投稿

2018の投稿を表示しています

カラフルな「イチキュッパ」のプライスカードをCorelDRAWで描いた

イメージ
1,980円。
おなじみの「イチキュッパ」。

値段が「イチキュッパ」だと、消費者は「お得」な印象を抱く。
2,000円の方がキリがいいのだが、キリのいい数字よりも端数のついたものの方が説得力があるようだ。

キリがいい値段なんて、どこかおかしい。
眉唾だ。
ピッタリの数字になるはずがない。

真面目に値段をつけるのが面倒くさいので、端数を端折ってキリのいい数字にしてるんじゃないか?
ドンブリ勘定だ。
端数にこだわる値段の方が、売る側の誠意が感じられる。
などなど。

このような訳で、「イチキュッパ」が愛されているのだが、「1,980円」は「1,980円」で定番になり過ぎて、今やキリのいい数字になりつつある。
そうではあるが、素朴感あふれる端数に対する好感度は、まだまだ高い。

2,980円が「ニーキュッパ」。
3,980円が「サンキュッパ」。
4,980円が「ヨンキュッパ」。

売る側の「キュッパ」攻勢に、消費者の購買意欲は高まっていく。
「キュッパ」は、財布が開く鳴き声なのである。

買物がショッピングになり、ショッピングがレジャーになったのはいつ頃からだろうか。
物を買うことが、気分転換を促し気持ちを刷新する。
その日の暮らしを前向きで過ごすことができる。

スポーツで気分転換を図るには、体力や技能が必要である。
だが、ショッピングなら、それなりのお金があれば誰でもができる。

最近よく聞く「モノ消費からコト消費へ」は、ショッピングがレジャーになりだした頃、すでに始まっていたのだと思う。

物を買って気分転換していた消費者が、「気分転換という事」を買うようになった。

「節約は美徳で、浪費は罪悪」という感覚は今も変わらない。
しかしその「節約感」が、窮乏に耐える「節約感」から窮乏を退けて豊かさを求める節約感に変わってきた。

そのあたりから、ショッピングがレジャーとしての要素を大きくしてきたのではあるまいか。
価格に「イチキュッパ」が目立ち始めた頃は、きっと値札にもこのレジャー感が投影され始めた頃に違いない。

だがプライスカードは、機械的な数字の羅列。
せいぜい、ポップ書体の使用で雰囲気をやわらげる程度である。

では、CorelDRAWで作った上の画像。
こんなカラフルなプライスカードはどうだろうか。
デザインの良し悪しは別にして、こういう遊び心のあるプライスカードがあってもいい…

いろいろな値引シールのデザインの方法

イメージ
CorelDRAWの機能を使って、いろいろな値引シールを描いてみた。
前回の値引シールの制作方法をマスターしていれば、ここにあるシールは簡単に描くことができる。
単純な形のくり返しは、楽しい雰囲気を漂わせる。 こんな値引シールがあったら楽しいだろうなあと思いながら描いたので、楽しいものができたと思う。

制作者が楽しい仕事をしたのなら、ショッピングの現場もきっと楽しいものになる。
それが、POPデザインの役割。
CorelDRAWは、楽しめるソフトである。 しかしそれは、グラフィックソフトの王者である「Adobe Illustrator」の存在があればこそ。
「Illustrator」の影で、シャープに輝いているのがCorelDRAWなのである。
長年慣れ親しんだ「Illustrator」とは違う感触。 ちょっと驚いてしまうような手応え。 CorelDRAWの持っているスピード感や手仕事感。
操作していながら、ついつい「Illustrator」と比較してしまう。 それもまた新鮮な楽しさにつながるのだと思う。 なんと言っても、CorelDRAWは直感的で分かりやすい。
ただ、乱暴に扱えば、フリーズする。 たとえば、様々な機能に用意されている「数値入力ボックス」の「黒三角アップダウンボタン」を連続して忙しくクリックすると、固まって消える。
オサラバでござんす。
こまめに保存しないと、苦労が水の泡となる。 その点「自動バックアップ」は頼りになるが、ちょっと邪魔っぽいので私はOFFにしてある。 なので、楽しさに夢中になって「保存:Ctrl+S」を怠ると、固まって消える。
それはそうと、いろいろな値引シールのデザインを7点、ここに展示。 制作の方法は、これらの画像が語ってくれる。

CorelDRAW2018の新機能である「ブロックシャドウ」はふんだんに使ってある。
便利なツールである「等高線」もね。
文字の縁取りは、全て「等高線」機能で行っている。

それから、ここにある「値引シール」でお気に入りのものがあれば、ご自由に使ってくだされ。

これらは、ダウンロードフリー素材。
ダウンロードは、コピペしてね。

ただし、JPG画像の背景を透明にしていないので、使い方によっては若干の加工が必要かも。
















■興味をお持ちの方は下記リンク先へどうぞ 私のCorelDRAWの使い方まとめページへ

CorelDRAWでギザギザのある値引きシールを描く方法

イメージ
訴求力のあるプライスカードは、CorelDRAWの初歩を知っていれば、すぐに実作できる。
簡単に作れて、しかも需要が多いのがプライスカードの類。
ギザギザのある値引きシールは、特に視認性が高い。
この記事は、そんな値引きシールの、描き方の一例である。



