投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

青森市の大晦日の夜空模様

イメージ
平成26年12月31日16時49分の気象庁予報部発表によると。

これから1月1日にかけて、低気圧が急速に発達。
その影響で、東日本と西日本の沿岸部を中心に非常に強い風が吹き荒れる模様。 海は大しけとなるところがある。
暴風や暴風雪、高波に対する警戒が必要。 その後、1月3日頃にかけて強い冬型の気圧配置となる。 北日本から西日本の日本海側を中心に、大雪に警戒し、なだれや着雪に厳重注意とのこと。

除雪ロータリー車とダンプカーによる運搬排雪作業

イメージ
夜中に家の前の道路で、運搬排雪作業が行われた。
家の前の道路は、対面通行、片側一車線。
それが、今年の大雪で道幅がどんどん狭まってきていた。
一車線分のスペースしか空いていない状態が、もう2週間ほど続いている。
自動車のすれ違いができずに、交通が渋滞することもたびたび。

「爆弾低気圧」がそれた青森市の上空を眺めながら、「無理な外出」について考えてみた

イメージ
17日~19日の「爆弾低気圧」の影響で、北海道や本州の日本海側地方では、大雪による不幸な死亡事故が相次いで発生。
また、新潟の津南町では、2メートルを超える積雪があったという。 大雪による土砂災害が発生し、集落(新潟・津南町、長野・栄村)が孤立状態に陥ったり。 北海道の根室市では高潮によって、最大1.5メートルの浸水が発生したり。 この低気圧の来襲で、降雪地帯ではなくても、積雪量の記録を更新する地域が続出している。

雪上の脚立(きゃたつ)が転倒して作業員が脚立天板から地面に転落した

店舗の屋外壁面に、作業員がサインプレートを、脚立を足場にして取付。
冬場の作業なので、地面は積雪状態。
脚立を立てる場所の雪面は、何度も固く踏みしめた。

作業中に何気なく脚立をずらしたところ、脚立の一本の脚が踏み固めた場所から外れる。
おまけに、脚立の天板に立っての作業。
作業中、体重心がずれて、脚立の一本の脚が、踏み固めていない雪中に潜り込む。
脚立が転倒し、作業員が転落。
脚立の高さは、約85センチ。

芭蕉が演出する劇「旅人と我が名呼ばれん初時雨」

旅人と我が名呼ばれん初時雨 
松尾芭蕉

よく知られた芭蕉の句であるが、中句の「我が名呼ばれん」の意味がイマイチわからない。
「呼ばれん」の「ん」は推量の助動詞か。
昔、推量の助動詞「む(ん)」には以下の意味があると習った。

(1)推量(~ダロウ)
(2)意志(~タイ)
(3) 勧誘・適当(~ナサイ、~ノガヨイ)
(4) 仮定・婉曲(~トシタラ、~ヨウナ)

これを「旅人と我が名呼ばれん」に当てはめてみる。

(1)推量:私は旅人と呼ばれるだろう。
(2)意志:私は旅人と呼ばれたい。
(3)勧誘・婉曲:私の名を旅人と呼びなさい。
(4)仮定・婉曲:私は旅人と呼ばれているようだ。

はたして、この四つのうちのどれか?
それは、次のように、この「旅の劇」の「場」と「登場人物」しだいのように思われる。

(1)旅行先:行く先々で出会う人々は、私を旅人と呼ぶことだろう。
(2)見送り人に囲まれたスタート地点:これから旅に出る私は、今ここで皆さんに旅人と呼ばれたい。
(3)旅行を計画中の家で:家の者よ、私を旅人と呼びなさい、気分はもう旅の空。
(4)旅の途中の町で:この町の人達からも私は旅人と呼ばれているようだ。

様々な場で様々な人達に自身が旅人であることをアピールし、それによって旅人としての自己を確認する主人公の姿が思い浮かぶ。

「呼ばれん」の「ん」には、推量の助動詞の、全ての意味が込められているのかもしれない。
おそらく、芭蕉の時代には、「推量の助動詞」などという概念は無いはず。
現代の「古典文法」は後世の解釈。
現代人では、計り知ることのできない世界が芭蕉の句にあったのかもしれない。

そこに「初時雨」が加わる。
初時雨は、場の演出。
旅人となるだろうという漠然とした予感。
探求者としての旅人でありたいという志。
多くの人々から、「彼は人生を旅人として生きた」と認められたい願望。

