ページ

2014/12/31

青森市の大晦日の夜空模様

公園の樹木越しの月。
平成26年12月31日16時49分の気象庁予報部発表によると。

これから1月1日にかけて、低気圧が急速に発達。
その影響で、東日本と西日本の沿岸部を中心に非常に強い風が吹き荒れる模様。
海は大しけとなるところがある。
暴風や暴風雪、高波に対する警戒が必要。
その後、1月3日頃にかけて強い冬型の気圧配置となる。
北日本から西日本の日本海側を中心に、大雪に警戒し、なだれや着雪に厳重注意とのこと。

2014/12/29

除雪ロータリー車とダンプカーによる運搬排雪作業

夜中の運搬排雪作業。
夜中に家の前の道路で、運搬排雪作業が行われた。
家の前の道路は、対面通行、片側一車線。
それが、今年の大雪で道幅がどんどん狭まってきていた。
一車線分のスペースしか空いていない状態が、もう2週間ほど続いている。
自動車のすれ違いができずに、交通が渋滞することもたびたび。

2014/12/20

「爆弾低気圧」がそれた青森市の上空を眺めながら、「無理な外出」について考えてみた

18日、青森市、朝の青空。
17日~19日の「爆弾低気圧」の影響で、北海道や本州の日本海側地方では、大雪による不幸な死亡事故が相次いで発生。
また、新潟の津南町では、2メートルを超える積雪があったという。
大雪による土砂災害が発生し、集落(新潟・津南町、長野・栄村)が孤立状態に陥ったり。
北海道の根室市では高潮によって、最大1.5メートルの浸水が発生したり。
この低気圧の来襲で、降雪地帯ではなくても、積雪量の記録を更新する地域が続出している。

2014/12/19

雪上の脚立(きゃたつ)が転倒して作業員が脚立天板から地面に転落した

店舗の屋外壁面に、作業員がサインプレートを、脚立を足場にして取付。
冬場の作業なので、地面は積雪状態。
脚立を立てる場所の雪面は、何度も固く踏みしめた。

作業中に何気なく脚立をずらしたところ、脚立の一本の脚が踏み固めた場所から外れる。
おまけに、脚立の天板に立っての作業。
作業中、体重心がずれて、脚立の一本の脚が、踏み固めていない雪中に潜り込む。
脚立が転倒し、作業員が転落。
脚立の高さは、約85センチ。

2014/12/16

芭蕉が演出する劇「旅人と我が名呼ばれん初時雨」

旅人と我が名呼ばれん初時雨 
松尾芭蕉

よく知られた芭蕉の句であるが、中句の「我が名呼ばれん」の意味がイマイチわからない。
「呼ばれん」の「ん」は推量の助動詞か。
昔、推量の助動詞「む(ん)」には以下の意味があると習った。

(1)推量(~ダロウ)
(2)意志(~タイ)
(3) 勧誘・適当(~ナサイ、~ノガヨイ)
(4) 仮定・婉曲(~トシタラ、~ヨウナ)

これを「旅人と我が名呼ばれん」に当てはめてみる。

2014/12/15

熟成が進むカツラの果実

公園のカツラの果実に雪が積もった。
この寒さで、カツラの実の熟成が進んでいる。
袋果の色が、だいぶ黒ずんできた。
あとは、袋果が弾けて、羽根の付いた種子が飛び出すのを待つばかり。

