに右折して進むと、道は山の中に延びて、舗装道路が途切れる。
そこから、未舗装のゆるい坂道をちょっと上がると、調整池(ため池)の畔に出る。
駐車スペースの傍らに、「尻八城址」の案内看板が立っている。

「シリポロチャシ」の意味 

さて、この場所の呼び名(地名)が面白い。

「シリポロチャシ」と「尻八館」と「摺鉢山」。

「シリポロ」と「シリハチ」と「スリバチ」の語音が似ている。
「尻八館」は、アイヌ語「シリポロチャシ」の漢字表記「尻八」+日本語訳「チャシ=館」であると推測できる。
「摺鉢山」も、アイヌ語「シリポロ」の音に漢字表記「摺鉢」をあて、「山」という地形を表す日本語を加えたもののように思える。

では、アイヌ語名の「シリポロ」とは何か。
北海道や青森県に「尻」のつく地名が多い。
「利尻」、「尻別」、「尻屋」「尻労(しっかり)」などなど。

「シリ」はアイヌ語で「島」とか「峰」のこと。
「ポロ」が「札幌」や「美幌」と同様だとすると、アイヌ語で「大きい」とか「多い」とかの意。
これでアイヌ語「シリポロチャシ」を日本語訳すると「峰が大きい館」、あるいは「峰が多い館」となるのでは。
確かに、「尻八館」の置かれている地形は、峰が多い。

大倉岳につながる各峰々に「曲輪(くるわ)」を置いた、巨大な「山城」だったのかもしれない。
「尻八館」はあまり知られていない所だが、きっと、全国の山城ファンにはたまらない佇まいの空間であるに違いない。
ここには、そういう雰囲気が漂っているように思う。


遊歩道(登山道)の出発地点

ハイキングコースの概要 

上の写真の、登山道案内標識から、遊歩道終点の「本丸跡」までは時間にして約30分~40分。
途中、「二の丸」の手前にかなり急傾斜の坂道がある。
遊歩道は概ね快適。
晴れていれば、楽しい史跡散策が楽しめることでしょう。

ここは「山城公園」とも呼ばれているが、トイレも水道も無いので要注意。

整備された階段状の道。陣場はこのすぐ上にある。標識は、「陣場を経て尻八城祉へ」という意味か。


陣場。


「山城公園」と彫られた石碑。裏を見ると昭和6年4月1日の期日が彫られてあった。



案内標識がところどころに。


杉林の中の遊歩道。


遊歩道の開けた場所から尻八城址である摺鉢山が見える。


遊歩道は原っぱを過ぎて、また森の中へ。


森の小径。


心地よい遊歩道。


丸太で作られた階段状の急傾斜の道。丸太は半ば朽ちかけている。


急峻な道に沿って、「堀道(土塁?)」が並んでいる。


平らな場所に出た。


山上の「二の丸」。


「二の丸」の平らな山上から、「本丸」に向かう下りの尾根道を見下ろす。


「尻八城祉へ」という看板の指し示しているところに「二の丸」がある。


「二の丸」から、「本丸」に向かう尾根道に下りたところに「堀」がある。


快適な尾根道。


遠く大倉岳を望む。


「二の丸」から「本丸」へ続く道の途上から、陸奥湾が見える。


本丸跡。


「尻八城祉自然遊歩道終点」の黒い看板の手前に「土門」と書かれた看板が転がっている。


駐車場横のため池。弘前藩時代に作られたものであるとか。