投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

芭蕉の投影「冬の日や馬上に氷る影法師」

芭蕉は、東海道・吉田(現・豊橋市)の宿から天津(あまつ:現・豊橋市杉山町天津)を通って、杜国(とこく:芭蕉の愛弟子)の住む保美(ほび:現・田原市保美)に向かっている。

天津は、吉田と保美の中間から、いくらか吉田寄りの場所。
「笈の小文」で芭蕉は天津のことを「あま津縄手、田の中に細道ありて、海より吹上る風いと寒き所なり。」と書いている。

芭蕉が誘導する「寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき」

「笈の小文」の俳句を、旅の順に読み進めていると、この句に行きあたる。

寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき
松尾芭蕉

この句を読んで「えっ?」と思う人は案外多いのでは。
「えっ、そのまんまじゃん・・・・。」なんてね。

今まで、芭蕉の句の空間的な広がりのなかで、イメージを遊ばせて楽しんでいた芭蕉ファンは、ちょっと戸惑いを感じる。

「なんて地味で、生活臭が染み込んだ俳句なんだろう・・・」などと思う人もいるかもしれない。

名古屋に杜国(とこく:坪井杜国)という芭蕉の愛弟子が暮らしていた。
杜国は、名古屋の米商人で、米の不正取引に関わって処罰され、三河地方へ追放されている。
芭蕉は、鳴海の宿で、杜国が渥美半島の先端に近い保美(ほび)村という所で、ひっそりと暮らしているという情報を得る。
そこで、名古屋に住む俳人である越人(えつじん:越智越人)と連絡をとり、杜国と会うために渥美半島の保美村(伊良湖崎方面)に出かけることに。
旅の順路としては、一旦江戸の方角にもどることになる。
保美村に向かう途中、芭蕉は同行した越人とともに東海道吉田(現・豊橋市)に宿泊。

「寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき」は、吉田の宿で作った句だと言われている。
「二人寝る」とは、芭蕉と越人のことらしい。 芭蕉は、杜国との再会を楽しみにしながら、宿の床についたのだろう。 思わず、ため息のような句が芭蕉の口から漏れた。
寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき

寒い夜は二人で寝ると温かい、という意味合いを持った句では無い。
厳しい寒さの夜ではあるけれど、二人で寝ると心強い、というような感じ。
寒さは、夜が深まるとともに、だんだん厳しいものになってくる。

私は以前に、芭蕉の俳句には天空を意識したものが多い、と書いた。
そういう視点で、上記の句を読んでみると、「そのまんま」では無い、別な世界が広がっているように感じられる。

寒い夜は、天(上空)が持ち込んでくる。
冬の厳しい寒さは、天の影響に因る。
地の上に建っている家屋。
その床に横になっていると、そういう天と対峙しているような不安が、寒さに震えている芭蕉に募ってくる。
それは鳴海の宿で、「星崎の闇」にたいしておぼえた不安を、芭蕉に思い出させる。

こんな夜に、ひとり布団にへばりついているとしたら、なんと心細いことだろう。
遠い上空の闇に押しつぶされてしまいそうな恐れ。
芭蕉は、冬の寒さを…

冬型の気圧配置とインフルエンザの関係

イメージ
青森市は、ここ4~5日冬の終わりのような気候が続いていて、降雪がほとんど無かった。
それが、昨夜から今朝にかけて、冬型の気圧配置が強まり、20センチほどの降雪。
時期的にはまだ1月の終わりなので、厳しい寒さや大雪があっても当然のこと。
青森県の厳冬期は、これからが本番。

2月が過ぎないうちは、春は遠い。
青森市内は、今(正午頃)も、静かに雪が降り積もっている。

インフルエンザが10日で完治か?

きのうで、インフルエンザA型にかかってから10日目になる。
体温もようやく落ち着いてきた。
昨夜寝る前の体温は36.7度だった。

今朝起きたときの体温は、36.5度。
朝の犬の散歩で、少々汗ばんだが、家に帰ってから熱をはかると、36.8度。
37度には達していない。
インフルエンザ発症から10日も経てば、多くの人達は快方に向かうに違いない。

インフルエンザ感染(発症)6日目

インフルエンザの症状が出てから今日で6日目。
昨日ぐらいから熱が下がっていて、だいたい37度前後に落ち着いている。
食欲も回復しつつある。

タミフルは昨日の夕方で終了。
他の薬は今朝の分で終了となった。

芭蕉の不安な雪雲「京まではまだ半空や雪の雲」

京まではまだ半空や雪の雲 
松尾芭蕉

芭蕉の俳句には天空を意識したものが多いと、このごろ考えている。 句の中に天と地を配置して、限られた字句による俳句の表現に、文字制限を超えた空間的な広がりや奥深さを持たせようとしている。 それによって、芭蕉の俳句に接する者は、より広がりのあるイメージを感じることができる。

インフルエンザによる咳の緩和のために、レモンのハチミツ漬けを作って食べた

イメージ
以前風邪をひいたときによく食べたレモンのハチミツ漬けを作った。
私の場合は、咳を和らげるのに効果的だったので、これにすがってみたのだ。

なにせ、今回の咳は、安静状態を保てないほど激しい。
咳き込むたびに咳がひどくなるという有様。
咳は、すればするほど喉の炎症がひどくなる。
咳を止めるためには、咳を我慢することという話もあるが、これは至難の技。
また、咳も身体の機能の一部で、必要があって発生しているのだから、薬剤によっていきなり断ち切るのも弊害が出そうである。