「楕円形ツール」で正円を描き、適当な色で塗りつぶす。
ここでは、「輪郭」を「なし」にし、円を「M:100」で塗りつぶした。
次に、ツールボックスの「歪曲」をクリックし、上図のようにプロパティバーの「プリセット」で「スタンプ」をクリック。




プロパティバーの「ジッパーの振幅」数値入力ボックスを「50」に。 「ジッパーの密度」を「10」に指定。 これで、ギザギザ円の形が出来上がる。



ギザギザ円の中心合わせで正円を描き、「グラデーション塗りつぶし」を実行。
グラデーションは「CMYK:0」から「M:100」へ。
グラデーションの種類は「楕円形グラデーション塗りつぶし」。

グラデーションのサムネイルのハイライト部分をマウスポインタでクリックして左上角にドラッグすると上図のような仕上がりになる。

次に、正円の輪郭の幅を広げる(ここでは5ミリに指定)。 正円を選択状態のまま、メニューバーの「オブジェクト」>「輪郭をオブジェクトに変換」をクリック。 こうして出来上がった5ミリ幅のリングに「グラデーション塗りつぶし」をかける。

「楕円形グラデーション塗りつぶし」を指定し、「CMYK:0」から「K:50」へグラデーション。
グラデーションのサムネイルのハイライト部分をマウスポインタでクリックして左上角にドラッグ。
グラデーションの「変形」入力ボックスに縦横200%と指定。

値引きシールにリングを付けたことで、雰囲気がより立体っぽくなった。



立体っぽくなるということは、視認性が高まるということ。 目立つとか、存在が強調されるとかいうことになる。
そのためAdobeのIllustratorをはじめとして、様々なグラフィックソフトには、ドロップシャドウとか3D効果とか、いろんな立体的な表現を実行するための機能が備わっている。
それは、CornellDRAWでも同様。 ここでは、ギザギザ円に「ベベル」をかけてみる。 「ベベル」とは、斜面とか斜角の意で、角を傾斜面にすること。

面取りに近い効果が得られる。
この効果によって、さらに立体感が増す。

CorelDRAW2018で「扇子」のイラストを描く方法

イメージ
CorelDRAW2018で、扇子(せんす)のイラストを描いてみた。
この記事には、お粗末ながらイラストの描き方を記してある。
私家版「扇子の描き方チュートリアル」のようなもの。 何分私家版故、至らない点はご容赦を。
たとえば。 ここに書いた私の手順よりも、もっと効率の良い描き方があるかもしれない。 もっと的確なツールの使い方が、あるかもしれない。
そういうCorelDRAWの方法の、私なりの試行錯誤の記事ということでご理解を。

ガイドのレイヤを使う

上図のように、「ドッキングウィンドウ」の「オブジェクトマネージャー」を開く。
「ガイドレイヤ」をクリックして選択状態にする。


扇子のイラストを描くためのガイドを作る

扇子を描くためのガイドを作る。 このガイドで扇面(せんめん)と仲骨の位置が分かり、扇面の山と谷の位置が分かる。
上図のように、「ツールボックス」の「楕円形ツール」で正円の二重丸を描いて、扇面のエリアを決める。

「Ctrl」キーを押しながら「楕円形ツール」をドラッグさせると正円になる。
「Ctrl」+「Shift」キーを押しながら「楕円形ツール」をドラッグさせると、マウスポインタを置いた場所が正円の中心になる。
次に「2ポイント線ツール」で、二重丸の直径よりも少し長い垂直線を一本描く。

二重丸と垂直線を、「選択ツール」で選択して、キーボードの「P」キーを押す。
すると選択されているオブジェクトが、描画ページの中心に配置される。

「P」キーのこの機能(中心配置)が有効なのは、テキストが英文表記の場合のみなのでご注意を。

垂直線だけを選択して、「ドッキングウィンドウ」の「変形」>「回転」で垂直線をコピー回転させる。
回転の角度は3.75度、コピー数は47、その他は上図右側通りの設定で、「適用」ボタンをクリック。

この放射線状の直線が、扇面の山と谷のガイドである。
ガイドが完成したら、すべてのスナップ機能が有効であるか確認しておく。

扇面を構成する部品を作ってガイドに合わせる

「オブジェクトマネージャー」で「ガイドレイヤ」をロックして、「レイヤ1」を選択状態にする。 「ツールボックス」の「ペンツール」で、上図のようにガイドにスナップさせながら扇面の部品を作る。
次は「ドッキングウィンドウ」>「オブジェクトのプロパティ」>「塗りつぶし」。
扇面の部品を選択して、山を境…

快適な「自動打ち水器」を考案

イメージ
青森市は先月の7月15日あたりから、最高気温が30℃前後の日が続いている。
おとといの最高気温は33℃。
昨日は32.3℃。
今日の最高気温も、32℃はありそうな夏の勢い。

これでも青森は、全国的には涼しい方らしいから、今年の夏の暑さは相当なもの。
関東地方や中部地方の内陸部では、今日の最高気温が38℃~40℃というところもあるとか。

私は暑さに強いほうだから、30℃~34℃ぐらいは平気だが、暑いのが苦手な愛犬はたまらない。
真冬の雪の上で居眠りしているくせに、夏の暑さにはウンザリ顔。

家にはクーラーとかエアコンは無い。
でも家の中は、外よりは気温が3℃~4℃低めである。
私は、夜はぐっすり熟睡しているし、食欲も旺盛。
青森の夏の暑さなんかへっちゃらさ。




愛犬も、夜は眠っているみたいだし、食欲もある。
暑いからといって、そんなにハァハァ喘いではいない。

普段から私が運動させて鍛えてるからさ、と自己満足。
でも愛犬は、私の自己満足につきあってはいられない。
やはり夏は、暑いに違いないからだ。

そこで一計を案じた。
と言うか、無い知恵をしぼった。

頭をよぎったのは「打ち水効果」である。

愛犬が好んでいる部屋は北西向き。
夕方にちょっと西日が射すが、日陰であることが多い。

日陰に打ち水すれば、周囲の気温を2℃ぐらい下げるという。

家の裏には、使っていない45リットルのポリ容器が転がっている。
その容器を六段重ねたコンクリートブロックの上に据え置く。
容器の底から1センチぐらい上がった箇所に、直径1.5ミリのドリル刃で穴を開け、ホースでポリ容器に水道の水を入れる。

すると、下の写真のように、緩やかな弧を描いて水が注ぎ落ちる。
微小な滝の微小な滝効果。
真夏でも、滝の傍や噴水の傍は涼しい。

しかも、微小滝がコンクリートブロックを打って、微小な飛沫を四方に散らす涼しさ。
ピチッピチッと飛沫が跳ねる微小な音。
チョロチョロとコンクリートブロックを伝って流れる水の音。
そよぐ涼風。

まるで、涼しい森のなかへ誘われているみたい。

耳をすませば、微小な音とともに清涼感が伝わってくる。

低価格(ただ同然)で快適な「自動打ち水器」。
アイデアで暑い夏を乗り切る。

はたして、私の自己満足に愛犬は涼んでくれるだろうか・・・・

ちなみに45リットルの容器を水道水で満杯にすると、空になるまでに…

CorelDRAWのツールの設定について

イメージ
CorelDRAWの「設定」には、ファイル全般に対して有効である「設定」と、個別のファイルにだけ適用される「設定」の2種類がある。

すなわち、
(1)常にドキュメントファイルに適用される「継続する設定」と、
(2)新規ドキュメントファイルを作成すると、デフォルト(初期設定)に戻ってしまう「その都度設定」である。

ここでは、今までCorelDRAWで作業してきたなかで、私がCorelDRAWの「設定」について知り得た事を記事にしている。




ドキュメントファイルが替わるごとに元に戻ってしまう(2)の「その都度設定」を、(1)の「継続する設定」にする方法はある。
まず、(2)の「設定」を決める。 次に、上図のように「メニューバー」>「ツール」>「設定をデフォルトとして保存」をクリックすれば、新規ドキュメントファイルでも、「その都度設定」は生き続ける。 (2)の「その都度設定」を、(1)の「継続する設定」としてデフォルトにできるのだ。
既知の方にはたわいない情報だが、初心者はこれを知らないと戸惑うことになる(体験談)。
(1)「継続する設定」 まず、私がよく使う(1)の「設定」をご紹介しよう。



私が知っている限りでは(1)の「設定」は、上図のように「プロパティバー」の「オプション」のアイコンをクリックして行なう。
「オプション」のアイコンには、「作業領域の環境を設定します」という説明がついている。
また「オプション」は、「メニューバー」>「ツール」のプルダウンメニューの中にも用意されている。

「Welcomeスクリーン」が出ないようにする 使い始めは、起動するたびに開く「Welcomeスクリーン」に悩まされる。
「結婚式じゃネェよ!」とキレないで、静かに対処することが肝心である。



「Welcomeスクリーン」が出ないようにするには、「オプション」アイコンをクリックして、ダイアグロボックスで上図のように設定する。
このダイアログボックスは、「作業領域」>「一般」をクリックすると開く。
CorelDRAW起動時のメニューは「新規ドキュメントを作成」を選択。
ついでに「新規ドキュメントダイアログボックスの表示」にチェックを入れる。 「元に戻すレベル」は、あまり回数が多いとメモリを食われ、動作が遅くなるとのことで、私は30回に設定している。 「ダイアログボックスを表示する時に中央に配置…

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

スポンサードリンク