「時雨」は冬の季語。
冬の初めに、降ったり止んだり、短時間のうちに変化する雨のこと。
この時雨が降り出すと、厳しい冬の到来となる。
旅の始まりに初時雨とくれば、「冬旅の劇」に緊張感が加わる。 それが、劇を観る者に、臨場感を抱かせる。
もしかしたら初時雨は観客のことであるかもしれない。 初時雨(観客)よ、私を旅人と呼んでおくれ、私は旅人として生き続けるのだから・・・。 観客は、ドラマチックな旅人の人生を予…

熟成が進むカツラの果実

イメージ
この寒さで、カツラの実の熟成が進んでいる。
袋果の色が、だいぶ黒ずんできた。
あとは、袋果が弾けて、羽根の付いた種子が飛び出すのを待つばかり。

白い雪景色にナナカマドの赤い実

イメージ
青森市内は昨夜から今朝にかけて40センチぐらいの降雪があった。

今日の日曜日は、仕事の予定だったが、終日雪片付け。
駐車場に積もった雪をスノーダンプに積んで近くの公園まで運ぶ。
駐車場の雪が片付くまで、その繰り返し。

2015年(平成27年)の干支である羊のイラストを描いてみた

イメージ
来年(平成27年)は未(ひつじ)年。
新年の年賀状用に、羊のイラスト素材を描いた。
ところで、「未」がなぜ「羊」なのか。

それは、わからない。

そういえば今年は午(うま)年で、馬のイラストを描いたのだった。
「午」が、なぜ「馬」なのか。
これもわかりません。

クリスマスが近いのでポインセチアのイラスト

イメージ
ポインセチアに花びらは無い。
赤い花びらのように見えるのは葉。 つぼみを包んでいた葉で、「苞葉(ほうよう)」というらしい。 その苞葉の赤と葉の緑が、クリスマスカラーとなっている。
そのため、ポインセチアはクリスマスを飾る観葉植物として、人気が高い。

川沿いに暮らす人の意識と、川から離れた場所で生活する人の意識

イメージ
初冬の大雪は峠を越えた。
家から離れた川沿いの道へ、犬と朝の散歩。
途上、この前のドカ雪の名残がそこかしこに。

まだ冬の初め。
気温が上がれば融けて消えるだろうという、安楽な見込みがそこかしこに。

消えそうで、なかなか消えない。
そのうちまたドカ雪、というのが現実的な見通し。

夜の雪景色の写真が面白い

イメージ
デジタルカメラの撮影モードを「夜景」にして、夜の街の写真を撮ってみた。
これは、新発見。
なかなか面白い。
夜の写真だから、空が黒い。
その黒い空の下、街灯や信号機の光に照らされた雪の様子が面白い。
降り続く雪片が、光に舞っているようで。

青空と、雪の上の青い影に安堵感を感じる冬晴れの日

イメージ
突然のドカ雪がちょっと止んで、今日の午前中、青空が見えた。
空が青いと、雪の影も青い。
白い雪面にクッキリと青い影。

これはどうしてか、などとは考えない方が良い。
考えている間に、また雪雲がやってきて、青空が隠れてしまうから。
青い影も消えてしまう。

冬の青空は貴重なもの。
なぜとか、どうしてとか問わずに、そのままの風景を受け入れてみる。

12月初旬の大雪に埋もれて、雪と人の関係について、ちょっと考えた

イメージ
青森市内で、夕べはかなりの降雪があった。
昨日の日中から今日の朝方にかけて、40~50センチは降り積もった様子。
今シーズン初めての雪かきとなった。

雪質は水分を含んだ重い雪。
粘着性も強いようで、雪がスコップにひっついて、雪かき作業がやりにくい。

冬の早朝の雪景色

イメージ
公園の冬景色を見るなら、早朝が良いね。
冷え切った朝は、雪が美しいから。

初冬の公園の、裸木に咲く雪の花。

雪国の履き物は防寒長靴が一番

イメージ
長靴を新調した。 私の場合、ゴム長靴は、3年ぐらい使って買い換えが恒例になっている。

現場仕事での使用がほとんどだから、消耗が早い。
長靴の甲や胴部が損傷しやすく、水や雪が侵入してお役ごめんとなることが多い。

ゴム長靴の素材はメーカーによって様々。
天然ゴムあり合成ゴムあり、塩化ビニールや人工皮などなど。
写真の長靴は、ホームセンターで3,980円で購入。
天然ゴム製長靴はもっと高価だから、新調した長靴は天然ゴム製ではない。
パンフレットを見ると、メーカー独自の軽量配合ゴム使用となっている。

