投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

新緑の森と苔清水の流れ

春雨のこしたにつたふ清水哉
松尾芭蕉
この句の前書きに「苔清水」とある。 「苔清水」とは、岩に生えた苔の間を流れる清らかな水のこと。
奈良県吉野郡吉野町吉野山、西行庵の近くに「苔清水」という名水がある。 「奥千本苔清水」とも呼ばれている。

芭蕉、吉野で花見する

旅の途上句を詠みながら、吉野に着いた芭蕉は、花見に打ち興じる。

桜がりきどくや日々に五里六里
松尾芭蕉
「桜」と前書きがついている。 「きどく」とは、奇特(きとく)。 「きどく」を「感心なさま」という意味で、この句を読んでみる。 すると、
(1)「桜狩のために、毎日、五里六里と歩き回っている。まったく感心なことだ」ということになる。

芭蕉、吉野へ旅立つ

「笈の小文」の旅は続く。
長く逗留していた伊賀・上野や伊勢を離れ、いよいよ、吉野へ向かう芭蕉ご一行。

よし野にて桜見せふぞ檜の木笠 松尾芭蕉
この句に、前書きとして添えたのか、「乾坤無住同行二人(けんこんむじゅうどうぎょうににん)」とある。
「乾坤無住同行二人」の意味をネットのWeblio古語辞典などで調べると。

芭蕉の劇場「神垣やおもひもかけずねはんぞう」

「笈の小文」には、この句の前書きは書かれていない。
ネットで調べていると、「芭蕉翁略伝と芭蕉連句評釈」という「書物」を見つけた。
「幻窓湖中 著(他)」とある。

その書には、前書きとして、次の言葉が添えられている。

「十五日、外宮の館といふ所にありて」

神垣やおもひもかけずねはんぞう
松尾芭蕉

芭蕉が心引かれる「御子良子の一もとゆかし梅の花」

この句にも、前書きの言葉がある。

「神垣のうちに梅一木もなし。いかに故有事にやと神司などに尋侍れば、只何とはなし、をのづから梅一もともなくて、子良の館の後に一もと侍るよしをかたりつたふ。」

御子良子(おこらご)の一(ひと)もとゆかし梅の花 松尾芭蕉

「御子良子」とは、伊勢神宮で、 神に供える飲食物を調える童女のこと。
「子良の館」とは、その童女の詰め所。

芭蕉が好感を覚えたワイルドな風景「いも植えて門は葎の若葉かな」

イメージ
前書きに「草庵の会」とある。
ネットで調べると、「草庵の会」とは、伊勢・船江町の大江(たいこう)寺境内にあった二条軒(二畳軒・二乗軒)とのこと。
この句の初案は「藪椿(やぶつばき)門(かど)は葎(むぐら)の若葉かな」であったらしい。

「笈の小文」では以下の句。

「梅の木に猶やどり木や梅の花」松尾芭蕉

イメージ
これもサロン的な句で、あまり面白味が無い。
前書きに、「網代民部雪堂に会」とあるから、句会の「挨拶句」なのだろう。
梅の木に猶(なお)やどり木や梅の花 松尾芭蕉
「やどり木」とは、宿主の樹木に「寄生」する宿り木(ヤドリギ)のこと。 宿り木は、落葉樹の幹や枝に寄生し、その木から養分を吸い取って生育する。

全大腸内視鏡検査の説明書(兼同意書)

大腸内視鏡定期検査 前回の大腸内視鏡検査から1年ちょっとが過ぎ、そろそろ検査をしなければならない頃になった。
前回の検査で、切除した方が良いと診断された3㎜のポリープは、まだ切っていない。
お腹の不調 去年の暮れから、お腹の調子が悪い。
(1)軟便や下痢が続いたり、ガスの回数も多くなっている。 (2)下腹部に鈍痛がある。 (3)常にではないが、便の太さが通常より細かったり、小間切れに出たりしている。
(1)や(2)は、私が若い頃からちょくちょく経験していることなので、私の大腸の特性だと思っているのだが、今回は期間が長い。 (3)は今回の特徴的な様子。
「切除した方が良いと診断された3㎜のポリープ」のことも気になっていたので、本日、胃腸科内科医院へ検査の予約に行った。 去年検査してもらったのとは、違う医院を選んだ。
担当医師の話では、1年に一回、大腸内視鏡の検査を受けているのであれば、まず、大丈夫でしょうということ。
お腹の調子が悪いのは、「過敏性大腸症候群」ということも考えられるとのこと。
整腸剤で様子をみましょうということで、10日分の「ミヤBM細粒」を処方された。

