ページ

2015/11/29

青森市平和公園の池にマガモのつがいがやってきた

マガモ。
白鳥の飛ぶ姿が空に見られるこの頃、マガモのつがいが平和公園の池にやってきた。
マガモは冬鳥。
北方からやってきて、池で休憩しているのか、ここを冬の住み処にするのか。

この池は、岸に草むらが無いから、鴨にとってはあまり快適ではないだろう。
食べ物は、水草の葉や茎を食べるというから、その程度なら、なんとかありつけるかもしれない。

丸く膨らんだサンシュユの花芽

サンシュユの花芽(丸い形)と葉芽(細く先のとがったもの)。
青森市内にある平和公園のサンシュユがすっかり葉を落とした
葉が無くなると、写真で明らかなように、膨らんだ花芽が目立ってくる。
サンシュユの花芽は、褐色の総苞片に守られて、今は静かに眠っている状態である。
この状態を、植物生理学では「休眠」というらしい。

2015/11/28

なぜ「古池や」なのか、「古池」とは何か?

「古池や蛙飛びこむ水の音」の句の仕上がりについては、下記の逸話がある。

芭蕉は、先に「蛙飛びこむ水の音」という中七と下五の部分を作っていた。
そして、上五を何にしようと思い悩んだ。
貞亨3年の春に、江戸深川村の芭蕉庵で開かれた句合(くあわせ)でのことである。
松尾芭蕉の「古池や」の句は、この年内に発刊された「蛙合(かわずあわせ)」に収録されている。
「蛙合」は芭蕉の門人である仙化(せんか)の編集とされている。

2015/11/27

なぜ芭蕉の「古池や蛙飛びこむ水の音」という句が面白いのか

松尾芭蕉の有名な句「古池や蛙飛びこむ水の音」は、「俳句」の代名詞のように言われている。
「俳句」に興味の無い方でもこの句は知っている。
というほど、世間に広く知られている。

私もこの句の淡々とした雰囲気が好きなのだが。
この句のどこが、そんなに優れているのか。
と、もし人に尋ねられても、残念ながら、私はなんとも答えられない。

「俳句」の優劣を定める秤(はかり)を、私は知らないからだ。
何よりも、「俳句」の実作者でも無い。
ただ芭蕉や蕪村の「俳句」の世界に興味を持っているだけなのである。

公園を散歩するように、私は、先人の描いた風景のなかを歩いている趣味の散歩人に過ぎない。

2015/11/25

サンシュユのえんじ色の落葉

公園のサンシュユ。
春にはこの公園で真っ先に黄色い花を咲かせるサンシュユ
そのサンシュユの紅葉もとうとう終わった。
渋いえんじ色の落葉が、サンシュユの木の根元を埋めている。
落葉になっても、なかなか色が抜けないところが、桜の落葉を思わせる。
だが、サンシュユの落葉は桜ほどカラフルではない。
渋いえんじ色の濃淡で統一されている。

一見何でもないブログ記事にアクセスが集中した

Bloggerの簡易アクセス解析の画面。


今日、何気なくその「統計」のページを覗いたら、あるページに大量のアクセスがあったことが表示されていた。

Bloggerの「統計」は、このブログのページビュー数とか、アクセスの際の検索キーワードとか、参照元URLを知る事が出来て、とても便利な機能なのだ。

2015/11/24

人口(じんこう)に膾炙(かいしゃ)する

「人口に膾炙する」とは、主に文学作品が広く世間に知れ渡り、もてはやされることの意とか。

「人口(じんこう)」とは、うわさ話などをする人の口のこと。
「膾炙(かいしゃ)」とは、膾 (なます:肉を細かくきざんだもの) と炙 (あぶりにく) のこと。
膾 (なます) と炙 (あぶりにく) は、だれの口にも美味しく感じられるということから、「人々の話題に上ってもてはやされ、広く知れ渡る」という意になったという。
出典は、中国の「周朴詩集序」であるとか、孟子の言葉に基ずくとか。

「人口に膾炙する」で、よくある使用例は以下の通り。
『芭蕉の「古池や蛙飛び込む水の音」は、もっとも人口に膾炙した句である』。

2015/11/23

梅が香にのつと日の出る山路哉

私の主観的な推測によれば、前回書いたテンプレートは、この句にもあてはまる。
そのテンプレートとは「季節(季語)+天+地」のこと。
「梅が香」→季節(季語)
「天」→「日」
「地」→「山路」