2014/12/14

白い雪景色にナナカマドの赤い実

ナナカマドの赤い実に雪が積もっている。
青森市内は昨夜から今朝にかけて40センチぐらいの降雪があった。

今日の日曜日は、仕事の予定だったが、終日雪片付け。
駐車場に積もった雪をスノーダンプに積んで近くの公園まで運ぶ。
駐車場の雪が片付くまで、その繰り返し。

2014/12/13

2015年(平成27年)の干支である羊のイラストを描いてみた

羊のイラスト素材。
来年(平成27年)は未(ひつじ)年。
新年の年賀状用に、羊のイラスト素材を描いた。
ところで、「未」がなぜ「羊」なのか。

それは、わからない。

そういえば今年は午(うま)年で、馬のイラストを描いたのだった。
「午」が、なぜ「馬」なのか。
これもわかりません。

2014/12/11

クリスマスが近いのでポインセチアのイラスト

ポインセチアのイラスト素材。pngファイルです。
ポインセチアに花びらは無い。
赤い花びらのように見えるのは葉。
つぼみを包んでいた葉で、「苞葉(ほうよう)」というらしい。
その苞葉の赤と葉の緑が、クリスマスカラーとなっている。
そのため、ポインセチアはクリスマスを飾る観葉植物として、人気が高い。

2014/12/09

川沿いに暮らす人の意識と、川から離れた場所で生活する人の意識

初冬の堤川。
初冬の大雪は峠を越えた。
家から離れた川沿いの道へ、犬と朝の散歩。
途上、この前のドカ雪の名残がそこかしこに。

まだ冬の初め。
気温が上がれば融けて消えるだろうという、安楽な見込みがそこかしこに。

消えそうで、なかなか消えない。
そのうちまたドカ雪、というのが現実的な見通し。

2014/12/07

夜の雪景色の写真が面白い

公園の横の道路。
デジタルカメラの撮影モードを「夜景」にして、夜の街の写真を撮ってみた。
これは、新発見。
なかなか面白い。
夜の写真だから、空が黒い。
その黒い空の下、街灯や信号機の光に照らされた雪の様子が面白い。
降り続く雪片が、光に舞っているようで。

青空と、雪の上の青い影に安堵感を感じる冬晴れの日

雪が付いた枝と背景の青空。
突然のドカ雪がちょっと止んで、今日の午前中、青空が見えた。
空が青いと、雪の影も青い。
白い雪面にクッキリと青い影。

これはどうしてか、などとは考えない方が良い。
考えている間に、また雪雲がやってきて、青空が隠れてしまうから。
青い影も消えてしまう。

冬の青空は貴重なもの。
なぜとか、どうしてとか問わずに、そのままの風景を受け入れてみる。

2014/12/06

12月初旬の大雪に埋もれて、雪と人の関係について、ちょっと考えた

クルマが雪に埋まっている。
青森市内で、夕べはかなりの降雪があった。
昨日の日中から今日の朝方にかけて、40~50センチは降り積もった様子。
今シーズン初めての雪かきとなった。

雪質は水分を含んだ重い雪。
粘着性も強いようで、雪がスコップにひっついて、雪かき作業がやりにくい。

2014/12/04

冬の早朝の雪景色

公園の常夜灯に照らされて。
公園の冬景色を見るなら、早朝が良いね。
冷え切った朝は、雪が美しいから。

初冬の公園の、裸木に咲く雪の花。

2014/12/03

雪国の履き物は防寒長靴が一番


おニューの長靴。
長靴を新調した。
私の場合、ゴム長靴は、3年ぐらい使って買い換えが恒例になっている。
現場仕事での使用がほとんどだから、消耗が早い。
長靴の甲や胴部が損傷しやすく、水や雪が侵入してお役ごめんとなることが多い。

雪景色は、成熟し続けて滅びる樹木の姿を際立たせる

ケヤキ広場。
青森市内に、昨夜から今朝にかけてまとまった降雪があった。
この冬はじめて、街が白く雪におおわれた。
公園の裸木は、雪の花ざかり。
音のない公園の静かな賑わい。
世俗を離れた風雅な宴会のことを「清宴」という。
世俗の真っ只中の公園で、透明感あふれる清宴が繰り広げられている、という感じ。

2014/12/01

ナット・キング・コールの名前の由来を長い間勘違いしていた

ジャズピアノ

すばらしい声の持ち主として賞賛されたナット・キング・コール氏(1919年~ 1965年)。
久しぶりにナット・キング・コールの歌声をYouTubeで聞いた。
曲名は「Around The World」。
好きな曲のひとつである。
ジャズピアニストからポップスシンガーとしてもデビューした彼は、「モナリザ」や「トゥーヤング」、「スマイル」を高らかに歌い上げていた。