入院「大腸内視鏡検査およびポリープ切除」 検査の際は、切除する必要があるポリープは、その場で切除するということで、一泊二日、あるいは二泊三日の入院「大腸内視鏡検査およびポリープ切除」の予定となった。

今回は胃腸科医院から「全大腸内視鏡検査の説明書(兼同意書)」という書類を渡されたので、参考までにその要点を以下に記載する。

全大腸内視鏡検査の説明書(兼同意書) (これは検査の説明のみで、ポリープ切除の説明は記載されていない)
<検査目的>
大腸を直接内視鏡で観察し、癌、ポリープ、炎症などの病変の発見・治療のための検査。
この部位の検査としては、最も正確なもの。

<検査方法>
検査の前処置として、腸管内を便の全く無い状態にする。検査前日の夜に自宅で下剤を服用。検査当日には病院で腸管洗浄液(約2リットル)を2時間かけて飲用。便がうす黄色の透明な水様便になるまで待機。検査直前に、腸の動きを止める鎮痙剤の皮下注射。検査は横向きの体位で開始。肛門部に潤滑ゼリーをつけてから内視鏡を挿入。検査中、腸管に空気を送り込むため、お腹の張った感じがする。内視鏡の挿入をスムーズにするため体位変換がある。痛みや気分不良の場合、…

「物の名を先づとふ芦の若葉哉」松尾芭蕉

物の名を先(ま)づとふ芦(あし)の若葉哉
松尾芭蕉

この句の前書きに「龍尚舎」とある。
芭蕉が「龍尚舎」というサロンのなかで詠んだ句なのだろう。 世間に向かって投じられた「句」、一般の読者に対して開かれた「句」では無いようだ。 内輪での会話的な「句」という感じが濃い。
ということは、イメージが広がらない「句」。 芭蕉によく見られる「天」と「地」の対比も、遠近感覚も無い。

「此山のかなしさ告よ野老掘」松尾芭蕉

句の前書きに、菩提山(ぼだいせん)とある。
そこで、「伊勢 菩提山」で検索してみると、「菩提山」とは「菩提山神宮寺」のことだとわかる。
今度は「菩提山神宮寺」で検索。
「観光三重」というサイトの、ふるさと三重、再発見の旅>コース一覧>コース詳細というページに「菩提山神宮寺 跡」という項目があった。 以下にその記事を抜粋。

芭蕉の閉鎖的な着物「裸にはまだ衣更着の嵐哉」

「撰集抄(せんじゅうしょう)」という説話集がある。
これは、江戸時代の頃まで、西行のオリジナルと信じられていた。
ところが、西行が没してから後の人が西行に託して書いたものだと判明。
現代では作者不詳となっているという。 その「撰集抄」にある説話をもとに、芭蕉が「笈の小文」伊勢神宮参拝の際に詠んだものが以下の句だと言われている。
裸にはまだ衣更着(きさらぎ)の嵐哉 松尾芭蕉

「何の木の花とはしらず匂哉」松尾芭蕉

この句を読んだとき、「なんじゃもんじゃの木」のことが頭に思い浮かんだ。
「なんじゃもんじゃ」とは、見慣れない立派な植物、怪木や珍木に対して地元の人々が付けた愛称だと、ウィキペディアにある。
明治神宮外苑にある「なんじゃもんじゃ」が有名。
これは、ヒトツバタゴというモクセイ科の樹木で、「なんじゃもんじゃ」はその別名であるとか。

(なに)の木の花とはしらず匂哉
松尾芭蕉

こういうこともあるんだね、暖冬のため湖面が凍らない小川原湖

イメージ
青森市は天気が悪いので、犬の散歩がてら、小川原湖にドライブ。
上北町は晴れていて、風は冷たいが、陽光が温かい。 一昨年(2013年2月11日)に来たときは、湖水浴場側(南岸)も岸辺が凍りかけていたのだが、今回は氷のかけらも無い。 やはり、今年は暖冬なのだな、と実感。

芭蕉の遠望「さまざまのこと思ひ出す桜哉」

イメージ
さまざまのこと思ひ出す桜 松尾芭蕉

藤堂家の句会に招かれての作と言われている。
藤堂家とは、芭蕉が青年時代出入りしていた藤堂新七郎家のこと。
句会は、藤堂新七郎家の下屋敷で開かれたらしい。 下屋敷は、芭蕉生家の裏手にある。 その下屋敷の庭に、桜の木があったのだろう。
シンプルだが、感慨深い句になっていると思う。 それは、日本人の季節感(季節を楽しむ生活感覚)に深く結びついた「桜」故かもしれない。
多くの人々の心情に残っている桜のイメージ。

いつの時代でも、桜は、人々の思い出に、様々な感慨を及ぼしてきたことだろう。
芭蕉は、目の前に、桜の花を現出(クローズアップ)させながら、歳月の流れを遠望(ロングショット)している。
いろいろな場面での桜と、その時々の、さまざまな出来事を思い出して、また、目の前の桜の花に視線を移す。

多くの人々は、それぞれ個別に、桜に関連するさまざまな思い出を持っている。
さらに、桜の花を見ていると、桜と様々な出来事とが懐かしさで結びつくように感じられる。
桜は、季節を通り越した、思い出の象徴のような花でもあるのだ。

あなたにも、「さまざまのこと思ひ出す桜哉」という心情がお有りではないか、と芭蕉が言っているようだ。

大災害の後も、桜の木が残ってさえあれば、時期になると桜の花が咲く。
去年は家族や、親しい人達と眺めた桜だったが、今年は、同じ桜をたった独りで眺めている。
地震や大津波で、家族や友人が亡くなったが、桜の季節は毎年やってくる。
身のまわりの様子が変わっても、桜は同じ桜なのだ。

芭蕉の遠望を今に感じながら、そんな災害地の桜のことを思っていると、本当に、様々な事を想い出す桜だと思う。

<関連記事>
◆松尾芭蕉おもしろ読み:芭蕉俳諧についての記事のまとめページです。興味のある方はどうぞ

「丈六にかげろふ高し石の上」松尾芭蕉

かつて、そこに在ったものは、今は見えない存在になっていても、そこに在り続ける。
多くの人々が、そこに在ることを望んだものは、たとえ姿を消しても、そこに在り続ける。
芭蕉には、そういう思いがあったのだろうか。 あるいは、そういう思いを伝えたかったのだろうか。

芭蕉の春の句

前書きに「初春」とある。

春立ちてまだ九日の野山哉
松尾芭蕉

この句は、伊賀・上野の「風麦亭」での挨拶句と言われている。
「春立ち」は立春のこと。
「春立ち」と「野山」という言葉で、春めいた雰囲気が感じられる。
「まだ九日」は、この地は、これからどんどん春めきますよ、という芭蕉の挨拶。

初春を迎えて、本格的な春の到来が待ち遠しい当地の人々にとっては、うれしい挨拶だ。
芭蕉は、立春が過ぎてまだ九日経ったばかりの伊賀・上野の野山を、句会に参加しているメンバーに提示している。
さあ、春の脚色をつけて下さい、と言わんばかりに。


枯芝やや ゝかげろふの一二寸
松尾芭蕉

これも句会の時に作ったものだろうか?
よく見ると、枯芝の上に、しだいに陽炎が一二寸ほど立ち上がっている、というイメージ。

春になって、だんだん陽気が良くなってくる様を句にしたもの。
春の枯芝の香りが陽炎とともに匂い立ちそうな感じの句である。
それとともに、映像として、枯れた芝草の上がゆらいでいる光景が目に浮かびそうであるが・・・・。

ところで、陽炎は春の季語となっているが、夏の暑い日に多く見られる現象。
まだ冬枯れの枯芝が残っている初春の頃では、よっぽど気温が急上昇しないと見ることが出来ないような気がする。

雪解けの頃、枯れ草の上から湯気が揺らめいている光景はよく目にすることがある。
しかし、この句で、枯芝の上で揺れているのは陽炎なのである。

芭蕉は、現実の光景に、希望する将来の景色を重ねて描いているのだろうか。
雪解けで顔を出したこの枯芝も、そのうちに暖かい春になれば、陽炎の一二寸も立つようになることだろう。
草萌える春、新緑の春は、すぐそこまで来ている、というイメージなのだろうか。
寒さが緩んで、暖かい季節を待ち望む伊賀・上野の人々にとっては、心温まるメッセージである。
「句会」の熟達者である芭蕉が見せた、気遣いかも知れない。
<関連記事>
◆松尾芭蕉おもしろ読み:芭蕉俳諧についての記事のまとめページです。興味のある方はどうぞ

芭蕉の寝正月「二日にもぬかりはせじな花の春」

前書きに、「宵のとし、空の名残おしまむと、酒 のみ夜ふかして、元日寝わすれたれば、」とある。

大晦日の夜に、今年の空が暮れていく余韻がいとおしくて、酒を飲んでいたら夜更かししてしまい、元日の日の出を寝坊して見ることが出来なかったので・・・、ということか。
故郷の知人達と、大晦日の酒宴に興じていたのかもしれない。 今年一年のことをいろいろと思い出すと、名残惜しい気持ちが湧いてくる。 旧友の輪の中で語り合っている芭蕉と、ひとり一年の思い出に耽っている芭蕉が混在していた「酒のみ夜ふかし」であったのだろう。

芭蕉の帰郷「旧里や臍の緒に泣くとしの暮れ」

芭蕉は3年ぶりに故郷の生家にもどってきた。
貞享元年の「野晒紀行」の旅以来の帰郷である。
そのときの帰郷では、「手にとらば消えんなみだぞあつき秋の霜」と、前年(天和三年六月)の母の死を悲しんで句を詠んだのだった。

44歳の初老の身で、冬場のしんどい旅を続け、杖つき坂では落馬したりしながら、やっと生まれ故郷にたどり着いた。
兄や姉妹達は、だんだんと年老いてきている。
その、老齢に近づいた風貌が気になって、そこを見ないではいられない。

父母が、今ここに居てくれればと、父母が元気だった昔を懐かしむばかり。
子どもの頃は、父や母から、大きな慈愛を受けた。
そのことを思い出しても、父や母がこの世に居ないのだから、悲しみが募る。
父母がいない家の中で、思いだけが次から次へと湧いてくる。

旧里や臍(ほぞ)の緒に泣くとしの暮れ
松尾芭蕉
芭蕉の「臍の緒」は、芭蕉が生まれたとき、父母が大切に取って置いたもの。
母の胎内で、母とつながっていた「臍の緒」を見ると、優しかった母のことを思い出す。

芭蕉の「臍の緒」を、両親が亡くなった後も、捨てずに取って置いてくれた兄。
その兄に対して、感謝の気持ちが湧いてくる。

こうして、兄弟が揃って再会できるのも、兄が家を守ってくれているおかげである。
「臍の緒に泣く」のは、父母を思い出し、兄に対しての感謝の思いで、涙が出てくるのだろう。

「臍の緒」は、過去の家族の「つながり」を象徴し。
「旧里」は、家族との旧い思い出を象徴し。
「としの暮れ」は、そんな家族との現在の再会を表現しているように思う。

この句は、芭蕉の実家の、過去から現在につながる雰囲気を、ありありと想像させる。

芭蕉は、「つながる」というテーマを念頭において、この句を作ったのかも知れない。

<関連記事>
◆松尾芭蕉おもしろ読み

芭蕉の無念「徒歩ならば杖つき坂を落馬哉」

「笈の小文」には、『「桑名よりくはで来ぬれば」と伝日永の里より、馬かりて杖つき坂上るほど、荷鞍うちかへりて馬より落ちぬ。』という前書きがある。

(日永の里:現・四日市市・日永)