カラフルで安価な塩化ビニール製の長靴が多く出回っているが、昔ながらの天然ゴム製長靴も環境に優しいという点で見直されてきている。
天然ゴムは、引っ張ってもちぎれにくく、キズになっても裂けにくい。
また、こすっても摩耗しにくい。
天然ゴムは雪道でも滑りにくい。
消却しても、ダイオキシンなどの有害物質が発生しない。
などの利点がある。

だが、天然ゴムの長靴は経年劣化する。
これには、シリコンオイルを塗るなどの「お手入れ」で対応すれば、劣化はある程度防げるようである。

ただ、現場仕事用の長靴に、天然ゴム製の高価なものはもったいない。
値段が手頃で防寒機能の良いものが、雪国仕様の長靴を選ぶ基準。
新調した長靴は、3mmメッシュウレタン裏布 ハイパイル付きとなっている。
これが防寒機能を高めているようなので、防寒機能優先で、この長靴を選んだ次第。
敷き皮が標準装備となっているが、この上に、さらに一枚敷き皮を敷けば保温力が増す。
靴が冷たくて脚が冷えると腰痛が悪化しやすいと言われている。
腰痛持ちには特に、長靴の防寒機能が大切である。

冬は腰痛が起きやすい季節。
寒さが増せば、長靴のなかに靴用の「携帯カイロ」を入れて、防寒力をパワーアップ。
あらゆるシーンでの雪国の履き物は、防寒長靴が一番であると思う。










雪景色は、成熟し続けて滅びる樹木の姿を際立たせる

イメージ
青森市内に、昨夜から今朝にかけてまとまった降雪があった。
この冬はじめて、街が白く雪におおわれた。
公園の裸木は、雪の花ざかり。

音のない公園の静かな賑わい。
世俗を離れた風雅な宴会のことを「清宴」という。
世俗の真っ只中の公園で、透明感あふれる清宴が繰り広げられている、という感じ。

公園の散歩者は、年毎に描き換えられる新しい絵を見ている。
公園の樹木は、年々姿を変えるから、公園の冬の風景は、年々変わる。

散歩者も年々変わる。
年老いていく。
雪の中で、自分の老いに気づく。
自分の老いを思い知る。
長寿の樹木からみれば、人とは、なんとはかない生き物であることか。

だが、樹木の物差しで人を見ることはできない。
人をみるのは、生きている人の目。

人は、自身のはかなさを「樹木の目」では見ない。
街の風景や社会の活動や他人との交友によって、「人のはかなさ」が消されていくから。
何かを生産し続ける人は、老いをはかないとは感じない。



風景に「はかなさ」を感じること自体、自身が強い生命力を持っている証と思っている。
そのことを、俳句にしたり歌にしたり詩にしたり。
そうすることで、自身のはかなさを突き放す。
お酒を飲んで、騒いで忘れる。

また、次の雪が降る。
その枯れた景色を見て、「人生は、はかない」なんて、ちょっと思う。
でも、仕事に熱中したりスキーをしたりして、そのことを忘れる。


枝についているカツラの果実の上にも雪が積もった。
そのおかげで、果実の成熟が進む。
雪が、果実の熟成を促しているのだ。 まだ青い実がだんだんと熟して、紫黒色(しこくしょく)に変わり、厳冬の雪の上に種を散らす。
樹木には、はかないなんていうイメージは無い。 成熟し続けて、滅びるのみ。
雪景色は、そんな樹木の姿を際立たせる。

樹木の姿を見て、散歩者も思う。
成熟し続けて滅びるのみ。


ナット・キング・コールの名前の由来を長い間勘違いしていた

イメージ
すばらしい声の持ち主として賞賛されたナット・キング・コール氏(1919年~ 1965年)。
久しぶりにナット・キング・コールの歌声をYouTubeで聞いた。
曲名は「Around The World」。
好きな曲のひとつである。
ジャズピアニストからポップスシンガーとしてもデビューした彼は、「モナリザ」や「トゥーヤング」、「スマイル」を高らかに歌い上げていた。

スポンサードリンク

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする