投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

「ニワウルシ」という木の名前を知ったら、ニワウルシの木が目に入り出した

イメージ
近所の公園で草のように生えている小さな木の名前がニワウルシであるとわかったのは、先日の記事で書いた通り

その記事で、成長したニワウルシの樹木をこの辺では見かけたことが無い、と書いた。
が、近所のあちらこちらに、ニワウルシの成長した木が見つかった。
木の名前を知ったことで、その木に対する注意力が増したのだろう。
普段、犬の散歩で、何気なく眺めていた木々の中に、実はニワウルシの木が紛れていたのだ。

津軽半島屏風山砂丘の最高地点「往古之木嶺(おこのぎながれ)」散策

イメージ
往古之木嶺(おこのぎながれ)という名の、以前から気になっていた「山」へ散策にでかけた。 なぜ気になっていたかと言うと、名前が面白いから。 ただそれだけなのだが・・・。
屏風山は、津軽半島の日本海沿岸に、南北に連なる砂丘。 その砂丘の北側に、往古之木嶺(おこのぎながれ)がある。 この「山」は標高約79メートルで、屏風山砂丘の最高地点になっている。
高山稲荷神社線と呼ばれている県道228号線と、メロンロードという看板が随所に立っている屏風山広域農道との交差点を北上。 5〜6分クルマを走らせると左手に「往古之木嶺」の小さな看板が立つ間道がある。 そこを左折。
西に向かって1〜2分走ると、道路右手(北側)に上の写真の看板がある場所に着く。 看板の東側には、乗用車がギリギリ2台駐車可能なスペースがあるから、「この場所にクルマを停めてくれ」ということなのだろう。 「ここを進めば往古之木嶺に至る」みたいなハイキング標識は一切無い。






この東西に長い丘全体が「往古之木嶺」であるから、この看板のある駐車スペースにクルマを停めて、北側の森を「うーむ」と唸って眺めれば、「往古之木嶺」に来たということになるのだろう。 普通の人は、ここで引き返すのだが、「ナントカ」は高いところに登りたがる。 登る前に、看板の能書きを一読。
以下は看板からの抜粋。
『往 古之木嶺は、いわゆる往古、吹き荒ぶ西浜からの、飛砂が積もって形成された縦列砂丘であり、屏風山中、標高78.6メートルと最も高く、西浜で働く漁師 の、船からの格好の目印でもあった。また、藩政時代、権現岬、弁天崎とを結ぶ連絡用の狼煙台(ノロシダイ)でもあった。(津軽絵図に記)。麓には、鬼の相 撲取場があるとの伝承がある。 全国的に、鬼伝説のウラには鉄があると言われているが、ここは、砂鉄関連との見方が有力である(良質の窯用の粘土有り、砂鉄有り。鉄がご神体の鬼神社がある)。』 以上、抜粋終わり。
往古之木嶺(おこのぎながれ)の頂上らしき場所までは、この駐車スペースから北に向かってほぼ一直線に進む。
指導票は皆無なので、「主稜」まで、コンパスと踏み跡を見比べながら進むしか無い。
踏み跡(道)が明確な場所もあれば、カシワの枝に被われて不鮮明な箇所もある。
でも、歩きにくいことは無い。

ほとんど、薮こぎ無しで進むことができる。
注意深く進めば、道筋は見て取…

津軽平野(津軽半島部)の雲の写真

イメージ
今日の天気予報は「曇り時々雨」。
でも、行ってみれば津軽半島の西側は良いお天気だった。
「屏風山」方面へのドライブの途中、雲と青い空がカッコ良かったので、クルマを停めて写真撮影。 見た感じでは、かなり低い部分から上に成長しているような雲の様子。
積雲の雲底は高度500メートルぐらいからできるらしい。

帽子をかぶると頭が痒くなる

イメージ
頭に汗 炎天下でのハイキングや散歩や仕事には、帽子は欠かせない。
いわば、夏の必携品。
熱中症予防のためにも、日除けの帽子をかぶることは大事だ。
ところが、頭皮が荒れやすい私は、帽子をかぶると頭が痒くなる。
暑い日は、帽子をかぶると、頭に汗をかきやすい。

葉が羽状複葉で互生している樹木(ニワウルシ)

イメージ
公園を散歩するたびに、以前から気になっていた木がある。 葉のつき方や枝の様子がウルシに似ていて、公園のあちこちに草のように生えている木だ。
方々に点在して、繁茂状態に凄まじい勢いがあって、「ウルシのようでウルシでない。なんじゃ、これは?」という感じの植物。
葉が羽状複葉で互生している樹木」という語句で検索したら、「松江の花図鑑」というサイトの該当ページに辿り着いた。
ずらっと並んだ「羽状複葉」の写真サンプルの中に、探していた樹木を見つけることができた。 「ニワウルシ」という名の、ニガキ科の落葉高木とある。 名前に「ウルシ」がついているが、ウルシ科とはまったく別種であるらしい。 だから、さわっても、かぶれる心配は無い。
「ニワウルシ」で検索して、他のサイトでもいろいろと調べてみた。
ニワウルシの別名はシンジュで、漢字をあてると「神樹」と書く。 この「神樹」には特別な意味は無いという。 「Tree of heaven」という欧州名の直訳から来ているという説明だが、「Tree of heaven」には何か意味がありそうな気がするが・・・。
種子は翼を持っていて、風に乗って遠隔地に飛散する「風散布種子」。 よって、繁殖力の強いニワウルシは方々に拡散しているらしい。 道理でよく見かける訳だ。
もともとは中国北部原産の外来樹木。 大気汚染に強く種子の発芽率も高いという。 成長が早くて所構わず増え続けるので、日本では少々厄介者扱いになっているこの頃。
例によって、環境庁の「特定外来生物」というブラックリストにあげられている。 成長すると10メートルから25メートルぐらいまでの高さに伸びるらしいが、この辺ではそんなに大きなニワウルシを見かけたことが無い。
公園の日当りの良い場所で、発芽したニワウルシの幼樹は、草と一緒に伸びては、草と一緒に刈られてしまうという運命にある。
そんな状態では、公園で「成長した樹木」として育つ筈が無い。
もし樹木として育ったとしても、都市公園整備上の「駆除植物」になってしまうかも知れない。

しかし、刈られても刈られても、羽状複葉の赤っぽい枝を伸ばして存在しつづけている。 やはり相当な繁殖力の持ち主である。

ひょろひょろと、細くて赤い枝を長く伸ばしてくる様には、ちょっと違和感を覚える。
葉が、羽状複葉で互生している樹木は、日本にはいっぱいあるのだが。
やっぱり外…

不平不満が多いダンナと、その妻の嘆き

残暑きびしいこの頃、彼女のダンナは、「暑い!暑い!」を繰り返している。
その不平や文句自体が、とても暑苦しくて彼女は我慢できない。
彼女にとっては、残暑攻撃とダンナの不平攻撃でダブルパンチ。
ダンナがあんまり「暑い!」を繰り返すもんだから、彼女は、「夏は、暑いのがあたりまえでしょ!」と言ってやった。

暑くて寝苦しい夏の夜に眠る方法

イメージ
残暑が厳しく、北国のこの地方でも暑い夜が続いている。
熱帯夜とまではいかなくても、暑い夜に慣れていない人達は睡眠不足ぎみであるとか。
かくいう私は、老齢の身でありながら、暑さに強い。
従って、他人には暑くて寝苦しい夜でも、私はスヤスヤ状態なのだ。

キイロスズメバチの肉食現場(不快に思われる方はページを閉じてください。)

イメージ
(この記事には、あなたにとって不快な内容が含まれているかもしれません。 動物の「死んだ姿」などに不快・嫌悪・恐怖を感じやすい方は、今すぐこのページを閉じてください。)

スズメバチは肉食だと聞いたことがあるが、本日、はじめてその現場を目撃した。
スズメバチが乾涸びかけたネズミの死骸を肉食している。
この時期(8月〜10月)、スズメバチは営巣活動が活発になり、もっとも攻撃的になるらしい。