梅が香にのつと日の出る山路哉
松尾芭蕉

これも芭蕉51歳の春の作である。
前回取り上げた「五月雨の空吹き落せ大井川」の句よりも前のものと思われる。

二句とも、江戸を出て、故郷の伊賀上野に向かう旅の途中で詠んだもの。
「梅の香に」の句に特徴的なものは「のっと」という擬態語。
芭蕉が擬態語を用いて作った句を、時々見かける。
ほろほろと山吹ちるか滝の音」とか「馬ぼくぼく我を絵に見る夏野かな」など。

2015/11/22

雪が降るまで咲いているのかミヤコグサ

枯芝に混じって、緑鮮やかなミヤコグサ。
青森港新中央埠頭へ散歩に出かけたら、ミヤコグサがまだ咲いていた。
公園の小山の西斜面に群生している。
一面の枯芝に混じって、ミヤコグサの緑色だけが色鮮やか。
その緑色の葉のなかに、鮮やかな黄色の花がまだ花盛り。

2015/11/21

六月や峰に雲置く嵐山

松尾芭蕉は、元禄7年の初冬に51歳で亡くなった。
その年の夏に次の句を作っている。

六月や峰に雲置く嵐山
松尾芭蕉

この句の前書きに「嵯峨」とある。
京都の門人、向井去来(むかいきょらい)が営む落柿舎(らくししゃ)での作とされている。

この年の秋に、「菊の節句」の奈良を訪れた際に菊の香や奈良には古き仏たちと詠んだ。
この時に発病し、その約一月後に、芭蕉は不帰の人となる。

2015/11/20

芭蕉の個別の発句を独断的に関連付けてみる試み

「蛙飛び込む水の音」の上五を「古池や」にしようと思ったとき、芭蕉はどんな池をイメージしていたのだろう。

「古池や蛙飛び込む水の音」の句は芭蕉43歳のときの作とされている。
同じ43歳のとき、「よく見れば薺(なずな)花咲く垣根かな」という気になる句を作っている。
この句の、どこがどういうふうに気になったのかについては、以前記事にした
蛇足だが、この記事(よく見れば・・・)は、今のところ私の芭蕉関連の記事のなかで、もっとも多く読まれている。

2015/11/19

反対の反対は賛成か?「荒海や佐渡に横たふ天の河」

子どもの頃、賛成か反対かという意見を求められて、「反対・・・の反対」とふざけて答えた経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

「反対の反対」は、子どもにとっての言葉遊び。
まわりの子ども達が「賛成」を表明するなかで、あえて「反対」を唱える心地よさ。
突然「反対」と言って、皆の気をひき、続けてまた「反対」と否定することで、気をそらす。

「えっ、あいつ反対なのか、なんでだろう?」という周囲の関心や注意が、もう一度「反対」が繰り返されることで失速する。
相手を「なあんだ」と言わせるお子様レトリック。
子どもの面白半分の戯れである。
子どもにとって、ことば遊びは面白半分の戯れ。
「反対の反対」に深い意味はない。

2015/11/17

卒業写真の老人

「卒業写真」は、荒井由実(現・松任谷由実)さんの代表的なヒット曲のひとつ。
この歌は、当の松任谷由美さんが歌うよりも、山本潤子さんの方が好きという方もいらっしゃるようで。
ま、好きずきってことですね。
それはさておき、その歌詞に下記のような一節がある。

「町でみかけたとき 何も言えなかった
卒業写真の面影がそのままだったから」


私は現在64歳である。
その私が、彼を町で見かけたとき、何も言えなかった。
中学校卒業記念写真の顔そのままだったから・・・・・。

埋火や壁には客の影法師

芭蕉は「おくのほそ道」の旅を終えてから、京都、大津、伊賀上野などで暮らし、48歳の初冬に、江戸深川にもどってくる。
年が明けて、元禄5年、49歳の5月に「第三次芭蕉庵」が完成。
この草庵で、51歳の初夏に、帰郷のために江戸を離れるまでの2年間を暮らしたとされている。
この旅立ちが最期であったので、この時以来、もう芭蕉はこの草庵にもどることは無かった。

埋火(うずみび)や壁には客の影法師
松尾芭蕉

2015/11/16

暑き日を海に入れたり最上川

「出羽三山巡礼登山」を終えた芭蕉は、鶴岡に出た。
鶴岡から川舟で最上川に出て、酒田に到着。

酒田は、夏場はフェーン現象により暑くなることが多い土地柄。
芭蕉が酒田を訪れたのは元禄2年6月13日。
夏の暑い盛りであったと思われる。

暑き日を海に入れたり最上川
松尾芭蕉

2015/11/15

芭蕉登山する「雲の峰幾つ崩れて月の山」

芭蕉は、「おくのほそ道」の旅で出羽三山に立ち寄り、羽黒山、月山、湯殿山に登ったとみられる。
芭蕉が、後にも先にも「登山」をしたのは、この出羽三山だけではあるまいか。
出羽三山の巡礼登山。

「おくのほそ道」本文に、「六月三日、羽黒山に登る。」とある。
6月3日は羽黒山の登り口から南谷に登り、南谷にある宿泊施設で一泊。
4日の昼に本坊宝前院若王寺にて俳諧興行。
5日に南谷から三の坂を経て羽黒山山頂に到着、羽黒本社に詣でたとされている。

2015/11/13

あらたふと青葉若葉の日の光

「あら」は、現代語では「ああ」で、驚いたり感動したりしたときに、思わず発する言葉。
「たふと」は、形容詞「たふとし(尊し)」の語幹用法。
「あらたふと」は、「ああ尊いことだ」という意
この句をストレートに読むと、芭蕉の自然賛歌が輝いているようにみえる。

あらたふと青葉若葉の日の光
松尾芭蕉

降っていた雨が止んで、陽がさしこむ。
陽の光が、新緑の葉を透かして、地面に濃淡様々な影をつくる。
光が地面に届くことが尊いのだ、と芭蕉は思ったのかもしれない。

草の戸も住み替はる代ぞ雛の家

「おくのほそ道」に記された最初の句である。

「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり・・・・・・」という冒頭の文章はあまりにも有名。
この文章の結びとして、以下の句が書き記されてある。

草の戸も住み替はる代(よ)ぞ雛(ひな)の家
松尾芭蕉

ものの本によると、旅の出発直前に、芭蕉が岐阜の門人「安川落梧(らくご)」に宛てた手紙の中に掲句の初案があるという。

2015/11/11

おもしろうてやがて悲しき鵜舟哉

これも芭蕉の有名な句。
有名すぎて、微妙に間違って覚えている方も多い。

「おもしろうてやがて悲しき鵜飼哉」とか「おもしろうてやがて寂しき鵜飼哉」とか。

私の知人で「おもしろうて屋形悲しき鵜飼舟」と言った人がいた。
なるほど、これはこれで面白い。

また、「楽しいのは一時さ、終わってしまえば、その倍寂しくなる」というような格言的な意味合いでも使われることの多い句である。

しかし芭蕉は、格言や諺には興味が無かっただろう。
現実を、短い言葉で切り取った美の世界にしか興味が無かったのでは、と私は思っている。

2015/11/10

五月雨に鳰の浮巣を見にゆかん

芭蕉には、「五月雨」の句が多い。
なかでも、有名なものに以下のふたつがある。

「五月雨をあつめて早し最上川 」
「五月雨の降残してや光堂」

だが、次の句もなかなか良いと私は思っている。

五月雨に鳰(にお)の浮巣(うきす)を見にゆかん
松尾芭蕉

ドウダンツツジの紅葉がそれなりに最高潮

ドウダンツツジの生垣
冴えない色だったドウダンツツジの紅葉が鮮やかさを増していた。

犬の散歩の途中、例のドウダンツツジの生垣を見物に行ったら、この前よりも鮮やかに色づいている。
ドウダンツツジ本来の炎のような赤色を取り戻したようだ。
今年は不調さがめだったドウダンツツジだったが、晩秋に命を吹き返した感がある。
来春の再生に向けて、活動を続ける植物の姿は美しい。
もう、葉が散りかけているので、紅葉の最高潮は、ここ2~3日ではなかろうか。

2015/11/08

青い海公園緑地のモミジの紅葉

青い海公園
今日の青い海公園は曇り空。
風は無く、温かい海辺だった。

公園の緑地を散歩していると、あざやかなモミジの紅葉。
芝生上の赤い落葉の絨毯が、とてもきれい。

左の写真は、どんよりと曇った陸奥湾の上空。
青い海公園(新中央埠頭の根元)から北防波堤を眺めている。
海の波は穏やか。
カモメがゆったりと海面を漂っていた。

名月や池をめぐりて夜もすがら

「名月」とは陰暦八月十五日の夜の月。
「池をめぐりて」は池の周囲を回っての意。
「夜もすがら」とは、夜通しとか夜の間中ずっととか。

名月や池をめぐりて夜もすがら
松尾芭蕉

芭蕉43歳の頃の作とされる。
43歳と言えば、「笈の小文」の旅へ出かける1年前のことである。
一門の宝井其角(たからいきかく)、仙化(せんか)らと芭蕉庵月見の会を催した席での作であるらしい。
この句は、月見会で隅田川に舟を浮かべ、その舟の上で芭蕉が吟じたものとも言われている。

11月にあざやかな黄色い花を咲かせているミヤコグサがすごい!

可憐な花。
犬の散歩で、新中央埠頭へ。
埠頭の根元(南側)の緑地で、小さな黄色い花が咲いているのが目に入った。

今頃何の花だろうと近づいてみたら、なんとミヤコグサだった。
ミヤコグサは、春から初夏にかけて咲く植物。
それがなんで今頃?

2015/11/07

辛崎の松は花より朧にて

「辛崎」は地名。
現在では唐崎と表示。
唐崎は滋賀県大津市の北西部に位置し、琵琶湖荷西岸にある。

この地には、唐崎神社が鎮座している。
その境内にある「唐崎の松」は、景勝地で、近江八景のひとつ。
また、「滋賀の唐崎」は歌枕としても有名である。

辛崎(からさき)の松は花より朧(おぼろ)にて
松尾芭蕉

2015/11/05

俳諧のセンスが短歌を越える?「春なれや名もなき山の薄霞」

春なれや名もなき山の薄霞(うすがすみ)
松尾芭蕉

前書きは「奈良に出る道のほど」となっている。
「野ざらし紀行」の旅で奈良へ出る途上で詠んだ句。

春になって温かくなり、周辺の山に薄い霞がかかっている様を句にしたもの。
旅人にとって春は、大歓迎の季節。
「なれや」は断定の助動詞「なれ」プラス詠嘆の間投助詞「や」。
「やっと、春になったことだなぁ」という喜びの気持ちが「春なれや」にこもっている。
そして、うれしい春到来の現象として「山の薄霞」の景色がひろがる。

2015/11/04

海辺にたたずむ芭蕉「海暮れて鴨の声ほのかに白し」

海暮れて鴨の声ほのかに白し
松尾芭蕉

「海辺に日暮して」と前書きがある。
芭蕉は、海辺に夕日が沈むのを眺めていたのだろう。
暮れて暗くなった海辺にたたずんでいたら、鴨の鳴き声が、うっすらと白く聞こえたというイメージ。

日が暮れても、残像のような鴨の姿がうっすらと白く見えた。
すると、その鳴き声までもが白く聞こえた。

明ぼのや白魚しろきこと一寸

シラウオとシロウオは混同されやすい。
漢字では、シラウオは白魚で、シロウオは素魚だという。
パソコンでもそのように漢字変換される。

白魚(しらうお)は、白っぽい半透明の、細長い小魚で、死ぬと白くなる。
素魚(しろうお)は飴色がかっているが、ほとんど透明で、これも死ぬと白く濁る。
姿も料理の仕方もそっくりなのだが、魚としてはまったくの別種。

多くの句の題材となっているのは、白魚の方が圧倒的に多い。
シロウオと比べると、シラウオの方が語呂が良くて聞きやすいせいだろうか。
女性の細長い指を、シロウオのような指とは言わないのもそのせいか。
「白波(しらなみ)」や「白砂(しらすな)」、「白鳥(しらとり)」もこの類か・・・・。

桜(ソメイヨシノ)の紅葉は、見る人を退屈させない

ソメイヨシノの紅葉は、美しく、しかも変化に富んでいて退屈しない。

まだ緑の葉が瑞々しいうちに、ちらほらと枝の各所で部分的に紅葉が始まる。
その、緑の葉と赤や橙に染まった葉のコントラストが美しい。
徐々に、木全体に紅葉が進む。
紅葉した葉は、順次カラフルな落葉になる。
地面をおおう落葉の彩。
枝に残っている葉を見上げると、頭上も彩。

芭蕉がクローズアップしたもの「秋風や薮も畠も不破の関」

「不破の関」は、現在の岐阜県不破郡関ヶ原町にあった関所。
673年に天武天皇の命により設置されたものだという。
789年に廃止。

秋風や薮(やぶ)も畠(はたけ)も不破の関
松尾芭蕉

「野ざらし紀行」の旅で美濃に立ち寄ったときの句。
1684年の作であるから、「不破の関」が廃止されてから900年近くも経っている。
かつてあったものが消えて900年経った場所に芭蕉は立っている。
「秋風」や「藪」や「畠」は芭蕉の目の前に現存するが、「不破の関」は存在しない。
遠い過去のものとなった史跡である。

2015/11/03

蔦植て竹四五本のあらし哉

蔦はブドウ科の植物。
蔦の幹はつる性で、どんどん伸びる。
幹から出ている巻きひげの先端が吸盤になっている。
その吸盤で、樹木や壁を「伝う」ことから「つた(蔦)」という名前になったとのこと。
山ブドウの葉同様に、秋の紅葉が美しく、冬には落葉する。

(つた)(うえ)て竹(たけ)四五(しご)本のあらし哉
松尾芭蕉

前書きに「閑人の茅舎をとひて」とある。
「閑人(かんじん)」とは、俗世間を離れてわび住まいする風流人のこと。
「茅舎(ぼうしゃ)」とは、茅葺きの家のこと。

八甲田周辺の冬枯れ風景

ブナの森。
犬の散歩を兼ねて北八甲田連峰の東に位置する尾根を散策。

青森県道40号青森田代十和田線から別れて、八甲田温泉へ至る道(青森県道242号後平青森線)を進む。
旧上北鉱山跡の横を通って、七戸町の「みちのく有料道路」と合流する道である。
この道は、八幡岳と七十森山をつなぐ稜線を山越えする。

その峠に、広い駐車スペースがあったので、そこにクルマを止めた。
広場から南東方向に山道(林道)がのびている。
その山道をのんびりと散歩。

2015/11/02

芭蕉の夢うつつ「馬に寝て残夢月遠し茶の煙」

まるでイメージの寄せ集めのような句。
「馬に寝て」「残夢」「月遠し」「茶」「煙」。
個々のイメージをつなぎ合わせると以下のような情景が思い浮かぶ。

馬上で寝て、夢の続きを見ているような夢うつつのとき、月は遠くに消えそうで、茶の煙が空にたなびいた。

どうも、そのまんまだね。

夢うつつの馬上旅。
進むほどに、不思議な世界が目の前に展開する。
さっきまで頭上にあった月がいつのまにか遠くに退く。
茶の煙がゆらゆらと立ちのぼっている。

2015/11/01

津軽半島大倉岳ハイキングその2(大倉岳山頂~赤倉岳~駐車場)

大倉岳山頂から赤倉岳を眺める。

大倉岳(677m)を下り、赤倉岳(563m)への分岐を左折する。
ハイキング道は、大倉岳の山腹を巻くようについている。
山腹の道は、石がゴロゴロしている片斜面で歩きづらく、わかりにくい。
でも、赤倉岳へ続く稜線の方角を見極めていれば迷うことはない。
ハイキング道は大倉岳山腹から稜線へと続いている。

大倉岳から赤倉岳へ続く稜線は、津軽半島の脊梁山脈の分水嶺である。
西側の斜面を下る沢は日本海に流れる。
東側の斜面を下る沢は陸奥湾に流れ込む。

津軽半島大倉岳ハイキングその1(阿弥陀川登山口~前大倉岳~大倉岳山頂)

駐車場付近にハイキングコース案内の看板(ここがスタート地点であり、循環コースのゴールでもある)。逆時計回りに赤倉岳に向かう場合は、ここが登山口となる。

15年ぶりぐらいで、津軽半島大倉岳(677m)へハイキング。
蓬田村から大倉岳阿弥陀川(あみだがわ)登山口までの自動車道は、案内標識が倒れていたり不鮮明になっていたりで分かりづらい。

15年前のぼんやりとした記憶を探りながら、登山口を目指した。
林道に入ってから阿弥陀川に架かる橋をいくつか渡る。
林道分岐には標識が欠落したところもあり、注意が必要。
最後は、橋のない浅瀬を自動車で「渡渉」して駐車場(標高178mぐらい)へ到着。
「自動車渡渉」は四駆が無難。
この川越えだけは、鮮明に覚えていた。

こんな記事も読まれています

過去7日間の人気記事