2014/11/30

「山は暮れて野は黄昏(たそがれ)の薄(すすき)かな」与謝蕪村

暮れかかる晩秋の山。
晩秋の山は早い時刻から暮れかかる。
山から下りて、山の方を振り返ったら、まだ陽は沈んでいないが、山は暗くなりつつあった。
背後の山が暮れていくのを感じながら、山麓の野を歩く。

黄昏の野に、ススキが黄金色に輝いている。
この温かそうなススキの薮に潜り込んで、一晩過ごそうか。

2014/11/29

雨上がりのカツラの果実に、水滴がついて良い感じになっている

カツラの枝に水滴。
以前、カツラの果実のことを記事にしたことがあった。
カツラの果実は、小さな青いバナナのような形をしている。
これは、今年の初夏の頃、実を結んだものだ。
カツラの実は、雪が降ってもまだ枝に残っている。
果実は、成熟すると黒紫色になるから、青いうちはまだ熟していない。

2014/11/28

ピックアップのタイヤをスタッドレスタイヤに交換

タイヤ交換の準備。右の山積みタイヤがスタッドレス。
来週から雪になりそうなので、今日、ピックアップのタイヤ交換をした。
写真のスタッドレスタイヤは、今シーズンで三度目の冬をむかえる。
まだまだ、タイヤの溝も山もクッキリしていて大丈夫。
この冬も事故の無いように、と念じながら交換作業を行った。

ずっと使われてきた言葉の周辺に、身近な風景のなかに、何かがある。

何かがある。


あるブロガーが、メールで私に問い合わせてきた。

自分はいつも、自分には何かがあると思っている、と。
自分には、言葉で表現する才能や、物事を見極める才能があると、いつもそう思いながらブログを書いているのだと。
そういう態度について、あなたはどう思うかという内容だった。

年若いブロガーは、老齢になりつつある「公園の散歩者」に、暇つぶしの質問を気まぐれに投げかけてきたのだ。

2014/11/27

公園の落ち葉と青草

公園の柵にネットをかけることで、落ち葉が公園の外に散乱するのを防いでいる。
晩秋のすばらしい青空。
秋の長い影と落ち葉の雰囲気が、なかなか良い。
赤色がだんだん枯れて茶色になっていく落ち葉。
その上に、樹木の濃い影。
影から浮き上がった鮮やかな紅葉。
それらが一体となって枯れていく。
影も光も、落ち葉に吸収されて、枯れの世界に引き込まれていく。

広告の原点は、素朴で堂々とした看板にあった

歳末セール。
今年も、青森市内のリンゴ倉庫の「歳末セール」が始まった。
去年よりも、ちょっと早いような気がする。
倉庫入口の「りんご、こちら」の看板が、おいでおいでして、お客さんを招いている。
2014年のリンゴの作況について、青森県庁のホームページにその記載がある。

デジカメが「レンズエラーを検出しました」というエラーメッセージとともに起動しない

カメラの鏡筒が出たまま動かない。
とうとう愛用のデジタルカメラが壊れた。
山歩きや、犬の散歩、仕事の現場撮影と多用して 6年。
ついにお別れの時がきた。
「6年も酷使したのなら、そろそろ買い換え時。」という声もあるが。
長年、使い慣れた道具とのお別れはさびしい。

2014/11/26

初冬にすっかり葉を落として、幹と枝だけになった木を裸木(はだかぎ)という

カツラの木。
落葉の季節は侘しいというのが通念のようだが。
落葉した木は美しい、という見方もある。

初冬にすっかり葉を落として、幹と枝だけになった木を裸木(はだかぎ)という。

樹木は一年中、様々な景観を私たちに提供してくれる。
春の新緑も秋の紅葉も美しい。
そして、初冬の裸木と、厳冬期の雪をまとった木の姿も美しい。
白い雪と黒い木の幹が風景にリズムを与えているような・・・。
それも、裸木の存在感。