お盆というトートロジー

イメージ
「お盆」は20日までと言われているから、昨日で「お盆」が終了したことになる。

そういえば、この町内の盆踊りが昨夕おこなわれていたようだ。

遠くから、盆踊りの曲と掛け声が聞こえていた。

墓参りも、親戚を訪ねるのも、盆踊りも、全て「お盆」の行事。

行事というか、ほぼ仕事に近い。

だから、終わるとほっとする。

涼しい木陰をつくる公園の樹木たち

イメージ
8月後半に入ったが、北国でもまだまだ残暑が厳しいこの頃。 近くの公園では、写真の通り、明暗(暑涼)がくっきりしている。 夏に公園を訪れる目的は、木陰で涼を得るため。 夏場の都市公園は、森林のような場所が愛されている。 誰でもが体験的に公園の木陰が涼しいことを知っている。
でも、木陰ってどうしてこんなに涼しいのだろう? 公園の木陰に入ると、ひんやりとした空気が流れているのはなぜだろう? 木陰は、樹木の葉が直射日光を遮ってくれるから涼しい。 であるから、当然、樹木の葉の表面は、夏の陽光にあぶられっぱなし。
その葉が、表面から水分を蒸発させて、葉自身と周囲の温度を下げている。 こういう現象を気化熱(蒸発熱)というのは、割とよく知られている。 液体が蒸発する時は、周囲から熱をうばって気化するから、周囲の温度がその分下がる。
樹木の葉はそうやって「熱枯れ」を防いでいる。 それが人間には涼を与えているという仕掛け。
樹木の上部の日当り部分では水分の蒸発によってかすかな上昇気流が生じている。 その影響で、木陰部分の空気も上方へ動く。 木陰の下草は、瑞々しくて水分の宝庫。
だから、地面の低温な空気が、高体温の人間に向かって流れてくる。 そういう仕掛けが公園の木陰にあるから、人は木陰の涼しさに癒される。 樹木の葉が常に水分を蒸発させるためには、樹木は水分に満ちていなければならない。 樹木たちも下草たちも水分に満ち満ちているから、そのことによっても低温状態が維持されていることになる。
この公園で、私がもっとも涼しいと感じたのは、下の写真の場所。
桜の木の木陰。
樹木が割と密生している。
クローバーやオオバコなどの下草も豊富で生き生きとしている。
近くに水道の水場があって、周辺が湿潤である。
ここが最良の木陰避暑地。







残暑お見舞い申し上げます。

林縁でにぎやかに咲く夏の白い花・クサギ

イメージ
林道を散策中、林縁でクサギの花を見つけた。 白い花が一斉にわーっと咲いていて、とてもにぎやかである。 クサギは、その名の通り「臭い木」が名前の由来であるらしい。
クサギの葉を揉むと独特の匂いがする。 まあ、樹木の葉は、クサギに限らず、それぞれ独特の匂いを持っているものだが。 クサギの葉が人間に臭いと感じられて、そういう木の名前になってしまった。
花に顔を近づけると、かすかな良い香りが漂っている。 ユリの花の香りにちょっと似ている。
人は臭い匂いに囚われ過ぎて、甘い香りに触れる機会を逃がしてしまう。
白い花びらの奥にある赤みがかったものが萼(がく)。 花が終わると、この萼(がく)の色がだんだんと濃くなる。 この萼が、白い花が終わった後、赤い花が咲いたような印象を見る者に与える。 クサギは、二度、華やかなにぎわいを楽しめる木なのだ。
いや、三度かも知れない。

秋の中頃、鮮やかな赤色になった星状の萼に包まれて、濃い藍色の丸い果実が姿を現す。
クサギのそういう色鮮やかな光景が見物できるのは、もうちょっと先になる。




林道の道端にキイチゴ

イメージ
日中、青森市内は残暑がきつかったので、へたばっている犬を連れ出して避暑に出かけた。
青森市の滝沢から林道へクルマを進め、適当な駐車スペースにクルマをとめて、徒歩で林道を散策。
 ここも犬には暑いようだが、青森市内よりは、はるかに涼しい。 先日同様、林道の道端でキイチゴを見つけた。