徒歩(かち)ならば杖つき坂を落馬哉 松尾芭蕉
この句を「徒歩ならば」と「杖つき坂を落馬かな」とを区切って読んでみると、芭蕉の無念さが伝わってくる。 「徒歩ならば良かったのだが・・・・・・・・・・。」という余韻が長く尾を引いてのち、「歩けないせいで、杖つき坂で落馬して危険な目にあってしまった。」と深く嘆く。 老齢にさしかかった芭蕉にとってはショッキングな事件であった。

【*杖つき坂:杖衝坂(つえつきざか)は、三重県四日市市・采女(うねめ)にある東海道の急坂の名称】

浅虫温泉森林公園をスキー散歩

イメージ
好天が期待できる祝日。
犬の散歩と、除雪車が残していった雪塊のあと片付けに時間を取られた。
家を出たのが9時半頃。 コンビニに寄ったりして、浅虫水族館駐車場へは10時20分頃到着。 広い駐車場は、空いていた。 浅虫水族館駐車場の端っこをお借りしてクルマを駐車(無料)。

故郷へ向かう芭蕉「旅寐してみしやうき世の煤はらひ」

いよいよ芭蕉は、生まれ故郷の伊賀上野に向かう。
いったい、名古屋に幾日滞在したのだろう。 その名古屋を出発する時が来た。
「師走十日余、名ごやを出て旧里に入らんとす。」と「笈の小文」にある。

芭蕉の挨拶句「香を探る梅に蔵見る軒端哉」

名古屋で、裕福な商人が開催する「句会」に招かれた芭蕉は、そのお礼として挨拶の句を詠む。

こういう「句会」に慣熟している芭蕉は、巧みに挨拶の句を作る。 おべんちゃらを含め過ぎてはダサい句になってしまう。 さらりと相手の自尊心をくすぐらねばならない。
屋敷には見事な梅の木があった。 富裕な様子を推し量ることが出来る大きな蔵も建っていた。

芭蕉の雪見の句

江戸や京の粋人達は、雪見、花見、月見と、季節の節目に出現するものを眺めて、自然の変化を楽しんでいたようだ。

雪国では、1メートルも積もった雪のなかで、雪見などという遊びは、お呼びでない。

たまに白い雪が、庭などにうっすらと積もり、たちまち融けてしまうような土地柄で、雪見は、花見や月見同様に感情をくすぐる遊びとなったのであろう。

旅の途上、しばらく名古屋にとどまることにした芭蕉は、方々の「俳句会」に呼ばれている。
一面にうっすらと初雪が降り積もれば、その「俳句会」が「雪見句会」に変わる。

ためつけて雪見にまかるかみこ哉
松尾芭蕉
「ためつけて」は漢字で書くと「矯めつけて」となるらしい。 この句では、「かみこ」の皺を伸ばすことの意。 「かみこ」は「紙子」と書く。 「紙子」は紙で作った衣服のこと。 軽くて保温性に優れ、おまけに安価だったらしい。
「まかる」は出かけるの謙譲語。

芭蕉にとっては、冬の旅の防寒着であった紙子。
その防寒着の皺を伸ばしていると、紙子が紙人形のように芭蕉の手元を離れて雪見に出かけてしまった。
というようなイメージが思い浮かぶ。
雪見のために庭巡りをする紙子を、じっと眺めている芭蕉。
そういう情景だとすると、その不思議な感覚が面白い。

もうひとつ、雪見の句。

いざ行む雪見にころぶ所まで 松尾芭蕉
雪で滑って転ぶところまで、手に手をとって、雪見に出かけよう、というような「恋」の歌のように聞こえる。
転んだら転んだで楽しいじゃないか、というノリである。 このノリは小唄的だなと思ったら、後の世で、この句が小唄の文句に採用されたらしい。
東京・向島の雪見船(屋形船)を歌った小唄に芭蕉の句が引用されている。

雪国育ちの年配者なら、雪の上で下駄を履いて歩いた経験があるはず。
そうすると、雪質にもよるが、下駄の歯と歯の間に詰まった雪が、雪だるまのようにだんだんと大きくなる。
やがて、歩けないほど下駄にくっついた雪塊が大きくなって、雪上の下駄履き散歩人は転んだりする。