晩秋の公園で蝶が舞うように咲いている花(ガウラ)

晩秋の公園で咲き誇っているガウラの花。
緑色が消えて、裸木が目立つ晩秋の公園で、まだ咲いている花があった。
根元に名札が差し込まれていて、「ガウラ」と花の名前が記されている。
ネットで調べてみると、日本名では「山桃草(ヤマモモソウ)」とか「白蝶草(ハクチョウソウ)」と呼ばれている北アメリカ原産の植物。

2014/11/25

芭蕉の微視的な季節感「物いへば唇寒し穐の風」

私には、自身の「唇寒し」という感覚がよくわからない。

口を動かす筋肉が寒さに強ばって、うまく物が言えない、ということはある。

もし物を言おうとでもすれば、口元が寒く強ばって、うまくしゃべらせてくれない秋の風だ。
冷たい秋の風が吹いているときは、何も言えない。
まだ寒さに慣れていない身には、秋の風は物を言いづらいというイメージなのだろうか?

2014/11/24

コムラサキシキブという小さなお母さんの木

コムラサキシキブの薮。
ブロック塀に囲まれた空き地で、実の付いたコムラサキシキブを見つけた。
葉はすでに散ってしまっているが、紫色の果実は、まだたわわ。

コムラサキシキブは、夏に淡い紫色の小さな花を咲かせる。
可憐な感じのきれいな花なのだが、小さいので、あまり目立たない。
この写真のように、晩秋の実の方がよく目立つ。

2014/11/23

尻八城(シリポロチャシ)から大倉岳に続く尾根を散策

シリポロチャシ周辺地形図。ピンク線:往路 水色線:帰路
先週の日曜日に続いて、再び「尻八城(シリポロチャシ)」へ。
駐車場にある案内図の「大倉岳まで9㎞」という記載が気になったから、そのルートの確認が目的である。
先週と違ってお天気は上々だが、膝の調子がイマイチ。
ゆっくりとお散歩気分で、ルート探索をすることにした。

2014/11/22

ポピーってヒナゲシのこと?(ポピーのイラスト素材)

ポピーのイラスト素材。

「ポピー」のイラストを頼まれた。
簡略なもので良いという注文。

「え?ポピーって何だっけ。」
聞き覚えのある言葉だが、ポピーそのものを思い出せない。

小さい馬のことだったか・・・?
それは、ポニーでしょ。
子犬のことだっけ・・・?
それはパピーでしょ。

色の種類で、ポピーレッドという赤色があるが、ポピーっていったい何だったか。
花の名前のような気がするが・・・。

2014/11/21

足元に幼木の紅葉、見上げればコナラの黄葉

コナラの幼木の紅葉。
コナラの幼木の紅葉を、このあいだ摺鉢山で見たのだが。
平和公園のコナラの幼木も、きれいに赤く紅葉していた。

この幼木は、去年の秋のドングリが発芽したもの。
その傍らに、かわいい今年のドングリが落ちている。
ドングリの下は、落ち葉のじゅうたん。

2014/11/18

雪かき用角型スコップのイラスト素材

雪かき用角型スコップ。

時節がら、当ブログの、雪に関係したページへのアクセスが増えている。
たとえば、「植栽のいろいろな雪囲いの仕方」とか、「私の雪かき道具とその使用方法」とか。
おりしも、雪かき用角型スコップのepsデータ作成依頼があったので、簡単なイラストを書いてみた。

2014/11/16

山で見かけたコナラの幼木の紅葉

コナラの幼木の紅葉。
山道で、コナラの幼木が鮮やかに紅葉していた。
可愛い紅葉なので、思わず写真におさめた。

コナラの成木は黄葉することが多い。
黄葉したあと、割と短期間で落葉する。
コナラは成木になると、写真の幼木のような、赤い紅葉はめったに見られない。
せいぜい橙色で止まるようである。