ダナー?の中国製登山靴(トレッキングシューズ)ピークポイントハイカープラスについて

イメージ
急に岩木山方面へ行く用事ができた。
愛犬同伴で。 犬連れで岩木山へ行くなら、百沢のスキー場辺りを散歩したいところ。 夏場の百沢スキー場は、石混じりのガレバ的な斜面で、トレッキングシューズでないと歩きにくい。 そこで、以前から必要性を感じていたトレッキングシューズを購入することにした。

孫の幼児語を理解する嫁と、理解出来ない姑

この頃、1歳半の孫娘が、よく彼女に話しかけてくる。

夏の草原に咲いた白いニホンハッカの花

イメージ
岩木川の広い河川敷を利用してつくられた公園で、ニホンハッカの白い花を見つけた。 場所は、つがる市稲垣町付近。
ニホンハッカは、日本在来のハッカ。 植物図鑑で調べると、シソ科ハッカ属の多年草とある。

林道跡の散策で出会った大型キノコ(アカヤマドリか?)

イメージ
萱野高原付近の林道跡を散策中、大型キノコに出会った。
ほぼ林道跡の真ん中に、ひとつだけ出ている。 傘の直径は20センチぐらい。 大きくてボリュームがあるので、その色合いからパンを連想してしまった。 傘の表面のひび割れはメロンのネット(網目)を思わせる。

ミズ(ウワバミソウ)とキノコの谷を探索

イメージ
午後、暑さにへたばりそうな愛犬をつれて、ミズとキノコの谷を探索に出かけた。 さすがにキノコはまだ早かったようだが、ミズはたっぷりあった。 この谷のミズは背丈が高くて、成育状態が良好である。

味のほうは、今ひとつミズ特有の「とろみ」に欠けるが、美味い部類だ。
たくさん採ると皮むきが大変だから、適量を頂戴した。

去年、ナメコをいただいた倒木も確認したかったのだが、こちらは見つからず。
そんなに大きな倒木ではなかったから、雪融け水に押し流されてしまったのかも知れない。

もっと奥の、谷の下流側を探索すれば、いずれ発見できるはず。
時間もないことだし、今日はそう思って引き返した。

盆が終わって秋風が吹く頃になれば、キノコ採りで忙しくなる。
老齢に近づいても、体力があるということは嬉しいことだ。
長年山を歩き続けているから、山に育てられているという部分も多いにあると感じている。
この体力も、山に育まれた体力なのだ。

山から得るものは、スキー滑降の快感や、ミズやキノコばかりではないなぁ・・・。
山に感謝する気持ちも、山からいただいている。










林道脇で見つけた、葉がモミジに似て赤い実がなる植物(クマイチゴ)

イメージ
小さな赤い実 萱野高原の西の谷へ下りて行く林道でクマイチゴの実を見つけた。 クマイチゴは、広葉樹林の伐採跡や林縁などに生育するキイチゴの仲間である。
この地方では、使われなくなった林道沿いで、この赤い実をよく見かける。
葉が大きい割に、実は小さい。

食べ過ぎるとお腹をこわす 低山の薮こぎをしていると、クマイチゴの大群落に行く手を塞がれることがある。 茎に細かい棘が多いので、衣服に引っかかって、難儀をすることになる。
その場所を、夏の初めに訪れると、クマイチゴの赤い実が大豊作。 野生のクサイチゴほど甘みは強く無いが、自然な甘酸っぱさが美味である。 美味しいからと言って食べ過ぎると、胃腸の虚弱な人はお腹をこわす。

別に、毒がある訳ではない。
グミにしろクワノミにしろ、キイチゴにしろ、野生の実は、ちょっと味わう程度に食するのが、ちょうど良いらしい。
クマイチゴはキイチゴの仲間では比較的大型で、条件が良いと高さ2メートル前後まで成長する落葉低木。 茎は黒紫色が多いが、まだ若い茎は緑色をしている。
葉はモミジのように切れ込み、3裂から5裂。
実の成っている付近は3裂のものが多い。
このように、特徴が明確なので容易に見分けることができる。

初夏の果実 果実は6月に熟すので、今日見たクマイチゴは、もう終わりかけなのだろう。
一番下の写真には、まだ青く小さな果実があるが、これが赤く熟すかどうかはわからない。
クマイチゴは、初夏の果実。
この地方の山は、急速に秋に向かいつつある。