雪で滑って転ぶのではなく、下駄に付いた雪のせいで転ぶのだ。
当時の人達は、雪が積もると、そういう遊びもしたのではあるまいか。

「笈の小文」の旅が終わってから、芭蕉はこの句を推敲して、「いざさらば雪見にころぶ所まで」としたらしい。
この句にこだわった芭蕉には、どんな思いがあったのだろう。
案外、雪見歩きで…

ロングショットとクローズアップ「箱根こす人も有らし今朝の雪」

芭蕉が、遠い場所の出来事を思い描くと、私たちは、それを映像のようにイメージしてしまう。
今度は身近な出来事を指し示す。
私たちは、その対比を、しらずしらずに楽しんでいるのかも知れない。

箱根こす人も有らし今朝の雪
松尾芭蕉

「有るらし」とは、名古屋に居る芭蕉の推定だが、雪降る箱根峠で難渋している旅人の姿が芭蕉には見えているような気がしてくる。

社殿を飾る白い花「磨なをす鏡も清し雪の花」

熱田には何があったのか?

芭蕉は、渥美半島の厳しい旅からもどって、熱田(現・名古屋市熱田区)に宿泊。
熱田は東海道・宮宿(熱田宿)の宿場町。
熱田神宮の門前町として栄えた所。

芭蕉は、3年前の「野ざらし紀行」の旅で熱田神宮を訪れている。
このときは、熱田神宮は廃墟のように荒れ果てていたという。

今回、伊良古崎の旅から名古屋方面に向かってもどり、熱田神宮を参拝したときは、社殿は改修されていた。

磨なをす鏡も清し雪の花
松尾芭蕉

(*磨なをす:とぎなおす)

この「鏡」は、神社に祭ってある丸い鏡のこと。
芭蕉は、熱田神宮の改修された社殿を参拝したとき、そこに祭られた鏡に自身の姿を映して見たのかもしれない。

磨きなおされた清らかな鏡に、はたして、芭蕉の姿は映っていたのか、いなかったのか・・・・。

場面は暗転して、はらはらと白い花びらのような雪が落ちてくる上空。
舞い落ちる雪を見つめていると、自身が花びらの降る天空へ舞い上がって行くような錯覚を覚える。

芭蕉は、そんな錯覚におそわれたかどうかは別として。
地上の清い鏡と、天空の雪の花の対比が、とてもメルヘンチックなイメージを広げている。

それは辺境の旅からもどった芭蕉の、安堵感を表したもの。
芭蕉は、伊良古崎までの旅で、自身の鏡を磨ぎなおした思いであったかもしれない。

で、冒頭の「熱田には何があったのか?」
それは、3年前とは見違えるほど修復された熱田神宮の境内で、神々しいものがもたらす清らかな「安堵」ではあるまいか。
渥美半島の旅では辛かった雪が、いまは花となって、芭蕉に安らぎを与えているような。

<関連記事>
◆松尾芭蕉おもしろ読み

与謝蕪村の雛祭り「雛祭る都はづれや桃の月」

今は、時期的には厳冬期。
でも、青森はこのところ春めいている。 来る日も来る日も雪降り、という頃なのに。
道路の雪が融け出して、乾いたアスファルトが顔をのぞかせている。
吹雪の中で、春を待ち望む。 春は雛祭りとともにやってくるという思い。
桃の節句を心待ちにする人も多い。 だが、青森市の現在は、そんな気持ちを無くしてしまうほど穏やかだ。

芭蕉の旅の希望「鷹ひとつ見つけてうれしいらご崎」

ついに芭蕉は、保美村で杜国と再会する。

*保美村:ほびむら。渥美半島の先にある村。現・田原市保美。
*杜国:とこく。坪井杜国。空米売買の罪で、名古屋から保美村に追放されている芭蕉の愛弟子。

名古屋から保美村まで同行した越人(えつじん:越智越人)と芭蕉は、杜国との無事の再会を喜び合い、伊良古(いらご)崎(現・伊良湖崎)見物に出かける。

「保美村より伊良古崎へ壱里斗も有べし。」と芭蕉は書いている。
このときの天候のことは書かれていないが、おそらく、冬の寒波が去って好天に恵まれただろうと想像できる。

鷹ひとつ見つけてうれしいらご崎
松尾芭蕉

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る