「尻八館」の城址がある摺鉢山(すりばちやま)を散策

駐車場の案内看板。

「尻八館(しりはちだて)」の名称

今にも雨が落ちそうな曇天のなかを、青森市後潟にある「尻八城祉」をミニハイキングした。
駐車場の案内看板には「尻八城祉」と記されているが、この場所の呼び名はいろいろあってややこしい。
「尻八館(しりはちだて)」とか「シリポロチャシ」とか「伝尻八館」とか「山城公園」とか。

2014/11/15

お茶と農薬についての些細な疑問

茶畑

野生のキノコは無農薬

山歩きの友人と話をしていた時のこと。
キノコの話題が出た。
「野生のキノコって農薬を使ってないから良いね。」と友人。
「良いね」と言うのは、栄養があって、なおかつ無農薬だから、体(健康)に良いという意味。

2014/11/14

ハクモクレンの落ち葉の大きさにびっくり

他の落ち葉を覆い隠してしまいそうな、ハクモクレンの大きな落ち葉。
公園の散策路にドデカイ葉っぱが落ちていた。
白菜の葉っぱが落ちているのか、と一瞬思うほど。
白菜ではないとすると、ホオノキかトチノキの落ち葉かなと、近づいてみると、それはハクモクレンの落ち葉。

2014/11/13

雨の日でも、暗い空の下で輝いている紅葉

雨に濡れた紅葉が輝いている。

今年は、公園の紅葉が長続きしていると、この前書いた。
その紅葉が、雨に濡れて、一層輝いている。
水を含んだ黒い幹が、紅葉を際だたせている。
紅葉というと青空が似合いそうだが、曇天の雨の日の紅葉も、晴れの日とは違った趣があって良いもの。

2014/11/12

カラスがゴミ袋を漁る理由

ゴミ入れの白い箱とゴミ袋。

生ゴミが入って無いのにゴミ袋を漁るカラス

以前、生ゴミの入ったゴミ袋を、ちょっとの間、駐車場に出していたら、カラスに突かれたことがあった。
コンクリート敷きの駐車場に、あっという間に生ゴミが散乱。
後片付けに大変な思いをした。
空腹のカラスに対しては、ちょっとの油断も禁物である。

2014/11/11

青森市の都市公園で長続きしている紅葉

散り始めたソメイヨシノの紅葉。
今年は、近所の公園の紅葉の期間が長い。
晴れの日は、ゆっくりと紅葉散歩を楽しめる。
風の強い日が少なかったから、紅葉が長持ちしているのだろうか。
今日はいくらか暖かい。
小春日和の公園散歩で紅葉見物。

2014/11/09

里山の最後の紅葉

里山の山道。
曇天の里山を散策。
里の近くは、杉林が多い。
赤松林も少々。
山道を辿ると、広葉樹林と針葉樹林が交互にあらわれる。
その森のなかで、この山最後の紅葉に出会った。

2014/11/08

赤いドウダンツツジの生垣

紅葉の波、ドウダンツツジの生垣。
小公園を仕切っているドウダンツツジの生垣。
青森市の中央市民センターの南側にある小公園の垣根。
ドウダンツツジの生垣としては、この辺で最長。
赤く染まった葉が、陽光に波打っている。
紅葉の波が押し寄せている感じだ。

Bloggerブログのページにアクセスできない

アクセスできないエラーメッセージ。

 Bloggerの簡易アクセス解析(統計)をのぞいてみたら、今日のページビューがえらく少ない。
どうしてかな、と思いながら当ブログ「日常の小事」にアクセスしてみた。
すると、上のメッセージが出るばかりでブログが表示されない。
「あらまー」である。

街の草紅葉、路傍のエノコログサ

エノコログサの草紅葉。
道端でエノコログサが紅葉している。
路傍の草紅葉。
よく見ると、鮮やかな色合い。
秋が深まって、いろんな野草が、どんどん草紅葉している。
エノコログサの草紅葉も、なかなか良い。
瓶洗いのブラシのような花穂。
その穂の、毛の先まで渋い赤色で染まっている。