高山小公園(チェスボロー号記念公園)

イメージ
高山稲荷神社の入口に赤い大鳥居が建っている。
その大鳥居に向かって左手に、舗装された坂道が小高い丘の方へ延びている。 坂道を登ると、すぐに、高山小公園(チェスボロー号記念公園)の駐車場に着く。

きちんと整備された、小さな公園には、公衆トイレや展望台、チェスボロー号遭難慰霊碑、東屋などが設けられている。 駐車場から一段高い公園に向かうレンガ色の階段の左手に、「チェスボロー号遭難慰霊碑」についての説明の看板が立っていた。 看板には次のように書かれている。 「この慰霊碑は、明治22年10月、交易で来航中の米船チェスボロー号が、折からの暴風に遭難し、西浜中ノ森沖の浅瀬に座礁大破、乗員23名中19名が波に呑まれ、4名が救助されたが、この時、怒濤逆巻く中、数人の漁師たちが生命を賭して救助にあたった。 特に、その中にいた工藤はんは、瀕死の米人を自分の肌で温め、蘇生させたという美談を讃えるとともに、あえなく異国の海に消えた19名の霊を慰めるための碑である。

この旧車力村(しゃりきむら)の村民による救助活動の後、村一番の健脚2名が青森県庁までの64キロの道程を9時間かけて走った。 「遭難事件」を県庁のお役人に伝えるためである。 その結果、生存乗組員4名は、無事に帰国することができたという。 公園の慰霊碑の左手にあるレリーフの人物は、その健脚の村人2名である。
地元では、遭難救助100年を記念して、平成2年から「チェスボローカップ水泳駅伝大会」が開催されている。 大会キャッチフレーズは「勇気と愛は海を越える」。 大会会場は、つがる市富萢町のマグアビーチ。
「敵意と憎悪が海を越えた」こともあったから、この美談は人間の理想として語り継がれているのかも知れない。 これは、余談だが・・・・。
尚、チェスボロー号が米国メーン州バス市在の貨物船であったため、旧車力村とバス市は平成5年に姉妹都市提携を実現している。






津軽地方の屏風山のメロン

イメージ
青森県の名産物(農産物)はリンゴ、ナガイモ、ニンニクが有名である。 次に、上記のものよりも全国的な知名度は若干落ちるが、人気が上昇しつつあるものに、「嶽のきみ」と「屏風山スイカ・メロン」がある。
(1)屏風山の砂丘地帯の土壌は水はけが良好で、良質のスイカやメロンの栽培に適している。 (2)昼夜の温度差が10度前後もあり、これがスイカやメロンの糖度を高めている。
以上2つの理由で、この地域では、スイカやメロンの栽培が盛んなのだ。 スイカの方が「屏風山西瓜」(商標登録)としてブランドをいち早く獲得したようだが、後発のメロンも様々な販売戦略で売られている。 屏風山のスイカやメロンは、つがる市当地では沿道販売を多く見かける。
屏風山広域農道のつがる市木造越水(きづくりこしみず)付近や国道101号線のつがる市森田町付近の沿道には、スイカやメロンの沿道販売所が立ち並んでいる。
時期の限られた販売であるから、多くの販売所は簡易な小屋造り。 店は粗末な造りだが、売られていスイカやメロンは、店の近所の畑で採れた新鮮なものばかりだ。
販売している店主は、スイカやメロンの生産者でもある。 道沿いにある販売所の建っている場所が、自身の農地の端になっている。 写真のメロンは、屏風山広域農道の沿道、木造越水付近にある販売所の倉庫の中。 採れたてのメロンが、倉庫の床にゴロゴロと無造作に転がっている。
緑っぽい玉が「タカミ」という品種、黄色っぽい玉が「ユウカ」という品種。 どちらも、肉厚で完熟で甘みが濃厚であるという農家販売店主の話。 家族総出で、自家産のメロンの売り込みに励んでいる様子。
私が買ったのは、3個で1,500円にまけてもらった「タカミ」。 甘みがあっさりしていて美味いと思った。 ベタベタした、文字通り濃厚な甘みを好む人には、物足りない感があるかも知れない。


スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る