風邪かなと思っていたら、高熱が出てインフルエンザA型に感染していた

イメージ
昨日、ファンヒーターによる喉の乾燥から風邪気味になったと書いたのだが。
今朝、体温を測ったら38.2度あった。 ここ4~5年体験したことのない高熱。 もしやと思って病院で診察を受けた。
その結果は、「インフルエンザA型ですね」。

長時間ファンヒーターの前に居て、喉を乾燥させ、風邪気味に

イメージ
ここ2~3年、しんどい風邪をひいていないので、風邪に対する予防意識が低下していたのだろう。
ちょっとした油断で風邪をひいてしまった。

仕事場で、ファンヒーターを正面に置いて暖をとりながら、パソコンで仕事をしていた。
その結果、喉がちょっとイガイガ状態に。
そう感じた時は、もう遅い。

積雪期の歩道確保の方法

イメージ
雪国では、積雪期の道路交通機能確保のために除雪作業が欠かせない。
自動車道路もそうなのだが、歩道の確保も歩行者の安全な通行のために重要。
市街地の自動車道路を除雪ドーザで除雪すると、自動車道路から押しのけられた雪塊が、歩道を埋めることになる。 そのため、歩道は、数回に渡って積み上げられた雪塊の山となり、歩行困難や歩行不能状態に。

岩木山百沢スキー場でテレマーク

イメージ
弘前市の岩木山百沢スキー場へ。
久しぶりに、「弘前テレマークスキークライミングパーティー」のオールドメンバーが集まって、スキー場でスキー会。
今日の天候は、曇り時々晴れ。

2時間券を購入して、各自楽しんだ。
オールドメンバーだから、全員が60歳以上。
シルバー料金で、2時間券が1、330円。

天空の闇と地の千鳥の「ダブルイメージ」(星崎の闇を見よとや啼千鳥:芭蕉)

星崎の闇を見よとや啼千鳥  
松尾芭蕉

松尾芭蕉が旅先の鳴海(名古屋)の宿で作った句。 星崎は、その鳴海の西北に位置する。 星崎の地名の由来は、637年頃、この地に星が降ったことによると言われている。 星とは隕石のことで、星崎には「星宮社」という星にちなんだ神社がある。 また、1632年(1670年とも)、星宮社の南の南野村に隕石が落ちたという記録もある。

テレビで人気俳優が言ったこと

イメージ
最近人気を博した若手俳優が、テレビのインタビューを受けて言った。

「学生の頃、ものすごくボロいアパートに住んでいたんですよ。だけど、そのアパートの雰囲気が好きで、4年間、ずうっとそこに居ました。」

今も、そのアパートを管理している大家は、偶然、テレビを見ていて、懐かしい思いにかられた。
同時に、ほっとした。
この俳優が、見た感じそのままの、「うす汚いアパート」という言い方をしなかったことに、ほっとしたのだ。

ついに積雪深が1メートルを超えた青森市

イメージ
私が住んでいる青森市の地域では、夕べから今朝にかけての積雪が25センチぐらいあった。 気象庁のデータによると、今日午前3時の、青森市の積雪深は102センチ。
ついに1メートルを超えた。

本日13時現在の24時間降雪量は青森市で31センチ。
青森市の観測史上1位の積雪深は209センチ。 1945年2月21日のこと。

雪国の雪片づけの方法「流雪溝(りゅうせつこう)」

イメージ
青森市にある平和公園。
その南端沿いの道路には「流雪溝」が整備されている。
この設備のおかげで、付近の住宅の雪片づけが行き届いている。
家のまわりの雪処理がきれいだ。
ただ、自動車道路を横切らなければ流雪溝にはたどり着けない。
それが難点。

羊羹(ようかん)の「よう」は、なぜ「羊」なのか

イメージ
常連となっている居酒屋で飲んでいると、羊羹屋のオヤジが入ってきた。
暖簾をハゲ頭でくぐって、後ろ手にガラス戸を閉める。 彼特有の入店スタイル。 風にはためいていた暖簾が、ハゲ頭に乗った雪片を少しはらった。

正月の公園風景

イメージ
今朝も穏やかな青森市内。
昨夜からの降雪は10センチ程度。

近くの公園の積雪は、70センチから80センチ。
都市公園は、静かな冬の森になっている。

今シーズンの初滑りは青森市近郊のスキー場モヤヒルズ

イメージ
仕事から解放されて年が明けた。
正月元旦に、やっと初滑り。 天気予報では荒れ模様ということだったが、モヤヒルズはそれほどでもない。 吹雪いたり止んだりの繰り返し。 こういう状態を、まあまあだねと言うのはマニアックなスキーヤーで、一般のスキーヤーは敬遠する。 正月休みなのにスキー場がガラガラなのは、やはり悪天のせいか。

青森市内は穏やかな元旦

イメージ
元旦の今日、日本の上空約5000メートルには氷点下36度以下の強い寒気が流れ込んでいるらしい。
青森市内は、夕べから今朝にかけて、15センチぐらいの積雪があったのみ。
穏やかな元日を迎えている。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る