2014/11/04

些細な記事でもアクセスが集中

ブログのページビューグラフ。

上の図は、このブログサービスBloggerの、「統計」という簡易アクセス解析が示しているアクセス数のグラフ。
時刻ごとのページビュー数を表している。
これによると、今朝の5時から6時の間に、869のページビューがあったことになる。
このブログの一日のページビューは400前後。
今朝は、1時間に一日の2倍のアクセスがあったようだ。

2014/10/26

秋の野木和湖と野木和公園を写真案内

「ふるさとの森」にあるケヤキの紅葉。
青森市の西部、油川地区にある野木和公園を散歩。
野木和公園は、総面積が33.6ヘクタールある都市公園(総合公園)とのこと。
天気が良いので、犬の散歩を兼ねて、ゆっくりと一周した。

2014/10/20

ドウダンツツジの炎の形

ドウダンツツジ
ドウダンツツジの紅葉の赤が鮮やか。
まるで、燃えさかる炎。
深紅の炎が踊っている。
紅蓮の炎が波うっている。

「これが炎の写真だって、ずいぶん酷いじゃないか」とおっしゃる方もいることだろう。
そうなのだ、写しているいるときは、炎とは思わなかった。
赤がきれいだと思って撮っていたのだ。

2014/10/19

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

里の秋
クルマを運転中にカーラジオから、季節がら、童謡「里の秋」が流れた。
歌っているのは、まだお若いころの森昌子。
きれいな歌声に聞き入っていると、歌詞のなかに気になる言葉があった。
それは、一番目の歌詞の二番目のフレーズのなかにある「おせど」。

2014/09/28

ナメコは森からの贈物

サモダシ(ナラタケ)少々。
今日はナメコの収穫が、割と多めにあった。
採取地は八甲田山の山麓。
収穫したのは、下の写真のような、傘の開いた天然ナメコ。
こんなナメコは、スーパーのキノココーナーではお目にかかれない。
山でしか見ることのできないボリューム感たっぷりの野生のナメコ。
そんなナメコの一塊を見つけたら、森からの贈物に大感謝。
キノコ採りは、森の恵みへの大感謝祭。

2014/09/16

秋のお日様を浴びているコナラの幼木

葉が虫食い状態のコナラの幼木。
 今年、雪融けの春に、ドングリの実が発芽しているのを見かけた。
ドングリは、最初、根になる一本の芽を出して、その芽が地面の中にもぐる。
それから、幹になる一本の芽を、空に向かって伸ばすという。
春にこの公園で、ドングリの発芽を見つけてから、同じ場所を注意して見ていたのだが、幹になる発芽にはお目にかかれなかった。

2014/08/27

空地の草むらが復活

復活した空地の草達。ヨシの成長の勢いがすごい。
先月の6日に草刈りによって一掃された隣家の空地の草達が復活した。
また、一面の草はらにもどった。

2014/08/23

歳をとって、身長も縮んだが脚も短くなった?

脚

この頃、脚が短くなったのでは、と感じることが多い。
というのは、最近、ズボンの裾を引きずるようになったから。
同じズボンで、以前はこういうことが無かった。

2014/08/21

岩木川河畔の草薮で見つけた花はガガイモだった

ガガイモの花。ちょっと肉厚で、ヒトデを連想させる。
 「稲垣河川公園」の岩木川河畔の草薮で上の写真の野草を見つけた。
ネットの「四季の山野草」というサイトで調べたら、「ガガイモ」でばっちり。

2014/08/20

頭皮を湿布摩擦

頭皮爽やか。
背中の湿布摩擦を習慣化していることは、以前、記事にしている。
タオル地の手ぬぐいに、青森天然ヒバ油の水溶液を軽くスプレーして、乾布摩擦の要領で背中をこする。

こんな記事も読まれています

過去7日間の人気記事